小売(百貨店・スーパー・コンビニ等)業界研究


小売業界は再編統合を繰り返し、勢力図を塗り替えています。日々変化する小売業界の転職・就職で押さえておきたい業界の動向、業績ランキング、採用市場をご紹介します。

小売業界の最新動向(2019年)

小売業界の現状

小売業界はイオングループとセブン&アイ・ホールディングスの二強時代になっています。ネット通販との競争が課題となっており、オムニチャネルの構築に力を入れています。

小売業界

  • 百貨店
  • スーパー
  • コンビニ
  • ドラッグストア
  • 家電量販店

百貨店

百貨店は主要都市を中心に店舗展開する全国展開型百貨店と地元に密着した地方百貨店に大別されます。市場縮小が続くなか、経営統合や業務提携など業界再編が続いています。

LCCの普及などで訪日外国人客は増加し、免税品売上高を伸ばしています。一方、地方では苦戦が続いています。

三越伊勢丹ホールディングス

百貨店最大手。東京都内にある新宿伊勢丹、日本橋三越、三越銀座店がグループの売上高の大半を占めています。

  • 従業員数:14,269人

J.フロント リテイリング

大丸と松坂屋が経営統合。プラザやパルコを買収して子会社化しています。

  • 従業員数:6,723人
  • 平均年齢:46歳

高島屋

独自路線を貫く老舗。シニア層に強みがあります。

  • 従業員数:7,569人
  • 平均年齢:46歳

エイチ・ツー・オー リテイリング

関西地盤の阪急阪神東宝グループ。関西ドミナント戦略を展開しています。

  • 従業員数:8,868人
  • 平均年齢:47歳

そごう・西武

セブン&アイ・ホールディングス傘下。業務改革を進めています。

近鉄百貨店

近鉄沿線に店舗を展開。「あべのハルカス」を開業しました。

  • 従業員数:2,323人
  • 平均年齢:43歳

丸井グループ

小売・店舗、カード、小売関連サービス事業を展開しています。

  • 従業員数:5,548人
  • 平均年齢:41歳

私鉄系百貨店

  • 東急百貨店
  • 東武百貨店
  • 小田急百貨店
  • 京王百貨店

地方

  • 札幌丸井三越:札幌市
  • 藤崎:仙台市
  • 大和:金沢市
  • 遠鉄百貨店:浜松市
  • 天満屋:岡山市
  • 福屋:広島市
  • 井筒屋:北九州市
  • 岩田屋三越:福岡市
  • トキハ:大分市
  • 山形屋:鹿児島市

スーパー

スーパー業界では、総合スーパー(GMS)は苦戦しています。食品スーパーが存在感を増していますが、食品売り場を拡大したコンビニやドラッグストアなどとの競争は激化し、慢性的な人手不足も深刻です。セミセルフレジの導入や発注システムの刷新など対応に追われています。

イオン

スーパー首位。PB「トップバリュ」の強化に力を入れています。

  • 従業員数:143,374人
  • 平均年齢:46歳

セブン&アイ・ホールディングス

スーパー2位。コンビニ事業がグループを支えています。

  • 従業員数:56,606人
  • 平均年齢:44歳

ユニー・ファミリーマートホールディングス

ユニーグループ・ホールディングスとファミリーマートが経営統合。

  • 従業員数:17,777人
  • 平均年齢:46歳

ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス

首都圏食品スーパー最大手。マルエツ、カスミ、マックスバリュ関東など。

  • 従業員数:7,108人
  • 平均年齢:50歳

有力スーパー

  • イズミ
  • ライフコーポレーション
  • バローホールディングス
  • アークス
  • ヤオコー
  • 平和堂
  • サミット
  • 東急ストア
  • オオゼキ
  • 関西スーパーマーケット
  • 成城石井
  • 東武ストア

コンビニエンスストア

コンビニエンスストアは食料品のほか、日用雑貨などを扱う小型の小売店で、日本ではフランチャイズチェーン方式での24時間営業が主流です。各社はプライベートブランド商品の開発に力を入れています。

コンビニ業界の市場規模は拡大を続けていますが、1店舗当たりの来店客数は減少しています。

大手3社でシェア9割

  1. セブン-イレブン・ジャパン
  2. ファミリーマート
  3. ローソン
  4. ミニストップ
  5. JR東日本リテールネット
  6. デイリーヤマザキ
  7. セコマ
  8. スリーエフ
  9. ポプラ
  10. シー・ヴイ・エス・ベイエリア
コンビニエンスストア業界研究
コンビニ業界は発展を続ける一方で、人材不足など経営環境は厳しさを増しています。コンビニ業界の転職・就職で押さえておきたい業界の動向、売上高ランキング、採用市場をご紹介します。

