調剤薬局の業界研究


調剤薬局は、医師の処方せんが必要な処方薬(医療用医薬品)を販売します。

調剤薬局では、調剤特化から業務を拡充する動きが進んでいます。

全国の薬剤師数の約半数が調剤薬局で働いていて、新卒薬剤師の就職先としてもトップクラスです。

最近ではドラッグストアの調剤参入が目立ち、競争が激化しています。

調剤薬局の転職・就職で押さえておきたい業界の動向、売上高ランキング、採用市場をご紹介します。

調剤薬局の最新動向(2022年)

調剤薬局とは

調剤薬局は、医療機関から発行された処方せんを受け取り、調剤を行う薬局のことです。

医薬分業の推進に伴い、全国各地に調剤薬局が誕生しました。

厚生労働省は医薬分業により医療機関から独立した調剤薬局に対し、薬の管理を通じて、地域の生活者のかかりつけ薬局としての役割を期待しています。

薬剤師が薬のエキスパートとして医療を監視し、サポートする高度な専門職として地位を高め、より質の高い医療サービスが可能になると考えられています。

調剤薬局の種類

  • 門前薬局
    病院に隣接した場所で、その病院からの処方箋を主として取り扱う薬局
  • マンツーマン薬局
    診療所に隣接した場所で、一医院一薬局で対応する薬局
  • 地域薬局
    住宅街や商店街に設置して、様々な医療機関からの処方箋に対応する薬局

薬局・ドラッグストアの区分

業態調剤医薬品資格者
薬局すべての医薬品
(調剤薬、一般用医薬品)
薬剤師
店舗販売業不可一般用医薬品
(薬剤師がいない場合は第1類医薬品以外)
薬剤師または
登録販売者

※店舗販売業:薬局以外の医薬品小売

調剤薬局

調剤報酬改定により大手チェーンに多い「大型門前薬局」の評価適正化が行われ、経営を圧迫しています。

各社は、「かかりつけ薬剤師・薬局」「健康サポート薬局」への対応を急いでいます。

アインホールディングス

調剤薬局最大手。ドラッグストアも展開しています。

  • 従業員数:8,261人
  • 平均年齢:41歳
  • 店舗数:1,134店

日本調剤

調剤薬局2位。門前薬局が中心です。

ジェネリック医薬品の製造にも力を入れています。

  • 従業員数:5,221人
  • 平均年齢:35歳
  • 店舗数:670店

クオールホールディングス

大手調剤チェーン。門前薬局中心から複数の病院に対応できる地域薬局へシフトしています。

  • 従業員数:5,517人
  • 平均年齢:44歳
  • 店舗数:811店

総合メディカルホールディングス

九州地盤。中部や東日本にも店舗を拡大しています。

  • 従業員数:14,081人
  • 店舗数:729店

ファーマライズホールディングス

ファミリーマートと提携。「かかりつけ薬剤師制度」に対応しています。

  • 従業員数:1,555人
  • 平均年齢:45歳
  • 店舗数:347店

アイセイ薬局

「マンツーマン型」あるいは「医療モール型」の地域密着薬局を展開しています。

  • 従業員数:3,597人
  • 店舗数:397店

調剤薬局の売上高ランキング

順位企業名売上高(百万円)
1アインホールディングス292,615
2日本調剤278,951
3クラフト180,000
4クオールホールディングス161,832
5メディカルシステムネットワーク104,257
6総合メディカル103,697
7ファーマみらい64,800
8アイセイ薬局61,278
9ファーマライズホールディングス51,030
10フロンティア50,226
11たんぽぽ薬局44,099
12ファーコス38,770
13メディカル一光グループ31,603
14薬樹30,546
15なの花北海道28,763
16大賀薬局25,905
17日本メディカルシステム23,500
18なの花西日本23,344
19ファーマシィ21,204
20なの花東日本20,899

(帝国データバンク『業界動向2022-Ⅰ』より)

