間接差別

キーワード解説

間接差別とは

間接差別とは、外見上は性別とは関係のない規定や基準等が、一方の性のグループに相当程度の不利益を与え、その基準等に職務との関連性や合理性、正当性が認められないことを指しています。

採用選考で、男女いずれかを優先したり、選考基準で異なる取り扱いをするなど、一定の属性をもつことを直接的な理由として不利益に扱うことは「直接差別」であり、男女雇用機会均等法では採用における男女間の差別を禁止しています。

また、表向きは性別に関係のない取り扱いであっても、結果として一方のグループを不利益に扱うことになる「間接差別」も禁止されています。

女性が差別されることなく、活躍できる社会の実現に向けて、直接的な差別だけでなく、間接的な差別に対しても、十分な配慮が求められるようになっています。

禁止される間接差別の例

  1. 仕事と関係がないのに、身長、体重または体力などを募集や採用の要件にすること
    ・荷物を運搬する業務について、必要以上に強い筋力を要件とする場合
    ・警備員の職務について、身長や体重が一定以上あることを要件とする場合
  2. 転勤をともなう配置転換を、総合職の募集・採用の要件にすること
    ・広い範囲に展開する支店や支社がなく、その計画もない場合
    ・支店や支社はあるが、転居を伴う転勤の実態がほとんどない場合
  3. 転勤の経験があることを、昇進の要件にすること
    ・転居を伴う転勤を含む異動が、特に必要であるとは認められない場合
    ・特定の支店で、異なる支店等での経験が特に必要であるとは認められない場合

ポジティブ・アクション

例外として、職場における事実上の男女間の格差を是正する目的で、女性を有利に扱う措置「ポジティブ・アクション」は、認められています。公正な選考の結果、男女いずれかの採用が多くなることは、違法ではありません。

・企業の性差別を改善・救済する際の基準となる
・ポジティブ・アクションは均等法違反とならない
第二新卒女子の転職におすすめの人材紹介サービス
第二新卒女子の転職では、幅広い職種の求人と出会えることが希望を実現する近道です。第二新卒女子のよりよいキャリアをサポートする人材紹介サービスをご紹介します。
女性向け転職エージェントおすすめランキング
女性の働き方は人生のステージに合わせて多様化しています。未経験からキャリアアップまで20代女性のよりよいキャリアをサポートする転職エージェントをランキングでご紹介します。
転職・就職に役立つ用語集
転職・就職活動ではさまざまな専門用語や人事用語が登場します。20代・第二新卒の転職・就職に役立つ用語を集めて解説しています。必要な情報を転職・就職活動にお役立てください。
タイトルとURLをコピーしました