電機産業の業界研究


電機産業は自動車産業に並ぶ日本の主要産業です。

日々の暮らしからインフラまで社会のあらゆるシーンに密着している幅広く奥深い業界です。

電機メーカーは事業の再編により事業形態が様変わりしています。

新型コロナウイルスの影響は主力製品により各社異なっています。

電機産業の転職・就職で押さえておきたい業界の動向、売上高ランキング、採用市場をご紹介します。

電機業界の最新動向(2022年)

電機業界

エレクトロニクス機器の領域は、家電、IT機器事務機器電子部品医療機器など幅広い分野に及んでいます。

多くのものが電子化し、市場は大きく広がっています。

2017年度は電機大手の過去最高益が続出し、2018年以降も高水準を維持しています。

コロナ禍で市場は低迷はありましたが、収束後は増収を見通しています。

電機業界の主な事業領域

  • 家電分野
    冷蔵庫、エアコン、洗濯機などの白物家電からテレビなどのAV機器
  • IT分野
    スマートフォン、タブレット、パソコン、カーナビなどの情報通信機器
  • 事務機器分野
    複写機、プリンタ、FAX、プロジェクターなど
  • 電子部品分野
    半導体、集積回路、液晶パネル、コンデンサ、スイッチ類など
  • 医療機器分野
    内視鏡、画像診断装置、MRI、体温計、血圧計など

総合電機

国内電機大手メーカーの知名度は高く、ブランド力は世界的にも高く評価されています。

日立製作所

電機業界最大手。事業規模も業界最大です。

社会インフラ系事業を中核としたビジネスモデルを確立しています。

  • 従業員数:350,864人
  • 平均年齢:43歳

ソニーグループ

世界大手のAV・デジタル家電メーカー。

テレビは黒字が定着し、ゲーム・ネットワークサービスも好調です。

ソニーグループへ社名変更。

  • 従業員数:109,700人
  • 平均年齢:42歳

パナソニック

業界最大の総合家電メーカー。

白物家電事業とデジタル家電事業を統合し、アジア需要の取り込みに力を入れています。

  • 従業員数:243,540人
  • 平均年齢:46歳

三菱電機

総合電機メーカー。選択と集中を着実に進め、収益を上げています。

  • 従業員数:145,653人
  • 平均年齢:40歳

富士通

総合エレクトロニクスのトップメーカー。

サーバーは国内首位、パソコンは国内4位です。パソコン事業を分社化しました。

  • 従業員数:126,371人
  • 平均年齢:44歳

NEC

総合エレクトロニクスメーカー。

ITとネットワークに強みがあり、クラウド事業に積極的に取り組んでいます。

  • 従業員数:114,714人
  • 平均年齢:44歳

東芝

総合電機メーカーから成長分野に事業構造の転換を図っています。

  • 従業員数:117,300人
  • 平均年齢:45歳

シャープ

鴻海精密工業傘下。国内家電を縮小し、経営再建を図っています。

  • 従業員数:50,478人
  • 平均年齢:46歳

白物家電

白物家電は洗濯機、冷蔵庫、エアコンなどの生活必需品です。

買い替え需要が中心で、市場の大きな変動は起こりにくいのですが、コロナ禍で巣ごもり需要が高まりました。

今後はAI(人工知能)技術を搭載する家電やIoT家電など高付加価値化が進むと見られます。

総合家電

  • パナソニック:国内最大手
  • 三菱電機:エアコン、冷蔵庫に強み
  • シャープ:空気清浄機や調理家電に強み
  • 東芝:東芝ライフスタイルが中国企業の美的集団傘下で再建中

ダイキン工業

エアコンで世界トップクラス。空調専業で業務用から家庭用まで幅広く展開しています。

  • 従業員数:84,870人
  • 平均年齢:39歳

富士通ゼネラル

空調メーカー。海外で積極的に展開しています。

  • 従業員数:8,066人
  • 平均年齢:42歳

アイリスオーヤマ

生活用品のSPA。家電にも力を入れています。

  • 従業員数:4,434人

山善

機械商社。低価格家電にも強みがあります。

  • 従業員数:3,149人
  • 平均年齢:38歳

象印マホービン

魔法瓶から炊飯ジャーや電気ポットなど調理家電を展開しています。

  • 従業員数:1,322人
  • 平均年齢:42歳

バルミューダ

デザイン性の高い家電に強み。トースターや炊飯器で急成長しました。

  • 従業員数:109人
  • 平均年齢:41歳

AV機器

AV機器の代表は薄型テレビです。

IoTが進み、テレビは放送番組を見るだけでなく、インターネットに接続して、動画配信サービスやゲームを楽しめるものの需要が増えています。

高画質や高音質といった高付加価値製品を強化しています。

薄型テレビの世界シェア(2020年)

  1. サムスン電子(韓)
  2. LG電子(韓)
  3. TCL集団(中)
  4. ハイセンス(中)
  5. ソニー

薄型テレビの国内シェア(2020年)

