固定残業代

キーワード解説

黒板と虫眼鏡

固定残業代とは

固定残業代とは、一定時間分の時間外労働、休日労働および深夜労働に対して、定額で支払われる割増賃金のことです。

毎月の固定給に定額の残業代を含めて、一定時間の残業時間までは定額の賃金が支給されます。

定額の残業代が決まっていても、実際の残業時間がみなし残業時間を上回ったときには、差額の残業代が支払われなければなりません。

固定残業代は、「固定残業手当」「営業手当」「業務手当」など名称に関係なく、割増賃金の支給に代えて支払われるものをいいます。

固定残業代を除いた賃金は最低賃金の額を上回っていなければなりません。

給与を固定化することで、予算や支払い事務を効率化したり、一定時間内に仕事を終える習慣をつけることで生産性を向上させる目的などで導入されています。

固定残業代には効率化などのメリットがある一方で、求人票の固定残業代を含めた賃金表示が原因でトラブルも起こっています。

ハローワークや民間職業紹介を利用した人の求人条件と採用条件が異なっていた不満で一番多いのは、「賃金に関すること(固定残業代を含む)」です。

若者雇用促進法に基づく指針でも「固定残業代」について適切な表示をするように定めています。

募集要項や求人票に明示する必要がある内容

  1. 固定残業代を除いた基本給の額
  2. 固定残業代に関する労働時間数と金額等の計算方法
  3. 固定残業代を超える時間外労働、
    休日労働および深夜労働に対して割増賃金を追加で支払うこと

固定残業代支給制度を導入する場合には、就業規則雇用契約書などに残業手当が定額払いであることや、何時間分の固定残業となるのかを明記することが必要です。

固定残業代に相当する残業時間や金額、その時間を超えて残業をした場合には、その超過分を別途支払う必要があり、そのことも明記する必要があります。

基本給を残業代込みの金額にして、超過分の残業代を支払わず、定額分のみの支給とすることは認められません。

また、固定残業代が残業20時間分と定めた場合に、その月の実際の残業が10時間だったからといって、翌月に残りの10時間分を繰り越すことはできません。

固定残業代支給制度は、労働基準法に定めがあるわけではありませんが、以下のような点が守られていれば、適法だと考えられます。

基本給や他の手当と固定残業代が明確に区別できること

基本給のなかに残業代が含まれるのではなく、基本給や他の手当と固定残業代が明確に区別できなければなりません。

時間外割増賃金の代わりであること

固定残業代が時間外割増賃金の代わりであるということが明確になっていて、社員にも周知されていなければなりません。

法律の割増賃金額以上であること

固定残業代は、法律どおりに計算した割増賃金の額を上回った手当額になっている必要があります。

超過分の差額を支給すること

設定した固定残業代に相当する労働時間を超える残業した場合には、超えた分に相当する差額の割増賃金が別途支払われなければなりません。

例えば、30時間分の固定残業代を支払うとしていた場合、実際には35時間の時間外労働を行ったとしたら、超過した5時間分の割増賃金を追加して支払う必要があります。

固定額の設定(時間外労働の上限)

固定残業代を何時間分の時間外労働の割増賃金として設定するかについては、企業の自由ですが、36協定を締結した際の1ヵ月の時間外労働の上限に準じることが望ましいと考えられます。

労働時間と残業の基礎知識
労働時間は会社へ出社してから退社するまでの時間で業務を行った時間のことです。会社が決めた勤務時間(所定労働時間)を超えて働いた部分は残業になります。
給与(基本給・手当・月給・賞与)の基礎知識
給与は転職・就職活動で最も注目される条件のひとつです。その企業の給与の仕組み(内訳・支給方法)を知れば、企業方針や方向性が見えてくるといえます。
求人広告の情報を正しく読む方法
求人広告に掲載されている募集内容を正しく読むことは転職活動の基本です。思っていた条件と違ったということにならないためにも求人広告を正しく読み解きましょう。
転職・就職に役立つ用語集
転職・就職活動ではさまざまな専門用語や人事用語が登場します。20代・第二新卒の転職・就職に役立つ用語を集めて解説しています。必要な情報を転職・就職活動にお役立てください。
固定残業代をめぐるトラブルを予防するため、固定残業代を採用する場合は、求人・募集の段階で明示をしっかりと行うよう、厚生労働省は事業主等への周知を行っています。