限定正社員(多様な正社員)

キーワード解説

限定正社員とは

限定正社員とは、正社員(従来の正社員)に比べて、勤務地、職務、労働時間などが限定されている正社員のことを指しています。

働き方や雇用のあり方のひとつとして、配置転換や転勤、仕事内容や勤務時間などの範囲を限定した多様な正社員の導入が進められています。

一般的に正社員は①労働契約の期間の定めがなく、②所定労働時間がフルタイムで、③直接雇用されている従業員のことをいいます。

正社員(いわゆる正社員、総合職)には転勤があり、職務が限定されず、労働時間はフルタイムであることに対し、限定正社員は勤務地、職務、労働時間などの条件を限定して働きます。

限定の内容(勤務地、職務、労働時間)を組み合わせることで、企業の実情に応じたバリエーションが生まれます。

正社員と非正規雇用の中間的存在として、転勤が難しく、限られた時間で働く人を限定正社員化することで、企業側としては人材の流出を防ぎ、従業員側にとっては社会保険の加入など雇用の安定につながることが期待されています。

また正社員と非正規雇用の二極化が進むなか、従来のいわゆる正社員か非正規雇用かという二者択一の働き方だけでなく、多様な正社員としての働き方を選択することができ、ワーク・ライフ・バランスを実現できる雇用形態として注目が高まっています。

限定正社員の例

  • 全国転勤のない営業職
  • 限定された店舗で働く販売スタッフ
  • 特定の職務のスペシャリスト
  • 短時間勤務の事務職 など

地域限定正社員

地域限定正社員は、転勤するエリアが限定されていたり、転居を伴う転勤がなかったり、あるいは転勤が一切ない正社員のことです。

地元に定着した就業や地域のニーズに合ったサービスの提供を実現できる働き方です。また、転勤が難しい事情があっても、仕事を続けることができます。

職務限定正社員

職務限定正社員は、担当する職務内容や仕事の範囲が他の業務と明確に区別され、限定されている正社員のことです。

職務を専門分野に限定して、特定の業務を専門とするプロフェッショナルな働き方ができます。

勤務時間限定正社員

勤務時間限定正社員は、所定労働時間がフルタイムではない、あるいは残業が免除されている正社員のことです。

育児や介護などの事情によりフルタイムや長時間労働が難しくても、仕事を続けることができる働き方です。

限定内容の確認

勤務地や職務に限定がある場合には、限定の内容についてできるだけ書面で確認して理解を深めることが必要です。

限定正社員の処遇

正社員と限定正社員との職務内容があまり変わらないような場合には、処遇の均衡を図り、給与や昇進・昇格のスピードをできるだけ小さくすることが求められています。

非正規雇用から限定正社員への転換

非正規雇用から限定正社員への転換制度は、従業員のキャリアアップと企業としての人材育成に有効とされています。

正社員と限定正社員の転換

ワーク・ライフ・バランスの実現のために、いわゆる正社員から限定正社員へ転換できること、また正社員への再転換ができることが望まれています。

無期転換ルール

無期転換ルール有期労働契約が更新されて通算5年を超えたときに、従業員からの申込みによって無期労働契約に転換されるルールです。

無期雇用の限定正社員は、多様な働き方の受け皿として注目されています。

限定正社員(従業員側)のメリット

  • ワーク・ライフ・バランスの実現が可能になる
  • 雇用の安定や処遇の改善が期待できる
  • 安定した雇用のもとで中長期的なスキルアップやキャリアアップができる
  • 育児や介護などの事情による離職を防ぎ、就業の継続が可能になる

限定正社員(従業員側)のデメリット

  • 正社員(総合職等)と給与や福利厚生などで格差が生じる可能性がある
  • 事業所の閉鎖や職務の廃止などがあった場合に仕事を失う可能性がある

参考:厚生労働省WEBサイト

雇用形態・働き方の基礎知識
柔軟な働き方の実現に向けて、雇用形態にも変化が見られるようになっています。転職・就職で押さえておきたい雇用形態の基礎知識をご紹介します。
有期契約社員の上手な働き方と辞め方
契約社員から正社員としての転職や契約途中の退職など、契約社員の上手な働き方と辞め方について解説します。
転職・就職に役立つ用語集
転職・就職活動ではさまざまな専門用語や人事用語が登場します。20代・第二新卒の転職・就職に役立つ用語を集めて解説しています。必要な情報を転職・就職活動にお役立てください。

 

限定正社員は、ワーク・ライフ・バランスを実現する「多様な正社員」制度として注目される