医療機器の業界研究


医療機器は先進医療を支えています。

国内では専門化した独自の製品や技術をもとにオンリーワン企業が多く、安定的な成長が期待されています。

新型コロナウイルス感染拡大の影響でオンライン診療の規制が緩和され、遠隔モニタリングの市場拡大が見込まれます。

医療機器産業の転職・就職で押さえておきたい業界の動向、売上高ランキング、採用市場をご紹介します。

医療機器業界の最新動向(2022年)

医療機器とは

医療機関で使用される病状診断、治療、予防用の装置・機器・用品を医療機器といいます。

使用目的などから「診断系医療機器」「治療系医療機器」「その他医療機器」などに分類されます。

高齢化や医療水準の向上に伴い、世界的に成長が見込まれています。

医療費削減に向けては、性能だけでなく、IT活用による早期診断を可能にする技術に期待が高まっています。

医療機器の分類

  • 診断系医療機器
    画像診断システム、画像診断用X線関連措置および用具、生体現象計測・監視システム、医用検体検査機器、施設用機器
  • 治療系医療機器
    処置用機器、生体機能補助・代行機器、治療用または手術用機器、鋼製器具
  • その他医療機器
    歯科用機器、歯科材料、眼科用品および関連製品、衛生材料、衛生用品および関連製品、家庭用医療機器

医療機器の生産金額と構成割合

順位大分類生産金額(百万円)構成割合(%)
1処置用機器529,26527.1
2画像診断システム307,07415.8
3生体機能補助・代行機器295,75815.2
4医用検体検査機器183,2319.4
5生体現象計測・監視システム181,2599.3
6歯科材料130,5116.7
7家庭用医療機器66,6033.4
8眼科用品及び関連製品63,6513.3
9歯科用機器52,2222.7
10画像診断用X線関連装置及び用具45,5702.3
11治療用又は手術用機器40,5082.1
12施設用機器25,5241.3
13鋼製器具22,6811.2
14衛生材料及び衛生用品5,9240.3
総数1,949,779100.0

(厚生労働省「平成30年薬事工業生産動態統計年報」より)

海外大手

  • メドトロニック(アイルランド)
  • ジョンソン・エンド・ジョンソン(米)
  • GEヘルスケア(米)
  • シーメンス(独)
  • フィリップス(蘭)

画像診断

X線CTやMRI、PET、それらの複合機も登場し、市場規模は世界2位。日本企業が強い分野です。

キヤノン

子会社キヤノンメディカルシステムズがCTやX線診断装置などで国内首位。

  • 従業員数:181,897人
  • 平均年齢:43歳

島津製作所

X線撮影装置など。

  • 従業員数:13,308人
  • 平均年齢:43歳

コニカミノルタ

X線装置、超音波診断装置など。

  • 従業員数:40,979人
  • 平均年齢:46歳

内視鏡

オリンパスの消化器内視鏡など世界市場で存在感を発揮している分野です。

オリンパス

消化器内視鏡で世界シェア7割。

  • 従業員数:32,788人
  • 平均年齢:43歳

富士フイルムホールディングス

内視鏡や超音波診断など。日立製作所の画像診断関連事業を買収し、製品を拡充しています。

  • 従業員数:73,275人
  • 平均年齢:46歳

HOYA

内視鏡やコンタクトレンズなど。

  • 従業員数:37,245人
  • 平均年齢:46歳

生体情報モニター

心電図・心拍数、血圧、体温などのバイタルサインを継続的に測定して記録する装置です。

小型化が進み、多様なアプリケーションで活用されています。

日本光電

生体情報モニター国内首位。

  • 従業員数:5,531人
  • 平均年齢:42歳

フクダ電子

生体情報モニター、心電計など。在宅医療支援。

  • 従業員数:3,291人
  • 平均年齢:42歳

オムロン

生体情報モニターや血圧計、電子体温計など。

  • 従業員数:28,254人
  • 平均年齢:45歳

検体検査機器

臨床検査機器、血液検査機器、遺伝子検査装置などが分類されます。

シスメックス

臨床検査機器で国内首位。

  • 従業員数:8,445人
  • 平均年齢:41歳

日本電子

血液分析装置など。

  • 従業員数:3,198人
  • 平均年齢:45歳

日立ハイテク(旧日立ハイテクノロジーズ)

