第二新卒・20代の転職志望動機の作り方と例文


転職活動のなかで、何をどのように伝えたらよいか悩むのは志望動機ではないでしょうか。

職務経歴や実績が少ない第二新卒・20代の採用選考では、志望動機が重要なチェック項目のひとつになります。

第二新卒・20代の志望動機では、

「なぜその仕事を選び、応募するのか」
「何ができるのか、したいのか」

について、自分の言葉で伝え、その裏付けとなる適性や強みを自己PRとしてアピールするのが基本です。

第二新卒・20代の志望動機について、作り方と例文をご紹介します。

第二新卒・20代の志望動機の作り方

第二新卒・20代の志望動機のネタ探し

志望動機を作成するには、まず応募企業のどこに魅力を感じたり、注目したのかを書き出します。

その業界で取り扱う製品やサービスなどの商品への興味や前職との関連性、その企業の経営理念や社風、その職種への関心や前職の経験から活かせることなど接点を探してみましょう。

どこに魅力を感じるか?

  • その業界について
  • その企業について
  • その職種・業務について

なぜそう思うのか?

  • 業界・商品の知識から
  • 企業の方向性や特徴から
  • 前職との関連性や顧客の視点から

やりたいこと・貢献できることは?

  • 応募企業で役立つ経験・スキル・資格
  • 入社後にやってみたい仕事や目標、キャリアプラン
  • 短期間で即戦力として活躍できる経験・スキル

裏付けとなる強みは?

  • 活用できる前職の経験
  • 業界の基礎知識や商品知識
  • 適性を示すこれまでの経験

第二新卒・20代の志望動機を書くポイント

志望動機は退職理由の裏返しです。

これまでの仕事では得られなかったもの、転職を考えるきっかけとなった問題や不満を整理して、前向きな目的や目標に転換しておくことが大切です。

上司や職場への不満

上司に不満があっても、そのまま志望動機にするのはNGです。

前の職場ではできなかったことを転職して実現したいと前向きに表現しましょう。

「結果だけ求められて、何の指導もなかった。」
「専門性を身につけて、もっと貢献できる人材に成長したい。」

仕事の不満

仕事に対する不満をそのまま理由にするのもNGです。

前の仕事で得られなかったやりがいや達成感を得られる仕事を目指していることを伝えましょう。

「ずっと同じ仕事内容で成長が感じられなかったので。」
「営業職など目標や数字で、達成感を味わえる仕事に就きたい。」

会社の不満

会社への不満は業界や規模によって、一般的な特徴であれば、マイナスになることはないでしょう。

それでも、不満だけを理由にするのではなく、積極的な理由を入れましょう。

「年功序列で若手が活躍できる機会が少ない会社なので。」
「ベンチャー企業で行動力を活かして、バリバリ働きたい。」

第二新卒・20代の志望動機の書き方

志望動機の書き方は自分の状況や適性に合った内容を選択して、熱意が伝わるように工夫します。

中途採用で重視されるのは、「何ができるのか」「どう貢献できるのか」です。

未経験からの応募や経験が少ない場合には、勉強中の業界資格やスキルをアピールすることも有効です。

  1. できる仕事・やりたい仕事
  2. 達成目標・貢献
  3. 業界・職種の理解
  4. きっかけ・接点
  5. キャリアプラン
  6. 同業他社との比較

