採用選考

キーワード解説

黒板と虫眼鏡

採用選考とは

採用選考とは、募集に集まった応募者に対して行う選考のことです。

契約自由の原則から、採用の自由が認められていて、特別の制限がない限り、原則としていかなる者を雇い入れるか、いかなる条件で雇うかについて、自由に決定することができるとされています。

採用を決定するにあたり、判断に必要な情報について、求職者に提出を求めることもできます。

一般的な採用選考の方法として、書類(履歴書、成績証明書、職務経歴書等)の審査、筆記試験面接試験適性検査などがあります。

採用選考は、①応募の受付、②書類の審査、③試験の実施、④合否の判定、⑤結果の通知といった流れで行われています。

新卒採用では、エントリーから書類選考のプロセスで、人材を絞り込みます。

適性検査を最終面接前に実施する企業もありますが、人材の絞り込みとして行う企業もあります。

中途採用においては、書類審査と面接試験だけで、筆記試験を実施しない企業も多くあります。

採用は応募者からの契約の申し込みに対して、会社が承諾することで、労働契約が成立します。

内定も労働契約の成立と同じ法的効果をもつと考えられています。

公平採用選考

公正採用選考とは、企業が採用選考をする際に公正を期して行う義務のことです。

採用の自由はありますが、厚生労働省は「公平な採用選考の基本」として、職務遂行上必要な適性や能力だけを採用基準とするよう指導しています。

性別による差別的取扱いや年齢制限は禁止されているほか、本人に責任のない事項や本来自由であるべき事項について、面接などで質問することは避けるべきとされています。

採用選考の方法

採用選考では、書類選考や筆記試験などの「人材の絞り込み」とグループワークや個人面接などの「人材の見極め」が行われます。

職務遂行上必要性が認められないものを基準とする採用選考を実施することはできません。

  • 身元調査などの実施
  • 合理的、客観的に必要性が認められない採用選考時の健康診断の実施

採用選考時の健康診断

雇い入れ時の健康診断は実施が義務づけられていますが、採用選考時の健康診断について規定したものではないので、採用選考時に採用の決定に必要のない健康診断を実施することは適切ではありません。

予定された仕事ができるかどうかを確認するなど、合理的・客観的に必要と認められれば、応募者の同意を得て実施することができます。

本人に責任のない事項

採用選考過程で「本人に責任のない事項」を記載させたり、質問することは就職差別につながる恐れがあり不適切とされています。

  • 本籍や出身地に関すること
  • 家族に関すること(職業・続柄・健康・地位・学歴・収入・資産など)
  • 住宅状況に関すること(間取り、部屋数、住宅の種類、近郊の施設など)
  • 生活環境や家庭環境に関すること

本来自由であるべき事項

「本来自由であるべき事項」の記載や質問も不適切とされています。

  • 宗教、支持政党、人生観・生活信条、尊敬する人物、思想に関すること
  • 労働組合や学生運動など社会運動に関すること
  • 購読新聞、雑誌、愛読書などに関すること

採用の通知

採用の決定は口頭でも通知できますが、採用通知書など書面で出すのが一般的です。

採用予定者は誓約書を提出するなどで、入社の意思表示を明確にします。

不採用の理由

採用の自由には、採用不採用の理由を公開しないことも含まれていると解されますので、不採用の理由を説明する義務はないと考えられています。

書類選考に通らない職務経歴書の失敗
書類選考が何度も通らないのは、職務経歴書に何か問題があるはずです。内容以前に書類選考でNGになる職務経歴書の特徴と修正ポイントを確認しましょう。
転職面接の流れと必ずされる質問
転職の面接試験には基本的な流れと定番の質問があります。「前職の職務内容」「転職理由」「志望動機」「自己PR」、逆質問について、具体例を用いて解説します。
圧迫面接
圧迫面接とは、採用面接において、面接官が意図的に意地悪な質問をしたり、威圧的な態度をとるなどして、応募者の反応から本音を知ろうとする面接方法です。
転職・就職に役立つ用語集
転職・就職活動ではさまざまな専門用語や人事用語が登場します。20代・第二新卒の転職・就職に役立つ用語を集めて解説しています。必要な情報を転職・就職活動にお役立てください。
採用選考では、「人材の絞り込み」と「人材の見極め」が行われている