調剤薬局の採用市場

調剤薬局の業務

調剤は薬剤師だけが行える業務ですが、調剤薬局には、調剤以外の業務も数多く存在します。

調剤業務

  • 処方せん鑑査
  • 薬歴・お薬手帳との照合
  • 疑義照会
  • 後発医薬品の希望有無の確認
  • 服薬指導
  • 調製(調剤)
  • 調剤鑑査
  • 薬袋印字
  • 医薬品の受け渡し、会計

調剤以外の業務

  • 薬歴、調剤録、処方せんの保管・管理
  • 調剤報酬請求明細書(レセプト)作成
  • 医薬品の発注
  • 医薬品の在庫管理
調剤薬局事務で有利なおすすめ資格
調剤薬局事務には複数の民間資格があります。調剤薬局事務で有利な資格は?取得しておきたい調剤薬局事務のおすすめ資格と試験内容をご紹介します。
登録販売者の通信講座おすすめスクール
登録販売者はドラッグストアなどで一般用医薬品の販売ができる専門資格として、小売業で注目の国家資格です。登録販売者の通信講座を厳選してご紹介します。

調剤薬局の求人・転職

病院に代わって増えているのが調剤薬局やドラッグストアの求人です。

薬剤師は調剤薬局とドラッグストアとの獲得競争が激化しています。

よりよい条件を求めて調剤薬局の転職市場は非常に活発です。

薬剤師の給与

区分20~24歳25~29歳41.2歳(平均)
所定内労働時間166時間165時間162時間
残業3時間8時間8時間
月収289,400円324,400円394,200円
年間賞与等54,300円674,500円920,900円
年収3,527,100円4,567,300円5,651,300円

(厚生労働省「令和2年賃金構造基本統計調査」より)

調剤薬局の転職支援

人材獲得競争が激しい調剤薬局の転職では、業界の動向に精通した転職支援サービスの利用をおすすめします。

調剤薬局が運営する薬剤師の転職エージェントをご紹介します。

ファルマスタッフ


薬剤師の求人・転職なら「ファルマスタッフ」

東証一部上場の日本調剤グループが運営する転職支援サービスです。

薬剤師の求人・転職・派遣で満足度は90%以上。

派遣を含め、さまざまな働き方から満足できる転職をしたい人へおすすめです。

  • 掲載求人数No.1毎日更新
  • 高収入求人を多数保有
  • 調剤薬局求人に圧倒的な強み
  • 面接同行サービス
  • 独自の教育制度が充実

薬剤師転職ドットコム


東証一部上場アイングループの転職支援サービス 薬剤師転職ドットコム

業界最大級の求人数で非公開求人も多数。

全国の医療機関とのネットワークがあり、全国各地の調剤薬局やドラッグストアの求人に強みがあります。

  • 東証上場グループ企業の手厚いサポート体制
  • 人気エリアの求人を多数保有
  • ドラッグストア求人にも強み
  • 専門コンサルタントのサポート
  • 面接同行サービス

まとめ

調剤薬局で働く薬剤師には、医薬品の専門家としての知識やスキルだけでなく、コミュニケーション能力も求められています。

地域密着の調剤薬局では、実際に患者と向き合い、かかりつけ薬剤師として頼られる存在になるために、信頼関係を築く姿勢が重要になっています。

ドラッグストアの業界研究
ドラッグストア業界は市場の拡大を続けています。ドラッグストアの転職・就職で押さえておきたい業界の動向、売上高ランキング、採用市場をご紹介します。
医薬品・製薬会社の業界研究
医薬品・製薬業界は再編や業務提携などの動きが活発です。医薬品・製薬会社の転職・就職で押さえておきたい業界の動向、売上高ランキング、採用市場をご紹介します。
薬剤師転職エージェントおすすめランキング
薬剤師の転職では専門エージェントの利用が一般的になっています。はじめての転職や第二新卒薬剤師も利用しやすい薬剤師転職エージェントをランキングでご紹介します。
転職・就職に役立つ業界天気図一覧(2022年)
採用市場と密接に関わる企業の業績。業界の動向は転職活動を進めるうえで、重要な情報のひとつです。2022年度の主要業界天気図を一覧にしました。

 

業界研究・業界地図