前職では実現できない仕事を伝える

転職は前職では実現できない目標のためであることを伝えます。

特に同職種への転職は取扱商品や対象顧客、守備範囲など前職との違いに焦点を当てて説明します。

その会社だからこそ入社したいことを伝える

同業他社の求人もあるなかで、なぜその会社のその仕事に応募したのかを具体的に示します。

退職理由と整合性を持たせて、一貫性のある理由にすることで、説得力がアップします。

どのように貢献できるかを伝える

自分がどのように貢献できるかを具体的に書きます。

未経験者の場合には、活かせる適性やスキルを示して意欲をアピールします。

将来の目標などを通して、勤続意思を表すことも大切です。

第二新卒・20代の志望動機の例文

第二新卒・20代の志望動機は、経験の有無によって伝える内容が異なります。

①経験者の場合

経験者の場合には、前職を批判することはせず、転職しなければ実現できないことを伝えます。

「前職では個人大口資産家を対象に営業を担当してきました。

やりがいはありましたが、すでに出来上がった枠組みのなかでの仕事という、もの足りなさも感じていました。

私はオンライントレードをリードする貴社で、新規顧客を獲得するという新たな挑戦をして、貢献したいと思い、応募を決めました。」

②未経験の場合

未経験の場合には、新たな仕事に興味を持つようになったきっかけと活かせるこれまでの経験やスキルアップの内容を具体的に伝えます。

「前職では営業事務として営業のサポートをしてきました。

繁忙期には店舗で応援をすることがあり、短期間ではありますが、お客様と身近に接することで販売職の魅力を感じました。

私と同世代を顧客層とする貴社の製品に、販売職として貢献できると感じています。

営業事務として培った経験を活かし、短期間で戦力になれるよう頑張ります。」

※履歴書などの書類では「貴社」、面接などの口語は「御社」と使い分けます。

志望動機と自己PRの書き分け

履歴書には志望動機、職務経歴書には自己PRを記載する場合が多いですが、転職サイトでは両方の欄が設けられていることもあります。

志望動機は自己PRと一貫性を持たせることが大切です。

自己PRとつながりのある志望動機を作成することができれば、応募する仕事で貢献できるという説得力が増します。

必要に応じて、志望動機と自己PRを書き分けて、アピールしましょう。

志望動機

  • なぜその仕事を選ぶのか
  • なぜその会社に応募するのか
  • 応募企業で何がしたいのか
  • 入社して何ができるのか

自己PR

  • 応募企業に役立つ経験やスキル
  • 応募企業に貢献できる自分の適性や強み
第二新卒・20代の自己PRの書き方
採用選考においてどのような自己PRが評価されるのでしょうか。新卒との違いをアピールできる第二新卒・20代の自己PRの書き方を解説します。
転職サイト「WEB応募フォーム」の選考を通過する書き方
転職サイトを経由した求人企業への応募は一般的になっています。事実上の一次選考となるWebフォームには選考に通過する書き方があります。

第二新卒・20代の書類作成と面接対策


作成した志望動機に自信が持てなかったり、応募する前にアドバイスしてもらいたい、という人も多いのではないでしょうか。

転職エージェントなどの転職支援サービスを利用すると、業界や職種に精通したキャリアアドバイザーの転職サポートを無料で受けることができます。

第二新卒・20代の採用市場に精通した転職支援サービスを上手に活用して、書類選考に有利な応募書類を作成しましょう。

第二新卒・20代の転職支援

20代の転職市場は活発です。

新卒で入社してから3年程度までの「第二新卒」の市場も拡大しています。

転職支援サービスでは、適性・適職などのアドバイスから優良企業の求人紹介、応募書類の添削、面接対策などのサポートを受けられますので、選考通過率のアップが期待できます。

転職支援サービスのメリット

  • 採用市場に精通したキャリアアドバイザー
  • キャリアの可能性を広げるカウンセリング
  • 非公開・好条件の求人紹介
  • 転職スキルアップのセミナー
  • 企業ごとの書類作成・面接対策 など

キャリアごとの転職支援

まとめ

志望動機に使い古された抽象的なフレーズは使わないようにしましょう。

採用担当は多くの応募書類に目を通しますので、個性のないそっくりな表現は見慣れています。

自分なりのネタを見つけて、マニュアル言葉や決まり文句とは異なるアレンジをすることで、自分らしいアピールができます。

第二新卒(職歴3年未満)の履歴書・職務経歴書の書き方
職歴が浅い人ほど、応募書類の内容が採用・不採用に影響しやすいもの。第二新卒(職歴3年未満)の転職で書類選考を突破する履歴書と職務経歴書の書き方を採用担当の視点から説明します。
職歴1年未満の履歴書・職務経歴書の書き方
職歴1年未満の転職では応募書類に何を書けばいいかわからない、書くことがないと自信を失いがちです。新卒とは違う応募書類の書き方を採用担当の視点から解説します。