通信業界の業績ランキング(2021年)


通信業界は、次々と新しい技術が生まれ、目まぐるしく変化しています。

通信業界では、NTTグループ、KDDIグループ、ソフトバンクグループの三強に続き、電力系事業者グループなどが強い勢力となっています。

通信業界の売上高・純利益・営業利益率ランキング(決算期21/3)をご紹介します。

通信業界の業績

通信業の売上高ランキング

順位企業名年商(百万円)
1NTTドコモ4,683,629
2KDDI4,062,750
3ソフトバンク3,407,542
4日本郵便2,975,344
5東日本電信電話1,622,378
6西日本電信電話1,376,402
7エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ978,497
8UQコミュニケーションズ281,831
9オプテージ260,897
10インターネットイニシアティブ185,323
11ソニーネットワークコミュニケーションズ148,902
12ドコモCS143,526
13楽天モバイル135,171
14Wireless City Planning121,635
15ビッグローブ121,296
16ノキアソリューションズ&ネットワークス合同会社120,000
17ラネット103,027
18中部テレコミュニケーション99,339
19NTTビジネスソリューションズ92,944
20沖縄セルラー電話70,616
21QTnet65,672
22GMOインターネット64,251
23TOKAIコミュニケーションズ54,789
24ネットワークコンサルティング48,300
25アルテリア・ネットワークス45,498
26エネルギア・コミュニケーションズ45,114
27エヌ・ティ・ティピー・シーコミュニケーションズ44,544
28STNet41,614
29ドコモ・サポート40,500
30アット東京37,141
31Coltテクノロジーサービス29,179
32ワイヤ・アンド・ワイヤレス27,393
33エヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム25,812
34ドコモCS東海24,546
35東北インテリジェント通信23,515
36Hi-Bit20,000
36ファミリーネット・ジャパン20,000
38ドコモCS北海道18,643
39さくらインターネット18,423
40日本ネットワークイネイブラー17,498
41LINEモバイル17,000
42フォーバルテレコム16,365
43楽天コミュニケーションズ14,928
44富山富士通14,624
45つなぐネットコミュニケーションズ14,571
46TOKAIケーブルネットワーク13,968
47北海道総合通信網13,538
48近鉄ケーブルネットワーク13,527
49ドコモCS中国13,482
50放送衛星システム12,827

通信業の純利益ランキング

順位企業名純利益(千円)
1NTTドコモ636,214,791
2KDDI578,634,000
3ソフトバンク419,021,000
4東日本電信電話182,689,000
5エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ116,038,000
6西日本電信電話92,083,000
7日本郵便40,544,000
8UQコミュニケーションズ37,817,000
9Wireless City Planning33,383,000
10オプテージ26,112,000
11中部テレコミュニケーション18,210,000
12インターネットイニシアティブ9,961,000
13沖縄セルラー電話8,070,000
14ネットワークコンサルティング7,436,448
15GMOインターネット7,040,000
16ソニーネットワークコミュニケーションズ5,671,000
17ドコモCS5,562,000
18アルテリア・ネットワークス5,226,000
19アット東京5,180,000
20STNet3,877,000

通信業の営業利益率ランキング

順位企業名営業利益率
1東京テレメッセージ47.9
2ソフトバンク20.0
3沖縄セルラー電話19.1
4KDDI18.6
5メディアクリエイトコミュニケーションズ17.6
6NTTドコモ17.2
7Jストリーム17.0
7e-Japanネットワークス17.0
9北陸通信ネットワーク16.9
10沖縄通信ネットワーク16.2
11クラウドテレコム15.6
12東日本電信電話15.0
13朝日ネット14.9
14アイ・ピー・エス14.0
15日本商工13.8
16メイテツコム13.2
16ダブルキャスト13.2
18エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ12.4
19ネクシオン12.3
20トレミール12.2

(帝国データバンク『全国企業あれこれランキング2022』)

通信業界の動向

通信業界は、光回線などの固定通信業と携帯電話などの移動通信業、通信サービス業などで構成されています。

固定通信の動向

テレワークの普及などにより光アクセスサービスの契約が増加し、NTTが光回線を異業種に卸す光コラボレーションは好調を続けています。

法人向けIoT需要の拡大も見込まれています。

移動通信の動向

楽天の携帯電話事業への参入や新料金プランなどにより、値下げ競争は激化しています。

各社は携帯電話事業だけでなく、非通信事業や海外の強化を進めています。

インターネットサービスの動向

社会全体としてデジタル化の流れが継続していることから、堅調に推移しています。

クラウドサービスやネットサービスなどが好調です。

通信会社・インターネットの転職業界研究
通信・インターネット業界は新たな技術やサービスが登場しています。通信会社の転職・就職で押さえておきたい業界の動向、売上高ランキング、採用市場をご紹介します。

通信・インターネット業界の転職

技術やサービスが次々と登場する通信・インターネット業界の転職では、業界・職種に精通した専門性の高い転職エージェントの利用が一般的になっています。

キャリアの相談から求人紹介、企業別対策などトータルで転職をサポートしてもらえます。

通信業界の転職支援

まとめ

次世代無線通信システムの5Gがスタートすると、通信事業者とあらゆる産業で大変革が起こるといわれていますが、影響はまだ限定的です。

5Gはさまざまな分野で大きな経済効果をもたらすとみられ、通信キャリアはさまざまな企業と協力して、新たなサービスを創出することが重要になります。

5Gをいかに有効活用できるかが、企業の競争力に大きな影響を及ぼすことになりそうです。

IT業界で有利なおすすめ資格
IT業界では資格より経験やスキルが重視さます。それでも20代の就職やキャリアチェンジ、同業他社への転職では実務経験とセットで資格も力を発揮します。
ITコンサル系に有利なおすすめ資格
経験重視のITエンジニアも資格取得を通じてスキルを磨くことができます。ステップアップにつながるITコンサル系の資格をご紹介します。