マンションの業界研究


マンションに関しては、デベロッパーや販売、仲介、管理会社などが事業を行っています。

新型コロナウイルスの影響で働き方が変わり、住宅のあり方にも変化が見られるようになっています。

マンション関連の転職・就職に役立つ業界の動向、売上高ランキング、採用市場をご紹介します。

スポンサーリンク

マンション業界の最新動向(2021年)

マンション業界

マンション事業には新築の開発・販売、中古の売買仲介、管理、改修などがあります。

好調だったマンションの売れ行きは、新型コロナウイルス感染拡大の影響で発売戸数が減少しています。

一方で、テレワークの広がりにより郊外物件に注目が集まっています。

中古マンション

新築マンション市場は縮小傾向にありますが、中古マンション市場は拡大を続けています。中古マンションの買取、転売には多くの不動産会社が参入しています。

総合デベロッパー

用地費や建築費の上昇、用地取得競争の激化などにより新築マンション価格は高騰し、高止まりしています。

住友不動産

総合デベロッパー。ブランドを多数展開しています。発売戸数首位を継続中。

  • 従業員数:13,676人
  • 平均年齢:43歳

野村不動産

「プラウド」は主力ブランド。郊外ファミリー向けは「オハナ」を展開しています。

  • 従業員数:2,122人

三井不動産レジデンシャル

「パークホームズ」などのブランドを展開。

  • 従業員数:1,877人

三菱地所レジデンス

「ザ・パークハウス」などのブランドを展開。

  • 従業員数:1,070人

東急不動産

東急沿線を中心に展開。

  • 従業員数:804人

東京建物

「ブリリア」などのブランドを展開。

  • 従業員数:5,403人
  • 平均年齢:42歳

マンション専業

マンション価格の高騰により売れ行きは鈍化。コロナ禍での営業自粛により発売戸数はさらに縮小すると見られます。

プレサンスコーポレーション

関西地盤。投資用中心からファミリー向けやタワーマンションなど事業領域を拡大しています。

  • 従業員数:665人
  • 平均年齢:32歳

エスリード(旧日本エスリード)

