地域若者サポートステーション

キーワード解説

黒板と虫眼鏡

地域若者サポートステーションとは

地域若者サポートステーションとは、働くことに悩みを抱えている若者のために国と地方自治体とが協働してサポートを行う就労支援機関のことです。

通称はサポステです。

地域若者サポートステーション(サポステ)は、厚生労働省が委託した全国の若者支援の実績やノウハウがあるNPO法人、株式会社などが運営しています。

サポステは「身近で相談できる機関」として、全国177ヵ所(2020年度)にあります。

全国の人が利用しやすいように、各都道府県に必ず設置されています。

サポステでは、仕事に就いておらず、通学や家事もしていない15歳~49歳までの働きたい人に対して、就職に向けたさまざまなサポートを行っています。

主なサポート内容は以下のとおりです。

  • 相談支援
    キャリアコンサルタントなどによる専門的な相談、支援計画の作成
  • 各種プログラム
    コミュニケーション訓練などによる就労に向けたプログラム
  • 職場体験
    協力企業への就労体験から振り返り
  • 就職後の相談
    職場への定着やより安定した就労形態へのステップアップ支援

サポステ登録者の就職率は60%以上、初回登録してから多くの人が1年未満(約9割)で就職しています。

コミュニケーション講座

専門スタッフと共に、自分を見つめ直し、アピールポイントである「自分の強み」を発見します。

会話に対する苦手意識も克服します。

ジョブトレ(就業体験)

スタッフと相談をしながら、希望や状況に合わせていろいろな仕事を体験することができます。

ビジネスマナー講座

身だしなみやお辞儀の仕方、言葉遣い、電話対応など社会人としての基礎的なマナーを学びます。

就活セミナー

求人への応募の仕方や履歴書の書き方、面接の受け答えの指導など、一人では不安な就職活動をきめ細かくサポートしています。

集中訓練プログラム

合宿形式を含む生活面等のサポートと職場実習、資格取得支援等を実施し、自信の回復、就職に必要な基礎能力の獲得を目指すプログラムを実施しています。

パソコン講座

働くうえで必要となる基礎的なパソコンスキルを学びます。

パソコン講座の一部は、日本マイクロソフト株式会社の協力を得て実施しています。

就労支援プログラム

株式会社リクルートの協力を得て実施している就労支援プログラムです。

自分の可能性の発見から求人への応募、面接まで一貫して支援しています。

アウトリーチ支援

高校等の中退者の希望に応じた、高校や自宅等へ訪問するアウトリーチ型の相談等のきめ細かい支援を実施しています。

詳しくはサポステネット

ニート脱出におすすめの就職支援サービス
20代ニートには働く力を身につけられるチャンスが多くあります。職歴など実務経験に自信がなくても安心して利用できる就職支援機関をご紹介します。
非正規雇用から正社員を目指す人におすすめ支援プログラム(東京都)
非正規雇用や実務経験の少ない20代の正社員就職をサポートする東京都の支援プログラムがあります。企業紹介、実習、奨励金制度などを通じて正社員就職につなげます。
転職・就職に役立つ用語集
転職・就職活動ではさまざまな専門用語や人事用語が登場します。20代・第二新卒の転職・就職に役立つ用語を集めて解説しています。必要な情報を転職・就職活動にお役立てください。
サポステは若者の「働き出す力」を引き出し「職場定着するまで」をバックアップする厚生労働省委託の支援機関