血液分析装置など臨床検査機器。

PHCホールディングス

血糖値測定器など。米投資ファンドの傘下です。

処置・治療機器

チューブ・カテーテル類、放射線治療装置など様々な機器が開発されています。

カネカ

カテーテル、検査機器など。

  • 従業員数:11,272人
  • 平均年齢:41歳

朝日インテック

血管用カテーテルなど。

  • 従業員数:8,930人
  • 平均年齢:36歳

生体機能補助・代行機器

人工心臓やペースメーカー、人工呼吸器、人工関節、透析装置などがあり、医療機器産業の最先端技術を担っています。大半を海外からの輸入に頼っています。

テルモ

心臓血管用品、注射器、カテーテルなど。

  • 従業員数:26,482人
  • 平均年齢:41歳

ニプロ

人工腎臓、透析用品、注射針、カテーテルなど。

  • 従業員数:35,251人
  • 平均年齢:40歳

日機装

人工腎臓、透析装置など。

  • 従業員数:8,789人
  • 平均年齢:42歳

東レ

透析器、血液浄化器など。

  • 従業員数:48,031人
  • 平均年齢:38歳

JMS

輸液セットや透析関連、医療用品。

  • 従業員数:5,604人
  • 平均年齢:40歳

メディキット

人工透析用など留置針の製造。

  • 従業員数:970人
  • 平均年齢:39歳

川澄化学工業

人工腎臓、透析用品、血管内治療器具など。

住友ベークライトの完全子会社化。

医療機器業界の売上高ランキング

医療機器製造

順位企業名売上高(百万円)
1オリンパス730,544
2島津製作所393,499
3シスメックス305,073
4キヤノンメディカルシステムズ287,169
5日本光電工業199,727
6フクダ電子146,756
7フィリップス・ジャパン136,229
8GEヘルスケア・ジャパン122,486
9富士フイルムメディカル106,793
10PHC93,219
11オムロンヘルスケア74,600
12シーメンスヘルスケア72,113
13ニデック36,249
14日立ハイテクマニファクチャ&サービス33,200
15ナカニシ33,055
16泉工医科工業22,693
17マニー15,200
18サクラ精機14,597
参考日立製作所8,729,196
参考コニカミノルタ863,381

医療用品製造

順位企業名売上高(百万円)
1テルモ613,842
2ニプロ455,559
3ジョンソン・エンド・ジョンソン231,934
4スリーエムジャパンイノベーション181,556
5日機装158,542
6日本メドトロニック103,062
7メニコン86,209
8ボストン・サイエンティフィックジャパン78,039
9日本ストライカー70,000
10日本アルコン69,454
11アボットメディカルジャパン66,963
12ジーシー64,429
13旭化成メディカル57,664
14ジェイ・エム・エス57,578
15朝日インテック56,546
16ジンマー・バイオメット55,000
17エドワーズライフサイエンス48,000
18東レ・メディカル43,400
19日本ベクトン・ディッキンソン37,800
20ホギメディカル36,504

医療機器卸売

順位企業名売上高(百万円)
1エム・シー・ヘルスケア290,450
2ムトウ143,098
3八神製作所139,815
4宮野医療器113,660
5小西医療器105,210
6栗原医療器械店102,924
7モリタ95,508
8アイティーアイ88,353
9グリーンホスピタルサプライ82,822
10MMコーポレーション80,885
11協和医科器械73,067
12キシヤ68,031
13アルフレッサメディカルサービス65,891
14ヤマシタヘルスケアホールディングス64,658
15イノメディックス63,841
16カワニシ62,213
17ササキ61,573
18竹山58,819
19三笑堂56,728
20サンメディックス50,820

(帝国データバンク『業界動向2022-Ⅰ』より)

医療機器業界の採用市場

医療機器業界の求人・転職

医療機器業界では営業職の採用が活発です。

未経験者の採用にも積極的ですが、MR経験者が医療機器営業に転職する事例などが目立つようになっています。

異業界からの参入やヘルスケア分野を強化する企業が多く見られ、医療機器業界やMRの経験者が求められています。

業務用機器製造業の給与

区分20~24歳25~29歳43.1歳(平均)
所定内労働時間167時間167時間164時間
残業9時間12時間18時間
月収220,600円262,100円346,600円
年間賞与等498,700円879,900円1,225,400円
年収3,145,900円4,025,100円5,384,600円

(厚生労働省「令和2年賃金構造基本統計調査」より)

医療機器業界の転職活動

転職エージェントの転職支援サービスを利用すると、業界や職種に精通したキャリアコンサルタントが転職をサポートしてくれます。

非公開・好条件の求人紹介だけでなく、専任のキャリアコンサルタントによる企業に応じた書類作成や面接対策などのサポートで、選考通過率のアップが期待できます。

キャリアごとの転職支援

まとめ

医療機器業界では専門特化した企業による住み分けが確立されていますので、比較的安定した業界といえます。

今後は国際競争力の強化が課題になっています。

医薬品・製薬会社の業界研究
医薬品・製薬業界は再編や業務提携などの動きが活発です。医薬品・製薬会社の転職・就職で押さえておきたい業界の動向、売上高ランキング、採用市場をご紹介します。
工場・製造現場で有利なおすすめ資格
工場・製造現場では技術と経験の積み重ねが重視されます。経験の浅い人や未経験者であれば、資格を取得することでキャリアアップや収入アップの可能性が広がります。
転職・就職に役立つ業界天気図一覧(2022年)
採用市場と密接に関わる企業の業績。業界の動向は転職活動を進めるうえで、重要な情報のひとつです。2022年度の主要業界天気図を一覧にしました。
医療法人・病院業界の売上ランキング(2020年)
地域の基幹的な医療機関の病院。医療法人・病院業界の売上、純利益、営業利益率(決算期20/3)ランキングの上位20位までと医療職の転職市場をご紹介します。

 

業界研究・業界地図