転職に役立つ企業研究の情報収集


転職を考えるとき、現在の会社では実現できないことを叶えたいと考える人が多いはずです。当然、会社を選ぶ視点は、新卒のときとは違ってきます。企業情報をあまり調べずに、転職をしてから、こんなはずではなかったということは避けたいものです。

転職する前にしておきたい企業研究の情報収集について、ご紹介します。

企業情報を収集する方法

上場企業

上場企業には会社情報の適時開示制度があり、財務状況や事業戦略などのIR情報が開示されています。開示された情報は誰でも閲覧できます。IR情報は有価証券報告書や企業のアニュアルレポート、ホームページなどで確認できます。

会社四季報では、すべての上場企業の財務データ、業績予想、事業の状況等を収録しています。投資家に向けた書籍ですが、業績や従業員数、平均年齢、平均年収、定着率など転職・就職にも役立つ情報が豊富です。

会社四季報

会社四季報は、上場企業すべてをカバーする企業情報誌です。春、夏、秋、冬の年4回(3、6、9、12月)発行していて、各社の最新情報を掲載しています。

採用計画に大きく影響する本決算実績、最新の四半期実績、業績予想など、企業の最新状況を確認できます。

営業利益が増えていれば、成長している企業ということがわかり、採用にも積極的であることが予想されます。逆に赤字であれば、採用には消極的で、採用数の減少が予想されます。

確認ポイント

  • 会社の主要な事業、シェア、連結事業などの情報
  • 業績欄の決算実績、業績予想の情報
  • 記事欄の経営戦略、新製品などの情報
  • 本社欄の従業員数、平均年齢、平均年収などの情報
  • 株価欄の高値・安値情報など

非上場企業

上場していない企業には開示義務がなく、情報が集めにくいのですが、会社四季報『未上場会社版』では、知られざるトップシェア企業、ユニークな世界的技術を有する企業、歴史を拓いた業界のパイオニア、上場持株会社傘下の中核事業会社、成長著しいベンチャー企業などを収録しています。

業界全体として非上場企業が多い業界もあります。新聞社、出版社、生命保険、旅行会社などは業界トップ企業でも上場していないことは珍しくありません。

企業全体からみれば、上場企業はごくわずかで、多くの企業は上場していない企業です。知名度ではなく、知られていない優良企業は非上場企業のなかに多く存在しているといえます。

会社四季報『未上場会社版』

株式を公開していない入手困難な企業の情報を収録しています。3、9月の年2回に発刊です。業界地位、保有技術、成長性などの観点から選ばれた12,500社の未上場企業の情報を掲載しています。

事業内容・業績・役員・取引先・採用数など多数の情報が収録されていますので、転職活動にも役立ちます。

未上場企業でも収集する情報は、上場企業と共通する部分が多くあります。企業の基本情報や概要、経営状況、将来性、採用実績などを確認します。

確認ポイント

  • 独立系業界トップ企業
  • 上場持株会社傘下の中核企業
  • 巨大民営化企業
  • 生保・損保会社
  • 外資系企業
  • マスコミ各社
  • 上場廃止・完全子会社化企業
  • 中堅・ベンチャー企業

業界地図

会社を選ぶにあたり、業界選びも重要です。業界を把握するための業界研究を効率的にするためには、「業界地図」がとても便利です。業界ごとに勢力分布図や解説がわかりやすくまとめられています。

志望する業界や企業について、志望動機を伝える材料として、業界研究は外せません。提供する商品・サービス、顧客が個人か企業かなど、仕事を選ぶ大きな判断材料になります。

会社四季報 業界地図

日経 業界地図

確認ポイント

  • 業界の市場全体の拡大・縮小状況を示す業界天気
  • 業界全体の業界規模わかる売上高、出荷量
  • 業界の勢力関係、提携・出資関係がわかる業界地図
  • 従業員数、平均年齢、平均年収、初任給など(書籍による)
  • 担当記者の解説

知人に聞く

希望する業界や企業で、実際に働いている友人や先輩がいれば、話を聞いてみるのがよいでしょう。社風や働く環境などは外からではつかみにくいところです。ただし、同じ会社でも職場や職種によって、環境が大きく異なることもあります。

企業口コミサイト


10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ

企業の口コミを検索できる求人情報サイトです。「会社の評判」から「年収」「残業時間・休日出勤」「人間関係」「社内の恋愛事情」に至るまで社員が書いた裏事情的な口コミ情報をチェックできます。大手16社の横断求人情報、約20万件以上の一括検索も可能です。

サービスの特長

  1. 企業の口コミ情報検索
  2. 他社サイト横断求人検索
  3. 転職サイト同時登録
  4. 面接レポート検索
  5. 求人応募

おすすめポイント

  • 口コミ・年収情報は国内最大級
  • 企業の内情を知ることができる
  • 複数の転職サイトに同時登録できる

まとめ

配属先が決まっていない新卒の就職とは違い、応募先が配属先となっている求人が多い転職では、新卒の就職以上に具体的な志望動機が必要になります。

自分の希望に合った企業を選び、志望動機をしっかり伝えられる材料を見つけるためにも、企業・業界研究をしっかり行うことが大切です。

転職・就職に役立つ業界天気図一覧(2020年)
採用市場と密接に関わる企業の業績。業界の動向は転職活動を進めるうえで、重要な情報のひとつです。2019年度の主要業界天気図を一覧にしました。
応募書類の選考通過率をアップさせる業界研究
経験が浅い同じレベルの20代・第二新卒の応募者にとって、応募書類に差をつけるのは、一歩踏み込んだ情報収集です。応募書類に差がつく業界研究の方法をご紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました