20代の転職活動にかかる期間・スケジュール


新卒の就職活動は、ほぼ同時期に活動がスタートして、スケジュールもだいたい決まっています。

では、中途採用の転職活動は

「いつスタートすればいい?」
「有利な時期は?」

と悩む人もいるのではないでしょうか。

実際はいつ転職活動をするのがベストなのでしょう。

標準的な転職活動の流れと進め方をご紹介します。

転職活動のスケジュール

企業が中途採用を行う時期

多くの企業では、欠員や必要な人材を補充・充足させるために、中途採用を行っています。

中途採用は主に即戦力を対象とした経験者(キャリア)採用が多いですが、最近では、既卒第二新卒などの若手を対象としたポテンシャル採用も多くの企業で実施するようになっています。

上期・下期の期初を迎える4月、10月の入社に合わせて採用する企業が多いことで、中途採用が活発なのは、3月と9月という傾向があります。

また、夏のボーナスをもらった後に退職する転職希望者の動きに合わせた採用活動で、6月にも動きが活発になるようです。

そうはいっても、欠員が出る時期や新規事業のスタートなどは予測できず、随時、必要に応じて求人は出されます。

中途採用は新規事業やプロジェクトの立ち上げで、求人が出ることも多いので、年間を通じてチャンスがあります。

また、新卒の一括採用を見直す動きが進み、ポテンシャル採用など通年採用方式も拡大しています。

求人が出るタイミング

  • 退職者などの欠員が出たとき
  • 事業拡大に伴い人員を増やすことが必要になったとき
  • 新規事業の立ち上げのために人員を増やすことが必要になったとき など

通年採用方式

4月に一斉入社する新卒採用の定期採用方式に対して、年間を通じて随時採用を行う仕組みが通年採用方式です。

外国大学の卒業生や既卒、第二新卒、専門性の高い人材などの採用を計画的に実施しています。

転職活動をスタートするタイミング

20代が転職活動をする期間は在職中も含めて1~3ヵ月程度です。

入社を目指す日から逆算して、余裕のある計画を立てるのがよいでしょう。

在職中と離職してからの転職活動では、面接日程の調整や引継ぎ期間など考慮する事情が異なります。

会社は急には辞められません。

在職中の人はプロジェクトの終了時期や業務の引継ぎにかかる時間を必ず計算して、転職の期日を設定する必要があります。

20~24歳の転職活動期間

  • 離職期間なし(16.3%)
  • 1ヵ月未満(28.2%)
  • 1ヵ月以上2ヵ月未満(17.5%)
  • 2ヵ月以上4ヵ月未満(12.9%)
  • 4ヵ月以上6ヵ月未満(4.5%)
  • 6ヵ月以上8ヵ月未満(1.5%)
  • 8ヵ月以上10ヵ月未満(1.3%)
  • 10ヵ月以上(8.4%)

25~29歳の転職活動期間

  • 離職期間なし(21.5%)
  • 1ヵ月未満(30.6%)
  • 1ヵ月以上2ヵ月未満(12.5%)
  • 2ヵ月以上4ヵ月未満(18.1%)
  • 4ヵ月以上6ヵ月未満(4.0%)
  • 6ヵ月以上8ヵ月未満(3.3%)
  • 8ヵ月以上10ヵ月未満(2.0%)
  • 10ヵ月以上(3.5%)

(厚生労働省「令和2年転職者実態調査」より)

在職中の転職活動の流れ

仕事を続けながら転職活動をする場合には、自分の状況に合わせて、計画的に進めることが大切です。

スケジュールの目安(例)

  1. 転職の準備期間(1~2ヵ月)
  2. 応募から面接までの転職活動(1~2ヵ月)
  3. 内定から最終確認
  4. 入社決定から退職準備(1~2ヵ月)

転職の準備期間

実際の転職活動をスタートさせる前に1~2ヵ月の準備期間、構想期間があるとよいでしょう。

方向性を明確にすることで、目標が明確になります。

キャリアの棚卸しをする

キャリアの棚卸しとはこれまでの職務経験を振り返り、これからのキャリアプランを立てたり、見直したりすることです。

転職活動のためのキャリア棚卸し方法
転職活動をする前には、キャリアの棚卸しを行うことが大切です。経験が浅い20代・第二新卒こそ、キャリアの棚卸しを行うことで転職の方向性が明確になります。

自己分析をする

キャリアの棚卸しをすることで、自分の強みや弱み、ゆずれないことなどが見えてきます。

転職の方向性を決める

キャリアの方向性が明確になれば、どのような転職をすることで、希望するキャリアを実現することができるかがわかってきます。

業界や企業研究をする

希望する業界や企業の動向を調べて、転職する時期を決定します。

業界・企業研究で得た情報は、転職活動中にも役立ちます。

転職・就職に役立つ業界天気図一覧(2023年)
採用市場と密接に関わる企業の業績。業界の動向は転職活動を進めるうえで、重要な情報のひとつです。2023年度の主要業界天気図を一覧にしました。

