無期転換ルール

キーワード解説

無期転換ルールとは

無期転換ルールとは、同一の使用者(企業)との間で、有期労働契約が更新されて通算5年を超えた場合に、労働者の申し込みによって、無期労働契約に転換されるルールのことです。平成25年4月の労働契約法の改正により新たに導入されました。

契約期間が1年の場合、5回目の更新後の1年間に、無期転換の申し込みが可能となります。その契約期間中であっても、次の更新以降であっても、無期転換の申し込みは可能です。

有期労働契約者が使用者(企業)に対して無期転換の申し込みをした場合、無期労働契約が成立します。使用者は断ることができません。

対象となる有期労働契約者

無期転換ルールの対象となるのは、原則として、契約社員パートタイマー、アルバイトなど全ての有期労働契約者です。派遣社員については、派遣元との間で無期転換ルールが適用されることになります。

特例として、「高度専門職」と「継続雇用の高齢者」については、一定の措置を講じた場合に、無期転換申込権が発生しません。

無期労働契約

期間の定めのない労働契約(無期労働契約または無期雇用)に転換するのは、正社員でなくてもかまいません。業務内容、賃金、労働時間などの労働条件は、直前の有期労働契約と同じでよいことになっています。

職務、勤務地、労働時間などを限定した無期雇用の限定正社員は多様な働き方の受け皿として注目されています。

無期転換を申し込まないことを契約更新の条件にしたり、金銭で権利放棄を求めることはできません。

雇止め

雇止めとは、有期労働契約を繰り返し更新して、一定期間雇用を継続したにもかかわらず、使用者が期間の満了を理由に以後の契約を更新せずに終了させることです。

無期転換の申し込みが可能となる前の雇止めが問題になることがあります。有期労働契約の満了前に使用者が更新年数の制限や更新回数の上限などを一方的に設けたとしても、雇止めをすることは許されない場合があります。

雇止めの予告

有期労働契約を3回以上更新し、または雇入れ日から1年を超えて継続している有期労働契約者の契約を更新しない場合には、少なくとも30日以上前に雇止めの予告をしなければなりません。

空白期間(クーリング期間)

通算期間が1年以上の場合、同一の使用者(企業)との間に契約がない期間が6ヵ月以上あるときは、リセット(クーリング)されます。通算期間が1年未満の場合は、その期間の2分の1以上の空白期間があれば、リセット(クーリング)されます。

有期労働契約が繰り返し更新されて、通算5年を超えた場合、労働者が希望すれば無期労働契約に転換される
有期契約社員の上手な働き方と辞め方
契約社員から正社員としての転職や契約途中の退職など、契約社員の上手な働き方と辞め方について解説します。
転職・就職に役立つ用語集
転職・就職活動ではさまざまな専門用語や人事用語が登場します。20代・第二新卒の転職・就職に役立つ用語を集めて解説しています。必要な情報を転職・就職活動にお役立てください。

参考:無期転換ポータルサイト

タイトルとURLをコピーしました