アパレル業界の志望動機の作り方と例文


アパレル業界では、どのような志望動機がよいのでしょうか。

アパレル業界の転職市場は活発です。転職希望者も多く、担当者は多くの応募書類に目を通しています。

アパレル業界の志望動機では、アピールしたいことがわかりやすく伝わることが大切です。

アパレル業界の志望動機(経験者・未経験者)

志望動機のネタの探し方

応募企業のどこに魅力を感じたり、注目したのかを書きます。その業界や商品・サービスの興味、前職との関連性、その企業やブランドのイメージ、事業戦略、業界内でのポジション、その職種への関心やこれまでの経験から活かせることなど接点を書き出してみましょう。

どこに魅力を感じるか?

  • その業界について
  • その企業・ブランドについて
  • その職種・業務について

なぜそう思うのか?

  • 業界・商品の知識から
  • 企業・ブランドの方向性や特徴から
  • 前職との関連性や顧客の視点から

やりたいこと・貢献できることは?

  • 応募企業で役立つ経験・スキル・資格
  • 入社後にやってみたい仕事や目標、キャリアプラン
  • 短期間で即戦力として活躍できる経験・スキル

裏付けとなる強みは?

  • 活用できるこれまでの経験
  • 業界の基礎知識や商品・サービスの知識
  • 適性を示すこれまでの経験

アパレル業界の志望動機のポイント

アパレル業界では接客や販売など現場の経験を志望動機としてアピールできます。

接客・販売経験

ブランド・企業を調べたうえで、自分の経験やスキル・知識がどのように貢献できるのかを結びつけて考えます。どのような職種であっても、お客様のニーズを知っていることは強みになります。

未経験者はアルバイトも含めて、アパレル業界での経験があれば記載して、お客様に褒められたことなどを盛り込みましょう。異職種で経験した売上を伸ばすための努力や原価管理などは店舗でも活用できます。

資格を活かせる業種であれば、取得に向けて勉強中であることもアピールできます。

転職理由

転職理由は志望動機の裏返しです。前職の批判やマイナスな表現は避けましょう。

経験者であれば、応募企業の商品の魅力やなりたい自分が実現できる具体的な理由を示します。未経験者であればアパレル業界のどんな部分に魅力を感じて、キャリアチェンジをしたいのかを伝えます。

「前職では実現が難しいことに、これまでの経験を活かしてチャレンジして、貢献できる」という流れで、前向きな転職理由にして、志望動機と一貫性を持たせます。

アパレル業界の志望動機の書き方

志望動機の書き方は自分の状況や適性に合った内容を選択して、熱意が伝わるように工夫します。中途採用で重視されるのは、できる仕事や貢献できることですが、未経験からのキャリアチェンジや経験が少ない場合には、業界や商品の知識、勉強中のスキルをアピールすることも有効です。

  1. できる仕事・やりたい仕事
  2. 達成目標・貢献
  3. 業界・職種の理解
  4. きっかけ・接点
  5. キャリアプラン
  6. 同業他社との比較

前職では実現できない仕事を伝える

転職は前職では実現できない目標のためであることを伝えます。特に同じ業界や職種への転職は取扱商品や対象顧客、守備範囲などの違いに焦点を当てて説明します。

その会社だからこそ入社したいことを伝える

同業他社の求人もあるなかで、なぜその会社のその仕事に応募したのかを具体的に示します。転職理由と整合性を持たせて、一貫性のある内容にすることで、説得力がアップします。

どのように貢献できるかを伝える

自分がどのように貢献できるかを具体的に書きます。未経験者の場合には、活かせる適性やスキルを示して意欲をアピールします。将来の目標などを通して、勤続意思を表すことも大切です。

アパレル業界の志望動機の例文

同じアパレル業界であっても、志望動機としてアピールできる内容は違います。自分の経験を活かして貢献できることを伝えましょう。

①同業種・同職種の場合

同じ業界の同じ職種を希望する場合、前職の活かせる経験と応募企業でこそ実現できる目標を伝えます。

「前職ではキッズブランドを担当してきました。かわいい子供服の販売にやりがいを感じていましたが、同世代のレディスファッションを扱い、より売上に貢献したいという思いもありました。

貴社がレディスブランドを新たに展開されることを知り、応募を決意しました。これまでの販売経験を活かして、店長候補として、お客様に愛される店舗作りを通して、ブランドの成長に貢献したいと考えています。」

②異業種のキャリアチェンジの場合

違う業界から同じ職種を希望する場合、活かせる前職の経験や扱う商品・サービスの基礎知識やスキルアップを伝えます。

「前職では化粧品の営業を担当していました。貴社の海外市場強化の方針を知り、中国で代理店を担当し、売上を伸ばしてきた営業経験が活かせると考え、応募を決意しました。

アパレル業界は未経験ですが、主に女性を顧客層とした商品の営業として培った経験を活かして、短期間で戦力になりたいと思います。」

③同業種・異職種の場合

同じ業界から違う職種を希望する場合、前職の経験からなぜチャレンジしようと思ったのか、理由と意欲を伝えます。

「前職では、アパレル店舗で3年間販売を担当してきました。流行や顧客のニーズを読み取り、3年間、前年を上回る個人売上を達成することができました。

次第に売れ筋商品の見極めや市場ニーズを予測するMDの仕事に魅力を感じるようになりました。これまでの販売経験を活用して、今後はMDとして貢献したいと考えています。」

④販売未経験者の場合

異業種・異職種からの転職の場合、前職での経験が販売・接客の仕事にどのように活かせるか、また未経験をカバーする自己啓発などを伝えます。

「前職では、総務職として購買や契約を担当してきました。購入する側として経験したことを、販売職として活かしていきたいと考え、カラーコーディネーターの資格を取得しました。

今後は前職の総務業務で培ってきたコスト管理能力を発揮し、売上アップに貢献する販売スタッフを目指したいと思っています。」

※履歴書などの書類では「貴社」、面接などの口語は「御社」と使い分けます。

アパレル業界の書類作成・面接サポート


転職サイトの転職支援サービスを利用すると、応募書類の添削や面接対策などのサポートを受けることができます。

業界・職種に精通した転職支援サービスを利用して、選考通過率をアップさせることをおすすめします。

アパレル業界の転職支援


アパレル業界の転職支援サービス iDA(アイ・ディ・アクセス)

アパレル業界に特化した人材紹介・人材派遣を行っています。教育・研修制度が充実しているので業界未経験でも安心して利用できます。経験に合わせた履歴書のサンプルが用意されています。

サービスの特長

  • 充実した教育・研修制度
  • 全国47都道府県の仕事を網羅
  • 圧倒的な求人ブランド数

まとめ

アパレル業界が未経験の場合でも販売経験や業界・商品知識を持っていることはアピール材料です。販売・接客力だけでなく、企画力、マーケティング力、管理能力、販売促進能力など関連する職務経験からも適性をアピールできます。

販売職の職務経歴書の書き方
販売職の中途採用では、接客スキルとともに売れる販売力があることを伝える必要があります。販売職の職務経歴書の書き方について、採用担当の視点から経験者・未経験者別に解説します。
アパレル求人・転職サイトおすすめランキング
アパレル求人はとても多く、業界事情に精通したアパレル転職サイトの利用が欠かせなくなっています。アパレル転職サイトをおすすめランキングでご紹介します。

 

タイトルとURLをコピーしました