転職・就職に役立つ通信・インターネット業界研究


通信分野は新たな技術やサービスが次々と登場し、大きく変化してきました。

新型コロナウイルスの影響により、テレワークやオンライン需要が高まり、無線通信システムの5Gは幅広い産業において活用が進みそうです。

転職・就職で押さえておきたい通信・インターネット業界の動向、売上高ランキング、採用市場をご紹介します。

通信・インターネット業界の動向(2023年)

通信業とは

通信業は、日本標準産業分類では「有線、無線、その他の電磁的方式により情報を伝達するための手段の設置、運用を行う事業所」が分類されています。

情報通信業界は伝送インフラ事業者、プラットフォーム事業者、コンテンツ事業者、通信端末事業者で構成されています。

情報通信業界の構成

  • 伝送インフラ事業者
    固定通信事業者、移動体通信事業者、ケーブルテレビなど
  • プラットフォーム事業者
    コンテンツ収集、コンテンツ提供、課金、認証など
  • コンテンツ事業者
    ウェブ・モバイルコンテンツ、音楽、映像、ゲームなど
  • 通信端末事業者
    スマートフォン、タブレット、PC、AIスピーカーなど

通信会社

通信会社は、光回線などの固定通信と携帯電話などの移動通信に大別されます。

NTTグループ、ソフトバンクグループ、KDDIグループの3強体制が続いてきましたが、携帯電話事業に楽天の参入が認められました。

NTTグループ(日本電信電話)

通信業界をリード。

完全子会社化したNTTドコモは携帯最大手です。

  • 従業員数:333,850人
  • 平均年齢:42歳
  • NTTドコモ(移動通信)
  • NTT東日本・西日本(固定通信)
  • NTTコミュニケーションズ(長距離通信)
  • NTTデータ(システム設計構築)
  • NTTコムウェア(システム開発)

KDDI

総合通信事業。

非通信事業の拡大を進めています。

  • 従業員数:48,829人
  • 平均年齢:43歳
  • au、沖縄セルラー、UQコミュニケーションズ(移動通信)
  • 中部テレコミュニケーション(固定通信)
  • ビッグローブ(プロバイダ、MVNO)
  • ジェイコム(ケーブルテレビ)

ソフトバンクグループ

通信業界の重要な地位を確立。

戦略的投資会社としての性格を強めています。

  • 従業員数:59,721人
  • 平均年齢:40歳
  • ソフトバンク(国内通信)
  • ヤフー(プラットフォーム)
  • LINE(SNS)

楽天グループ

「楽天モバイル」で自社回線を使ったキャリア事業を本格的に開始。

MVNO事業も当面は併存予定です。

  • 従業員数:28,261人
  • 平均年齢:34歳

MVNO

仮想移動体通信事業者(MVNO)は、通信会社の回線を利用して、通信サービスを提供します。

設備投資がいらない分、格安で提供できます。

シンプルでわかりやすい料金プランが特徴です。

市場は急速に拡大し、高齢者などスマホ初心者にまで利用が広まっています。

異業種の企業も相次ぎ参入し、価格競争は激化しました。

インターネットイニシアティブ

「IIJmio」

フルMVNOとしてサービスを提供しています。

通信技術に強みがあります。

  • 従業員数:4,147人
  • 平均年齢:38歳

NTTコミュニケーションズ

「OCNモバイルONE」

MVNOへのサービス提供や法人向け強みがあります。

  • 従業員数:11,850人

オプテージ

「mineo(マイネオ)」

関西電力の100%子会社です。

ソフトバンク回線のサービスを開始しました。

  • 従業員数:2,768人

日本通信

「bモバイル」

世界初のMVNO事業者です。

フィンテック事業にも力を入れています。

  • 従業員数:122人

ビッグローブ

「BIGLOBEモバイル」

NECからKDDIの子会社へ。

ケーブルテレビ

ケーブルテレビ回線を通信用途に利用して通信サービスを提供しています。

複数のケーブルテレビ局を運営する事業者は、多施設所有事業者(MSO)と呼ばれます。

JCOM(旧ジュピターテレコム)

日本最大のMSOとして、放送から通信までフルサービスを提供しています。

  • 従業員数:16,699人

電力会社系

電力会社の子会社なども通信サービスを提供しています。

電力会社系の光回線事業

  • オプテージ(関西電力子会社)
  • 中部テレコミュニケーション(旧中部電力系)
  • QTnet(九州電力子会社)
  • エネルギア・コミュニケーションズ(中国電力子会社)
  • STNet(四国電力から分社化)

インターネット回線

NTTが光回線を卸販売する光コラボレーションを中心に順調に契約数を伸ばしています。

IoTの本格化で法人向け需要の拡大が見込まれます。

ソニーネットワークコミュニケーションズ

ソニーグループ

「So-net」と独自の光回線サービス「NURO光」を展開しています。

ニフティ

プロバイダー系。

光回線やMVNOサービスを提供しています。

USEN-NEXT HOLDINGS

「U-NEXT」など映像配信と通信事業を行っています。

  • 従業員数:4,692人
  • 平均年齢:38歳

SNS・メッセンジャー

インターネットによる掲示板やブログ、音声通話、メッセージなどの通信サービスは、スマートフォンの普及とともに利用者を増やしています。

LINE

スマホ用アプリを運営。

金融など新規事業に注力しています。

ヤフーと経営統合。

  • 従業員数:2,900人
  • 平均年齢:34歳
転職・就職に役立つデジタルコンテンツ業界研究
デジタルコンテンツは成長産業として注目を集めています。転職・就職で押さえておきたいコンテンツ業界の動向、売上高、採用市場をご紹介します。

