契約社員

キーワード解説

契約社員とは

契約社員とは、有期契約労働者を意味しています。法律上の正式な定義はありませんが、一般的に1日または1週間の所定労働時間が正社員とほぼ同じで、雇用期間が限定され、正社員とは異なる労働契約を個別に結ぶ社員のことを指しています。契約社員も労働基準法の「労働者」として、正社員と同様に保護されます。

勤務時間

契約社員の勤務時間は、フルタイムとなっていることが一般的です。1週間の所定労働時間が正社員と比べて短い場合には、パートタイム労働者としての扱いとなります。

契約期間

契約社員の場合、有期労働契約であることが一般的です。有期労働契約の期間の上限は原則3年です。1回に3年契約するのではなく、1年以内の契約期間で労働契約を結び、更新することがほとんどです。

※有期労働契約の例外

  • 専門的知識、経験、技術があり、高度なものとして定められた基準に該当する場合は5年
  • 60歳以上の場合は5年
  • 有期の建設工事など一定の事業は完了に必要な期間

社会保険

次のいずれの条件も満たせば、健康保険・厚生年金の加入対象となります。

  • 契約期間が2ヵ月以上であること
  • 所定労働時間が他の一般の労働者と比べ4分の3以上であること

雇用保険

次のいずれの条件も満たせは、雇用保険の加入対象となります。

  • 31日以上雇用される見込みがあること
  • 所定労働時間が週20時間以上であること

雇止めの予告

有期労働契約を3回以上更新し、または雇入れ日から1年を超えて継続して勤務している契約社員の契約を更新しない場合には、少なくとも30日以上前に雇止め(雇用契約を更新せずに終了させること)の予告をしなければなりません。

雇止めの無効

有期労働契約について、使用者が更新しないこととする雇止めは、一定の場合に無効となります。

  • 反復継続された有期労働契約で、その雇止めが無期労働契約の解雇と社会通念上同視できると認められるもの
  • 有期労働契約の契約期間の満了時に契約が更新されると期待することについて合理的な理由があると認められるもの

無期転換ルール

無期転換ルールとは、有期労働契約が更新されて通算5年を超えた場合に、有期契約労働者の申込みによって無期労働契約に転換される制度のことです。要件を満たした契約社員が企業に対して無期転換の申込みをした場合、無期労働契約が成立します。(使用者は断ることができません)

期間途中の解雇

有期労働契約の期間途中での解雇は、「やむを得ない事由」がある場合に限って認められます。「やむを得ない事由」は、契約期間の満了まで雇用を維持することができないと認められるほどに重大なものであることが必要です。

期間途中の退職

有期労働契約の期間途中であっても、「やむを得ない事由」があれば退職できます。「やむを得ない事由」としては、本人の健康状態、育児や介護など家庭の事情などが考えられます。

有期労働契約が繰り返し更新されて通算5年を超えることとなったとき、労働者が申し込めば、無期労働契約に転換される
有期契約社員の上手な働き方と辞め方
契約社員から正社員としての転職や契約途中の退職など、契約社員の上手な働き方と辞め方について解説します。
転職・就職に役立つ用語集
転職・就職活動ではさまざまな専門用語や人事用語が登場します。20代・第二新卒の転職・就職に役立つ用語を集めて解説しています。必要な情報を転職・就職活動にお役立てください。
タイトルとURLをコピーしました