  1. ソニー
  2. パナソニック
  3. シャープ
  4. TVS REGZA(東芝がテレビ事業を売却)
  5. ハイセンス

JVCケンウッド

カーオーディオが主軸です。

  • 従業員数:16,956人
  • 平均年齢:50歳

船井電機

デジタル家電準大手。北米市場に強みがあります。

  • 従業員数:2,177人
  • 平均年齢:45歳

パソコン・タブレット・スマートフォン

スマートフォンの普及で、パソコンやタブレットの需要は減少傾向でしたが、コロナ禍でテレワークやオンライン授業が拡大し、新たな需要を伸ばしています。

5Gが本格化すると、買い替え需要も高まることが期待されます。

パソコンの国内シェア(2020年)

  1. NECレノボ・ジャパングループ
  2. 日本HP
  3. デル(米)
  4. 富士通
  5. Dynabook

タブレットの国内シェア(2020年)

  1. アップル(米)
  2. NECレノボ・ジャパングループ
  3. マイクロソフト(米)

スマートフォンの国内シェア(2020年)

  1. アップル(米)
  2. シャープ
  3. サムスン電子(韓)
  4. ソニー
  5. FCNT(旧富士通コネクテッドテクノロジーズ)
情報通信機器の業界研究
情報通信機器は5Gの本格化による需要の高まりが期待されています。情報通信機器産業の転職・就職に役立つ業界の動向、売上高、採用市場をご紹介します。
事務機器の業界研究
事務機器とはオフィスなどで使われる情報機器を指しています。事務機器メーカーの転職・就職で押さえておきたい業界の動向、売上高ランキング、採用市場をご紹介します。

電機業界の売上高ランキング

家電製造

順位企業名売上高(百万円)
1ソニーグループ8,999,360
2日立製作所8,729,196
3パナソニック6,698,794
4三菱電機4,191,433
5東芝3,054,375
6ダイキン工業2,493,386
7シャープ2,425,910
8JVCケンウッド273,609
9富士通ゼネラル265,452
10デンソーテン217,972
11アイリスオーヤマ216,856
12三洋電機200,456
13パイオニア180,486
14フォスター電機85,220
15コロナ82,169
16船井電機80,448
17東芝ライテック76,037
18象印マホービン74,947
19小泉成器72,181
20タイガー魔法瓶39,500

(帝国データバンク『業界動向2022-Ⅰ』より)

電機業界の採用市場

電機業界の求人・転職

電機メーカーでは家電、交通・エネルギー領域の重電、工場設備自動化のFA製品、自動車業界向けの車載、医療機器、住宅設備など、それぞれの注力分野において人員強化が進められています。

エンジニアを中心に幅広い職種で求人があります。

開発設計系

研究開発、組み込みソフトウェア開発、回路設計、機械設計などエンジニア職種。

高度な専門知識とスキルに加えて、機密性の高い業務に携わるので、情報管理能力と倫理観が求められます。

生産技術系

生産技術、生産管理、品質管理などの技術職。専門知識とスキルに加えて、問題解決力やコミュニケーション能力が求められます。

顧客サービス系

フィールドエンジニア、技術サポートエンジニア、セールスエンジニアなどの職種。専門知識とスキルに加えて、コミュニケーション能力が求められます。

電機業界の給与

区分20~24歳25~29歳44.2歳(平均)
所定内労働時間166時間163時間164時間
残業9時間14時間9時間
月収215,900円266,800円358,100円
年間賞与等485,100円806,300円1,363,500円
年収3,075,900円4,007,900円5,660,700円

(厚生労働省「令和2年賃金構造基本統計調査」より)

電機業界の転職活動

転職エージェントの転職支援サービスを利用すると、業界や職種に精通したキャリアコンサルタントが転職をサポートしてくれます。

非公開・好条件の求人紹介だけでなく、専任のキャリアコンサルタントによる企業ごとの書類作成や面接対策などで選考通過率のアップが期待できます。

キャリアごとの転職支援

まとめ

技術革新や社会情勢の変化などに伴い、電機業界は大きく変化してきました。

事業からの撤退や再編を繰り返し、現在に至っています。

世界トップクラスの技術力を誇る日本の電機業界。

各社は変化に対応し、前進を続けています。

電子部品の業界研究
日本の電子部品メーカーには世界的な企業が多数あります。電子部品産業の転職・就職で押さえておきたい業界の動向、売上高ランキング、採用市場をご紹介します。
半導体・半導体製造装置の業界研究
半導体は社会を支える技術として長期的な成長が見込まれます。半導体産業の転職・就職で押さえておきたい業界の動向、売上高ランキング、採用市場をご紹介します。
家電量販店の業界研究
家電量販業界は世界的な市場に成長しました。成熟期を迎える家電量販店の転職・就職で押さえておきたい業界の動向、業績ランキング、採用市場をご紹介します。
電機メーカーの業績ランキング(2020年)
電機業界は成長分野で堅調に推移しています。電機メーカーの売上高・純利益・営業利益率(決算期20/3)ランキング上位20社をご紹介します。
工場・製造現場で有利なおすすめ資格
工場・製造現場では技術と経験の積み重ねが重視されます。経験の浅い人や未経験者であれば、資格を取得することでキャリアアップや収入アップの可能性が広がります。
転職・就職に役立つ業界天気図一覧(2022年)
採用市場と密接に関わる企業の業績。業界の動向は転職活動を進めるうえで、重要な情報のひとつです。2022年度の主要業界天気図を一覧にしました。

 

業界研究・業界地図