通信・インターネット業界の売上高ランキング

固定通信・移動体通信

順位企業名収入高
(百万円)
1ソフトバンク5,690,606
2KDDI5,446,708
3NTTドコモ4,713,808
4東日本電信電話1,718,000
5西日本電信電話1,513,500
6エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ1,047,600
7JCOM324,902
8オプテージ248,456
9UQコミュニケーションズ186,443
10楽天モバイル160,000
11中部テレコミュニケーション99,423
12QTnet64,524
13アルテリア・ネットワークス55,402
14エネルギア・コミュニケーションズ45,252
15STNet40,860
16Coltテクノロジーサービス32,433
17東北インテリジェント通信24,256
18フォーバルテレコム21,801
19日本通信4,634

インターネットサービス

順位企業名収入高
(百万円)
1ソフトバンク5,690,606
2KDDI5,446,708
3エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ1,047,600
4JCOM324,902
5オプテージ248,456
6GMOインターネット241,446
7インターネットイニシアティブ226,335
8USEN-NEXT HOLDINGS208,351
9ソニーネットワークコミュニケーションズ146,750
10ジェイコムウエスト132,232
11ユニアデックス129,802
12ビッグローブ125,860
13中部テレコミュニケーション99,423
14QTnet64,524
15TOKAIコミュニケーションズ55,429
16エヌ・ティ・ティエムイー54,320
17エネルギア・コミュニケーションズ45,252
18エヌ・ティ・ティピー・シーコミュニケーションズ40,947
19イッツ・コミュニケーションズ30,543
20朝日ネット11,577

通信工事

順位企業名売上高
(百万円)
1エクシオグループ(連結)594,840
2コムシスホールディングス(連結)589,028
3ミライト・ワン(連結)470,385
1NECネッツエスアイ310,334
2日本コムシス(コムシスグループ)224,672
3ミライト(ミライトグループ)159,625
4ミライト・テクノロジーズ(ミライトグループ)87,431
5OKIクロステック68,828
6富士通ネットワークソリューションズ61,051
7サンワコムシスエンジニアリング(コムシスグループ)57,909
8西部電気工業(エクシオグループ)56,185
9NDS(コムシスグループ)54,733
10エヌ・ティ・ティエムイー54,320
11エヌ・ティ・ティ・インフラネット53,805
12NHKテクノロジーズ53,533
13つうけん(コムシスグループ)38,561
14エクシオテック(エクシオグループ)34,013
15日本電通(エクシオグループ)32,611
16ニシム電子工業28,338

(帝国データバンク『業界動向2023-Ⅰ』より)

通信・インターネット業界の採用市場

通信業界の組織

通信会社の組織には、大きく分けて技術部門と事業部門があります。

技術部門には研究開発や通信ネットワークの運用、事業部門には事業を展開していく役割があります。

技術部門

  • 研究開発
  • ネットワーク

事業部門

  • マーケティング
  • 営業

管理部門

  • 経営企画
  • 管理
  • 支店・支社

通信業界の求人・転職

通信・インターネット業界では、次々と新しい技術やサービスが登場し、開発競争は激化しています。

エンジニア、デザイナー、プランナー、マーケターなど、幅広い職種で新しい求人が出されています。

5G対応でネットワークエンジニアの需要が大幅に増えることが予想されます。

通信業の給与

区分20~24歳25~29歳42.7歳(平均)
所定内労働時間162時間161時間160時間
残業11時間20時間16時間
月収261,700円329,700円455,200円
年間賞与等380,200円848,800円1,604,300円
年収3,520,600円4,805,200円7,066,700円

(厚生労働省「令和3年賃金構造基本統計調査」より)

転職・就職に役立つ情報通信技術者の種類と分類
情報通信業界では技術の進むスピードが速く、技術者は常に高い求人ニーズがあります。情報処理・通信技術者の種類と分類についてご紹介します。

通信業界の転職活動

転職エージェントなどの転職支援サービスを利用すると、業界や職種に精通したキャリアアドバイザーが転職をサポートしてくれます。

スキル重視の業界ですが、IT未経験からキャリアチェンジのチャンスもあります。

非公開・独自案件の求人紹介だけでなく、企業ごとの書類作成や面接対策のサポートなどで、選考通過率のアップが期待できます。

転職・就職スキルアップ

キャリアごとの転職支援

まとめ

通信会社・インターネット業界ではMVNOの存在などにより業界内のパワー・バランスが急速に変化しています。

商用化された5Gの普及は、新型コロナウイルスの影響もあり、サービスやビジネスでの活用はまだ限られてますが、中長期的にはあらゆる産業での活用が進むと見られています。

通信会社の業績ランキング【売上高・純利益・営業利益率】
通信業界は通信キャリアと電力系事業グループが強い勢力となっています。通信会社の売上高・純利益・営業利益率(決算期21/3)ランキングをご紹介します。
インフラエンジニア初心者に有利なおすすめ資格
インフラエンジニアはネットワークやサーバーなどITインフラを支える技術者です。インフラエンジニアを目指す人に役立つ資格をご紹介します。
転職・就職に役立つ業界天気図一覧(2023年)
採用市場と密接に関わる企業の業績。業界の動向は転職活動を進めるうえで、重要な情報のひとつです。2023年度の主要業界天気図を一覧にしました。

 

【参考】
・総務省WEBサイト
・一般社団法人電気通信事業者協会
・日本経済新聞出版『日経業界地図2023年版』
・東洋経済新報社『四季報業界地図2023年版』