適性検査

キーワード解説

黒板と虫眼鏡

適性検査とは

適性検査とは、個人の能力、性格などが特定の活動において要求される要件に対して、どれだけ適した性質をもっているかを判定するための検査のことです。

適性検査を実施するメリットは、データを数量化し、統計的に分析できることだといえます。

初期選考の絞り込みや面接の補助ツール、配属先の参考資料などとして、目的によって使い分けられます。

適性検査にはさまざまな種類がありますが、採用選考で実施されているものとしては、能力検査(言語、非言語、一般常識など一般的な学力を測定するもの)、性格検査(人間関係、仕事の進め方)、ストレス耐性を検査するものなどがあります。

大手の適性検査では、能力、性格、ストレス耐性すべてをカバーするものが多くなっています。

適性検査のテスト形式は、紙で実施するものから、インターネットで受験するもの、指定の会場で実施されるものなどさまざまです。

新卒採用では、多くの企業が適性検査を実施して応募者を絞り込みますが、中途採用においても、入社後のミスマッチを防ぐことなどを目的として、適性検査を実施する企業が増えています。

技術職や営業職など職種別の適性検査もあります。中途採用では技術系職種で、適性検査の実施率が高くなっています。

採用選考で実施される適性検査の結果は、求人企業が応募者を選抜する重要な参考データになりますが、適性検査の結果だけでなく、面接試験と併用することで信頼性を高めることができるといえます。

特に中途採用で実施される適性検査は、面接の補助ツールとして利用される傾向が強く、あくまで面接結果を補完するための参考データとして使われています。

採用選考において適性検査を実施することにより取得される情報は、個人情報に該当します。

適性検査の結果を採用の判断のみに利用するのであれば、利用目的が明らかですので、利用目的を通知や公表することは必要ないとされています。

ただし、採用の判断のみに利用するのではなく、採用以外の目的でも利用する予定がある場合には、利用目的を通知または公表する必要があります。

個人情報保護法

個人情報保護法では個人情報の取得方法について規制しています。

  1. 不正手段による取得の禁止
    偽りや不正の手段により個人情報を取得してはならない
  2. 利用目的の通知(利用目的が明らかな場合は不要)
    ・面談において口頭で通知または文書を渡す方法
    ・電話により口頭で伝える方法
    ・文書を郵便などで送付する方法
    ・電子メールやFAXで送信する方法

能力検査

能力検査は言語、非言語、一般常識など一般的な学力を測定する検査です。

主に日本語能力や語彙力を「言語」、数的な推論や数的処理(算数)能力を「非言語」で測定します。

性格検査

性格検査は協調性、外向性など人間関係や仕事の進め方などを測定する検査です。

ストレス耐性

ストレス耐性の検査は、課題やプレッシャーへの向き合い方やストレス脆弱性を測定する検査です。

受検対策

適性検査にはそれぞれ特徴がありますので、受検する形式に慣れておくことが望ましいといえます。

SPI模擬試験では本番そっくりのテストセンター、SPI WEBテスティング、玉手箱、TG-WEB、Web-CABを何度でも受検可能です。

第二新卒の筆記試験・適性検査の対策
筆記試験・適性検査は第二新卒の採用企業の多くで実施されています。筆記試験・適性検査には試験対策が必要です。筆記試験・適性検査の種類、傾向、対策をご紹介します。
地方公務員・社会人採用の「社会人基礎試験」
地方自治体の採用試験において従来の公務員試験とは異なる新しいタイプの社会人基礎試験が広がっています。社会人基礎試験の内容と対策をご紹介します。
転職・就職に役立つ用語集
転職・就職活動ではさまざまな専門用語や人事用語が登場します。20代・第二新卒の転職・就職に役立つ用語を集めて解説しています。必要な情報を転職・就職活動にお役立てください。
  • 中途採用で実施する適性検査は、面接結果を補完する参考データ
  • 適性検査は対策本も多数出ているので、受検対策も可能