既卒

キーワード解説

黒板と虫眼鏡

既卒とは

既卒とは、一般的に社会人経験3年以下の求職者を「第二新卒」としていることに対して、卒業してから正社員として社会人経験がない求職者のことを指して使われています。

職歴がないという点では、既卒も新卒と同じですが、希望する就職が決まらなかった学生が、既卒にはならず、留年して、翌年新卒として就職活動を行うケースも多くあります。

就職を希望する学生を保護する目的で、3年以内の既卒者は新卒枠で応募受付するよう厚生労働省からの指針が出ています。

既卒者の場合は、通常、新卒とほぼ同じ条件で選考されます。

また職歴の有無に関係なく30歳未満までを新卒枠として、同じ条件で採用するという企業もあります。

採用市場では、学生の新卒だけでなく、既卒・第二新卒の採用に意欲的な企業が増えています。

経営環境や就業意識の変化を反映して、新卒の定期採用方式にこだわらない通年採用方式の導入など採用方法の多様化が進んでいます。

定期採用方式が中心であった大企業においても、従来の方法を見直す動きが出てきています。

通年採用方式

通年採用方式とは、新卒の定期採用にこだわらず、年間を通じて、人材を採用することです。

通年採用方式は、年間を通じて、募集・採用を行いますので、新卒一括採用では難しかった外国の大学卒業者や留学生、既卒、第二新卒などの就職にも有利です。

通年採用方式が一般化するようになると、海外に留学したり、アルバイトなどを経験して自分の適性を見出すなど、卒業してすぐに就職するのではなく、多様な経験をしてから就職することが可能になります。

多様な経験をした人材を採用することは、企業にとっても、新しい価値や考え方を生み出す効果があると期待されています。

新卒一括採用の見直し

これまで就職・採用活動の日程等に関するルールが毎年定められ、新卒一括採用が広く定着してきました。

新卒一括採用は、学生が学業に専念しやすい、学生や大学が計画的に就職活動に対応できる、といったプラス面がある一方で、グローバル化やIT化が進展するなかにおいて、そのルールが必ずしも遵守されていないという指摘もありました。

今後について、経団連は企業の活動時期などを定めていた「採用選考に関する指針」を策定しない方針を示すなど、新卒一括採用の見直しについて議論が高まっています。

若者雇用促進法

若者雇用促進法に定められた「青少年の雇用機会の確保及び職場への定着に関して事業主、職業紹介事業者等その他の関係者が適切に対処するための指針」では、募集や採用にあたって事業主が行うべき措置が示されています。

  • 労働条件の明示などに関する事項を遵守すること
  • 固定残業代に関する金額や計算方法を明示すること
  • 採用内定取り消しを防止するため最大限の経営努力をすること
  • 既卒者についても、新規学校卒業予定者の採用枠に応募できるような募集条件を設定し、既卒者が卒業後少なくとも3年間は応募できるものとするなどの措置を講じるよう努めること

ユースエール認定制度

ユースエール認定制度では、若者の採用・育成に積極的で、若者の雇用管理の状況などが優良な中小企業を「ユールエール認定企業」として厚生労働大臣が認定しています。

既卒・フリーターに有利なおすすめ資格
既卒・フリーターから正社員として就職するには、ビジネスの基本スキルが身についていることをアピールできる資格が有利です。企業の認知度が高いおすすめ資格をご紹介します。
既卒・社会人未経験からの就職サイトおすすめランキング
既卒・社会人未経験からの就職は、特有のノウハウが必要になります。正社員としてのよりよい就職をサポートする既卒者向け就職サイトをランキングでご紹介します。
既卒・フリーターの履歴書と職務経歴書の書き方
既卒・フリーターの履歴書と職務経歴書からは特に意欲と常識が見られています。アルバイト経験しかない場合の履歴書・職務経歴書の書き方を採用担当の視点から解説します。
既卒・フリーターの採用面接(よくある質問と答え方)
既卒・フリーターの採用面接でよくある質問は、面接官がもっとも気にするポイントでもあります。面接官を納得させる答え方について、採用担当の視点から解説します。
新卒「就職活動」と第二新卒「転職活動」の違い
第二新卒の転職活動は新卒採用のときの「就活」とはアプローチが根本的に違います。就職活動と転職活動で知っておきたい違いを比較してご紹介します。
転職・就職に役立つ用語集
転職・就職活動ではさまざまな専門用語や人事用語が登場します。20代・第二新卒の転職・就職に役立つ用語を集めて解説しています。必要な情報を転職・就職活動にお役立てください。
通年採用が一般化することは、留学やアルバイトなど多様な経験をした既卒の就職に有利