第二新卒

キーワード解説

黒板と虫眼鏡

第二新卒とは

第二新卒とは、新卒として入社後、3年以内に離職した求職者のことを意味しています。

一般的に、社会人経験3年以下、25歳以下の正社員経験者で転職を希望している人を指して使われています。

「第二新卒」に対して、学校を卒業してから正社員として社会人経験がない求職者は「既卒」と呼ばれています。

契約社員派遣社員の経験は、社会人経験に含まれますが、第二新卒扱いか既卒扱いになるかはケースバイケースでしょう。

第二新卒は職務経験が短いので、経験者採用(キャリア採用・中途採用)としては、厳しいところがありますが、基本的なビジネススキルは身についているので、企業にとっては、ある程度の即戦力として期待されています。

また、第二新卒は社会人としての経験やビジネスマナーが身についていること、前の企業の文化に染まっていないので、自社で育成しやすいことがメリットであると考えられています。

第二新卒側にとっては、一般的な経験者採用ほどの職務経験や実績を問われずにポテンシャルに期待して採用してもらえるというメリットがあります。

新卒社員の入社3年以内の離職率は3割を超えており、第二新卒の転職は増加しています。

求人企業も第二新卒の採用に積極的で、ひとつの大きな市場となっています。

採用方法の多様化

これまでの採用方法は、新卒の学生を一括採用する定期採用や、欠員などの補充を行う中途採用が一般的でしたが、年間を通じて、人材を募集・採用する通年採用を実施する企業が増えています。

通年採用

通年採用では、年間を通じて募集・採用を行うので、今までは採用が難しかった第二新卒や既卒、海外大学生や留学生など多様な人材を採用することができるようになります。

通年採用を実施する企業のなかには、新卒や既卒、第二新卒など職歴の有無に関係なく、30歳未満までを新卒枠として採用する企業もあります。

通年採用が一般化すると、学校を卒業してすぐに就職するだけでなく、多様な経験をした人材を採用することが可能になり、新しい価値観や考え方が生まれるなどの効果が期待できます。

新卒一括採用の見直し

企業の経営環境や就業意識の変化から、採用方法にも変化が見られるようになっています。

4月に入社する新卒の定期採用が中心であった大企業においても、企業の活動時期を定めていた「採用選考に関する指針」を策定しない方針を示すなど、採用方法を見直す動きが進んでいます。

新卒「就職活動」と第二新卒「転職活動」の違い
第二新卒の転職活動は新卒採用のときの「就活」とはアプローチが根本的に違います。就職活動と転職活動で知っておきたい違いを比較してご紹介します。
第二新卒・20代に有利なおすすめ資格
経験が浅く、実績が少ない第二新卒・20代の転職において、資格取得はアピール材料のひとつです。第二新卒・20代に有利なおすすめ資格をご紹介します。
第二新卒(職歴3年未満)の履歴書・職務経歴書の書き方
職歴が浅い人ほど、応募書類の内容が採用・不採用に影響しやすいもの。第二新卒(職歴3年未満)の転職で書類選考を突破する履歴書と職務経歴書の書き方を採用担当の視点から説明します。
第二新卒向け転職エージェントおすすめランキング
第二新卒の転職には、第二新卒に精通した転職支援サービスを上手に活用することをおすすめします。第二新卒向け転職エージェントをランキングでご紹介します。
第二新卒におすすめIT未経験からの無料エンジニアスクール
未経験や第二新卒からITエンジニアとしてキャリアチェンジするにはスキル習得と転職支援をセットで行う無料のエンジニアスクールをおすすめします。
第二新卒の転職面接(よくある質問と答え方)
第二新卒の転職面接における質問では、面接官を納得させる回答が求められます。第二新卒に求められる答え方について、採用担当の視点から具体例を用いて解説します。
転職・就職に役立つ用語集
転職・就職活動ではさまざまな専門用語や人事用語が登場します。20代・第二新卒の転職・就職に役立つ用語を集めて解説しています。必要な情報を転職・就職活動にお役立てください。
第二新卒は社会人としてのビジネスマナーが身についていることから、積極的に採用する企業が増加し、大きな市場になっている