森トラストの子会社。近畿圏に展開しています。

  • 従業員数:314人
  • 平均年齢:32歳

タカラレーベン

「レーベン」などのブランドを展開。

  • 従業員数:973人
  • 平均年齢:36歳

穴吹興産

「アルファ」ブランドを展開。

  • 従業員数:1,430人
  • 平均年齢:35歳

異業種系

マンション以外の事業を柱とする企業もマンション開発を行っています。

大和ハウス工業

戸建てや賃貸住宅建設など。

  • 従業員数:47,133人
  • 平均年齢:39歳

積水ハウス

戸建てや大型再開発など。

  • 従業員数:27,397人
  • 平均年齢:43歳

近鉄不動産

近鉄グループホールディングスの不動産事業。

  • 従業員数:888人

飯田グループホールディングス

戸建てメーカー。「プレシス」「センチュリー」などのブランドを展開。

  • 従業員数:9,581人
  • 平均年齢:43歳

新日本建設

「エクセレントシティ」ブランドを展開。

  • 従業員数:564人
  • 平均年齢:37歳

マンション管理

管理費や修繕費用が上昇するなか、管理員や清掃員の人手不足が課題となっています。

日本ハウズイング

独立系管理会社。大手以外の分譲マンション管理で有力。

  • 従業員数:5,704人
  • 管理戸数:459,551戸

大京アステージ

オリックスが子会社化。

  • 従業員数:1,406人
  • 管理戸数:429,576戸

長谷工コミュニティ

ゼネコン系。自社分譲のほか自社施工マンション管理を受託。

  • 従業員数:1,334人
  • 管理戸数:366,793戸

東急コミュニティ

東急不動産の分譲マンション管理。

  • 従業員数:8,075人
  • 管理戸数:341,041戸

マンション業界の売上高ランキング

住宅(マンション)業

順位企業名売上高(百万円)
1住友不動産1,013,229
2野村不動産486,108
3三井不動産レジデンシャル319,403
4三菱地所レジデンス302,180
5東京建物273,302
6東急不動産264,905
7プレサンスコーポレーション160,580
8タカラレーベン132,005
9日鉄興和不動産127,700
10近鉄不動産123,290
11阪急阪神不動産114,708
12コスモスイニシア104,606
13穴吹興産90,284
14フージャースホールディングス89,882
15新日本建設88,633
16高松建設66,964
17大京66,279
18日本エスリード57,195
19東レ建設53,099
20明和地所49,971

(帝国データバンク『業界動向2020-Ⅰ』より)

マンション業界の採用市場

マンション業界の資格

マンション業界には資格がないとできない業務もあります。資格を取得していることでマンション業界で必要とされる知識や技能を証明することができます。

マンション管理士

マンション管理士は専門的知識をもって、マンション問題の解決を支援する国家資格です。

管理組合の運営、建物構造上の技術的問題等マンションの管理に関して、管理組合の管理者等またはマンションの区分所有者等の相談に応じ、助言、指導その他の援助を行います。

管理業務主任者

管理業務主任者はマンションの管理業務を行うための国家資格です。

マンション管理士がマンションの管理運営において、適切な助言等の支援を行うのに対して、管理業務主任者は、マンション管理業者の事務所ごとに設置が義務づけられ、マンション管理業務の的確な実施を目的としています。

宅地建物取引士

宅地建物取引士は不動産取引を行うために必要な資格です。不動産業界だけでなく関連する業界での評価も高い資格です。

インテリアコーディネーター

インテリアコーディネーターは住空間をトータルコーディネートする資格です。資格を取得することで業務の幅を広げることができます。

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーは営業職での取得が増えている資格です。金融商品、保険・年金、ローン、不動産、税金などの知識を業務に活用できます。

マンション業界で有利なおすすめ資格
マンションは住宅のなかでも重要な位置を占めています。マンション管理会社やマンション分譲会社、不動産会社などマンション業界で役立つ資格をご紹介します。

転職のためのスキルアップ

マンション管理士と管理業務主任者は、試験内容が重なっているためダブル取得も可能な資格です。

また宅地建物取引士の知識があると、取得しやすい資格ですので、3つすべての資格取得を目指す人もいます。

転職や就職に資格を活かしたい場合には、自分の目指す業界に直接結びつく資格、必要な資格から取得しましょう。

資格取得の方法

資格を取得するには、独学や資格・通信講座で勉強する方法があります。短期間で効率的に資格取得を目指すのであれば、試験に対応したお手頃価格の通信講座を上手に活用することをおすすめします。

マンション業界の求人・転職

新築だけでなく、リノベーション物件の人気が高まり、住宅内装リフォームインテリアなど技術者が不足しています。

営業系の求人は未経験第二新卒の採用にも積極的な企業が増えています。

不動産取引業の給与

区分20~24歳25~29歳39.0歳(平均)
所定内労働時間168時間166時間163時間
残業13時間15時間10時間
月収262,600円318,700円393,300円
年間賞与等304,100円983,900円1,398,400円
年収3,455,300円4,808,300円6,118,000円

(厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査」より)

20代・第二新卒の転職支援

まとめ

マンションはこれまで利便性が重視されてきましたが、テレワークの普及によりマンションに求められるものが変化していく可能性があります。

住宅・ハウスメーカーの業界研究
住宅業界は時代とともに変化する住宅ニーズに対応していくことが求められます。ハウスメーカーの転職・就職で押さえておきたい業界の動向、売上高ランキング、採用市場をご紹介します。
転職・就職に役立つ業界天気図一覧(2021年)
採用市場と密接に関わる企業の業績。業界の動向は転職活動を進めるうえで、重要な情報のひとつです。2021年度の主要業界天気図を一覧にしました。

 

業界研究・業界地図
タイトルとURLをコピーしました