雇用保険

キーワード解説

黒板と虫眼鏡

雇用保険とは

雇用保険とは、労働者の安定した職業生活の実現などを目的として、必要な給付を行う制度のことです。

失業や育児・介護の際に行われる給付の他、職業に関連する教育訓練を受けるたときの給付などもあります。

原則、従業員を1人でも雇用している事業は雇用保険の適用事業です。

ただし、5人未満を雇用する農林水産業は任意適用事業となっています。

適用事業所に雇用されている人は、雇用保険に加入する、加入しないという個人の意思に関係なく、雇用保険の被保険者となります。

雇用保険に加入すると、「雇用保険被保険者証」が一人ひとりに交付されます。

雇用保険の実務的な業務は、ハローワーク(公共職業安定所)で行っています。

ハローワークでは、雇用保険の加入履歴などを一元管理しています。

雇用保険の被保険者

  1. 一般被保険者:2.~4.以外の人(正社員・パートタイマーなど)
  2. 高年齢継続被保険者:65歳以上の人
  3. 短期雇用特例被保険者:季節的事業や1年未満の短期雇用の人など
  4. 日雇労働被保険者:日々あるいは30日以内の期間を定めて雇用される人

失業したときの給付

求職者給付は、被保険者であった人が失業したときに支給されるもので、失業中の生活を支える代表的な給付です。

一般被保険者であった人が受けるものを「基本手当」(いわゆる失業保険や失業手当を呼ばれるもの)といいます。

  • 基本手当
  • 技能習得手当
  • 受講手当
  • 通所手当
  • 寄宿手当
  • 傷病手当

再就職・就職活動をしたときの給付

就職促進給付は、被保険者であった人が失業したときの再就職を促進するために支給されます。

基本手当の本来もらえる額を残して再就職した場合は、「再就職手当」などの就業促進給付を受けられることがあります。

その他、移転費や広域求職活動費などがあります。

  • 再就職手当
  • 常用就職支度手当
  • 就業手当
  • 移転費
  • 広域求職活動費

雇用を継続するための給付

雇用継続給付は、育児・介護休業期間中や一定の要件を満たす被保険者が失業することなく、職業生活を維持するために支給されます。

育児休業給付は、育児休業をしたときに、介護休業給付は、介護休業をしたときに支給されます。

高齢で賃金が大幅にダウンしたときに支給される高年齢雇用継続給付もあります。

  • 育児休業給付:育児休業中に賃金の67%相当を支給
  • 介護休業給付:介護休業中に賃金の67%相当を支給
  • 高年齢雇用継続給付:60歳時賃金の75%未満に低下で支給

教育訓練を受講したときの給付

教育訓練給付は、一定の要件に該当する一般被保険者または一般被保険者だった人が、指定された教育訓練を受講し修了したときに費用のうちの一定額が支給されます。

  • 一般教育訓練給付金
  • 特定教育訓練給付金
  • 専門実践教育訓練給付金

雇用保険と助成金

雇用保険は、労働者へ直接給付されるだけでなく、事業主へ労働者の失業予防や雇用安定のために助成金を支給しています。

雇用保険の助成金は景気や社会情勢に応じて、毎年のように変更されます。

退職後に自分でしなければならない失業保険の手続き
退職後に自分で行わなくてはならない手続きがあります。遅れるほど損することになるかもしれません。失業保険の手続きをしっかりして、転職活動を進めましょう。
すぐに転職した場合に支給される雇用保険の再就職手当
会社を退職してすぐに転職・再就職した人は雇用保険の再就職手当を見逃さないようにしましょう。20代の転職は早く決めて手当を積極的に活用する方がお得です。
資格取得のお得な支援制度「教育訓練給付制度」
雇用保険では、働く人の能力開発を支援するために、教育訓練給付金の支給を行っています。働きながらスキルアップや資格取得に使える費用のサポート制度です。
失業保険を受けながらスキルアップできる「公共職業訓練」
公共職業訓練は求職者の再就職を支援するために必要なスキルや知識を習得することができる訓練制度です。失業保険を受けながら受講することができます。
ハローワークを就職・転職で上手に使う方法
ハローワークでは様々なメニューで若者の就職・転職支援を強化しています。求職活動でハローワークを上手に活用する方法をご紹介します。
転職・就職に役立つ用語集
転職・就職活動ではさまざまな専門用語や人事用語が登場します。20代・第二新卒の転職・就職に役立つ用語を集めて解説しています。必要な情報を転職・就職活動にお役立てください。
  • 雇用保険は労働者の生活と雇用をサポートする制度
  • 雇用されている人は基本的に雇用保険の加入者