スカウトメール

キーワード解説

スカウトメールとは

スカウトメールとは、求人・転職サイトの登録者に対して、求人企業が自社への応募を促すために直接送信するメールのことです。

求人・転職サイトでは基本的に求人情報を自ら検索して、直接応募しますが、スカウトメールの機能がある求人・転職サイトでは、求人企業が登録された登録者の職務経歴などの情報を見て、自社への応募を促すメールを送ることができます。

このようなスカウト機能を持つ求人・転職サイトは増えています。

仕事を探している人は、スカウトメールの機能がある求人・転職サイトに登録しておくと、登録した職務経歴、学歴、年齢などのプロフィール情報と職種、勤務地、年収などの希望条件、保有資格などを見た求人企業からスカウトメールを受け取ることができます。

求人・転職サイトのスカウト機能を利用する場合、プロフィールや希望条件などを登録する必要がありますが、ほとんどは選択式などで大きな負担はなく簡単に登録できるようになっています。

直接オファー

AIが登録者の希望や適性にマッチする企業を紹介するなど、採用ツールとしてAIを導入する企業もあり、各社はマッチングの精度を上げる工夫をしています。

登録者が企業を探して応募するだけでなく、企業から直接オファーが来るチャンスもあれば、自分だけでは見つけることが難しい企業や仕事に出会う可能性が広がります。

スカウトメールのメリット

仕事を探している人が、自ら求人情報を探すことなく、求人・転職サイトに登録するだけで、どのような企業が自分に関心を持っているのかを知ることができます。

在職中に多くの求人広告のなかから、自分に合った求人を自分で検討するとなると、時間も手間もかかりますが、スカウトメール機能を利用すると、効率的に条件に合った求人を見つけることができます。

また積極的に転職を考えていない場合であっても、いいスカウトがあれば転職を考えるという使い方もできます。

いろいろな企業の求人情報を入手して、キャリアアップ転職に備えることが可能になります。

スカウトメールが届いた求人企業への応募は、選考通過率が高くなると考えられますので、今後のキャリアの可能性やチャンスを広げることにつながるといえるでしょう。

スカウトメールのデメリット

スカウトメールの機能では、登録者の職務経歴などからターゲットを選び出し、オファーメールを送信しています。

キャリアチェンジを希望しているような場合、前職の経験やスキルでは希望する求人企業がスカウトメールを送る候補にならない可能性があります。

逆に希望していない求人企業から多くのスカウトメールが届くという可能性もあります。

前職の経験やスキルが転職を希望する業界や職種に直結しないケースでは、即戦力の経験者を期待しているような求人企業からはスカウトされることが難しいと考えられます。

一方で、人材不足などが課題となっている業界や職種であれば、未経験でも若手を育成したいと考えているような求人企業からスカウトされる可能性があります。

スカウトメールの機能は、これまでのキャリアとこれから希望するキャリアとの方向性や自分のスキルなどを考慮して活用するのがよいでしょう。

書類選考なし・面接確約オファーのみのおすすめ転職サイト
転職者のほとんどは在職中から転職サイトの登録・応募を行うようになっています。効率的に転職活動ができる面接確約オファーのみの転職サイトをご紹介します。
市場価値診断ができるおすすめ転職サイト
転職活動をスタートする前に自分の市場価値を知っておくことは転職の満足度を高めるうえで重要です。無料で市場価値診断ができる転職サイトをご紹介します。
求人サイトと転職エージェントを上手に使う方法
転職活動ではほとんどの人が求人サイトや転職エージェントなどの転職サービスを利用しています。求人サイトと転職エージェントの上手な使い方をご紹介します。
求人情報の探し方とメリット・デメリット
20代・第二新卒の転職先を探すには、いろいろな窓口を積極的に活用することをおすすめします。代表的な転職求人の探し方とそのメリット・デメリットをご紹介します。
転職・就職に役立つ用語集
転職・就職活動ではさまざまな専門用語や人事用語が登場します。20代・第二新卒の転職・就職に役立つ用語を集めて解説しています。必要な情報を転職・就職活動にお役立てください。

 

スカウトメールは、効率的に自分の条件に合った求人を見つけることができる