応募から面接までの転職活動

応募先を決めるところから具体的な活動がスタートします。

一般的に書類選考、面接の採用選考を経て、採用が決定します。

情報収集をする

応募する求人情報を収集します。

情報を収集するには、さまざまな方法がありますが、ひとつの方法ではなく、いくつか組み合わせて行われます。

求人サイトと転職エージェントの上手な使い方
転職活動ではほとんどの人が求人サイトや転職エージェントなどの転職サービスを利用しています。求人サイトと転職エージェントの上手な使い方をご紹介します。

応募する

応募先を決めて、応募します。

履歴書職務経歴書などの応募書類を作成します。

面接を受ける

中途採用では、書類選考に通過した人だけが面接に進めるのが一般的です。

求められていることを理解して、アピールできることが大切です。

キャリア採用・転職面接の流れと必ずされる質問
転職の採用選考では書類選考を通過した人に対して面接が行われます。新卒採用のような人物確認ではなく、経験や実績、スキルなどを確認することを目的としています。

内定から最終確認

内定から受諾まで、新卒採用のようには待ってもらえません。

長くても10日程度で決断できるような準備をしておきましょう。

条件の確認

内定・採用通知の内容を確認します。

オファーレターや雇用契約書の内容が自分の認識と合致しているかの最終確認をします。

雇用契約書に同意する前の確認ポイント
労働条件を通知する「労働条件通知書」に対して、内容に同意したことを双方で確認するものが「雇用契約書」です。トラブルを避けるためによく確認することが必要です。

退職・入社の準備

現在の会社を辞められる期間を考慮して、転職先の入社日を決める必要があります。

引き継ぎ等がスムーズに進められないとトラブルになる可能性があります。

退職の意思表示

上司に退職の意思を伝えて、就業規則など社内ルールに従って退職願を提出します。

退職までに残っている年次有給休暇を取得したい人は、業務の引き継ぎ期間も考慮して、退職を伝えるタイミングを考えましょう。

転職の採用内定から退職・入社までにすること
企業から採用内定が出ても転職活動はまだ終わりではありません。内定が出てから転職先への入社を決めて、退職するまでのステップを着実に越えていきましょう。
円満退社できる退職願の出し方とは
会社や上司に退職を伝えるのはプレッシャーやストレスに感じる人も多い局面ですが転職活動では避けては通れない道。円満な退職願の出し方を知っておきましょう。

在職中の転職活動

仕事を続けながら、転職活動を行う人は多くいます。

在職中に転職活動を行う場合は、メリット・デメリットを理解して、活動を進めるようにしましょう。

メリット・デメリット

  • 収入を維持したまま転職活動ができる
  • あせらず転職先を探すことができる
  • 転職(退職)理由を説明しやすい
  • 入社日など希望を交渉できる
  • 面接日や面接時間など調整が難しい
  • 会社を休んで面接に行かざるを得ない場合がある
  • 入社日に対応できない可能性がある
  • 会社に知られないように活動しなければならない

退職後の転職活動

仕事を辞めてから転職活動をする人の多くは、短期間で転職を決めています。

退職後の転職活動では、特にデメリットを理解して、できるだけリスクの少ない活動をするようにしましょう。

メリット・デメリット

  • じっくり企業研究することができる
  • 面接や転職フェアなど日程調整が容易
  • 入社日にすぐ対応できる
  • スキルアップや資格取得ができる
  • 給与収入がなくなる
  • 離職期間が長くなると、ブランクの説明が難しい
  • 決まらない不安とストレスが大きい
  • 時間管理ができないと生活が乱れる

20代・第二新卒の転職市場

20代・第二新卒の転職活動

20代の転職市場は活発です。

転職市場には「第二新卒」という新卒で入社してから3年程度までの求職者の市場もあります。

新卒だけでなく、既卒や第二新卒のポテンシャル採用にも積極的な企業が増え、求人数も豊富になりました。

第二新卒は社会人としてのビジネスマナーを身につけていること、柔軟性や成長性があることをメリットとして求人企業はとらえていますので、キャリアチェンジのチャンスが多くあります。

20代の採用市場に強い転職支援サービスを利用すると、採用選考に有利な転職サポートを無料で受けることができます。

適性・適職などのアドバイスから優良企業の求人紹介、応募書類の添削、面接対策などのサポートを受けられますので、選考通過率アップの可能性が高くなります。

転職支援サービスのメリット

  • キャリアの可能性を広げるカウンセリング
  • 非公開・好条件の求人紹介
  • 業界や職種に精通したキャリアアドバイザー
  • 企業ごとの書類作成・面接対策のサポート
  • 転職スキルアップのセミナー など

キャリアごとの転職支援

まとめ

転職にベストなタイミングは、その人の置かれた状況や希望する業界・職種によって最終的に決まります。

20代の2割の人は離職期間なしで転職を決めています。

転職活動のタイミングについて考えている人は、できるだけ在職中に転職活動をスタートして、内定を獲得することをおすすめします。

参考:厚生労働省WEBサイト

転職活動の前にまずやっておきたいこととは?
仕事に慣れてきた頃にこのままでいいのか疑問や不安を感じることは誰にでもあります。転職を考え始めた人はまず行動計画を立ててみましょう。
転職の求人情報を探すには
20代・第二新卒の転職先を探すには、いろいろな窓口を積極的に活用することをおすすめします。代表的な求人情報についてメリット・デメリットをご紹介します。