ホームセンター・ディスカウントストア

ホームセンター

  • DCMホールディングス
  • カインズ
  • コメリ
  • コーナン商事
  • ナフコ
  • LIXILビバ
  • ジョイフル本田
  • 島忠
  • ケーヨー

ディスカウントストア

  • ドンキホーテホールディングス
  • トライアルホールディングス
  • MrMaxホールディングス
  • Olympicグループ
  • PLANT

100円ショップ

  • 大創産業(ザ・ダイソー)
  • セリア
  • キャンドゥ
  • ワッツ

小売業界の業績ランキング

百貨店

順位 企業名 営業収益(百万円)
1 高島屋 923,601
2 そごう・西武 760,692
3 三越伊勢丹 684,795
4 大丸松坂屋百貨店 646,990
5 阪急阪神百貨店 428,174
6 近鉄百貨店 266,477
7 東急百貨店 196,292
8 小田急百貨店 142,301
9 東武百貨店 141,855
10 ジェイアール東海高島屋 129,338
11 丸井 123,294
12 岩田屋三越 116,161
13 天満屋 88,486
14 松屋 86,337
15 京王百貨店 84,853
16 井筒屋 79,649
17 ジェイアール西日本伊勢丹 75,805
18 名古屋三越 66,998
19 札幌丸井三越 63,768
20 鶴屋百貨店 57,173

総合スーパー

順位 企業名 営業収益(百万円)
1 イオンリテール 2,185,341
2 イトーヨーカ堂 1,255,017
3 ユニー 742,032
4 イズミ 702,121
5 平和堂 437,587
6 フジ 317,381
7 ベイシア 280,322
8 イズミヤ 203,437
9 イオン九州 236,410
10 イオン北海道 184,511

コンビニエンスストア

順位 企業名 売上高(百万円)
1 セブン-イレブン・ジャパン 4,515,605
2 ファミリーマート 3,009,363
3 ローソン 2,157,951
4 ミニストップ 340,492
5 JR東日本リテールネット 194,065
6 JR西日本デイリーサービスネット 79,402
7 デイリーヤマザキ 68,515
8 ローソンストア 58,600
9 ポプラ 33,270
10 JR九州リテール 31,484

ホームセンター

順位 企業名 売上高(百万円)
1 DCMホールディングス 443,369
2 カインズ 403,500
3 コメリ 329,588
4 コーナン商事 304,789
5 ナフコ 231,040
6 LIXILビバ 183,105
7 DCMホーマック 178,386
8 ジョイフル本田 158,737
9 島忠 149,987
10 ケーヨー 146,896

ディスカウントストア

順位 企業名 売上高(百万円)
1 ドンキホーテホールディングス 759,592
2 大創産業 424,034
3 トライアルカンパニー 370,974
4 ダイレックス 179,944
5 長崎屋 157,101
6 セリア 145,328
7 大黒天物産 145,118
8 ミスターマックス 108,373
9 Olympicグループ 108,240
10 イオンビッグ 90,956

(帝国データバンク『業界動向2018-Ⅰ』より)

小売業界の採用市場

小売業界の求人・転職

店長、販売スタッフ、スーパーバイザー、エリアマネージャー、流通専門職など小売業界の求人ニーズはピークに達しています。特にコンビニエンスストアや小型スーパーの販売職は超・売り手市場です。業界では、セミセルフレジや発注システムなどIT化に取り組み、未経験からでも短期間で戦力化できる対策が進められています。

各種商品小売業の給与

区分 20~24歳 25~29歳 44.0歳(平均)
所定内労働時間 165時間 163時間 162時間
残業 9時間 11時間 7時間
月収 213,100円 237,800円 309,200円
年間賞与等 370,000円 492,100円 813,800円
年収 2,927,200円 3,345,700円 4,524,200円

(厚生労働省「平成29年賃金構造基本統計調査」より)

転職・就職のためのスキルアップ


販売士(リテールマーケティング)講座

販売士(リテールマーケティング)は、販売や接客はもちろん、仕入、マーケティング、店舗管理、経営管理などを含む、流通・小売分野で唯一の公的資格です。

  • わかりやすいビデオ・音声講座
  • 段階的なアウトプット学習
  • 本番形式の模擬試験

まとめ

人手不足を受けて、小売業界では業務の効率化、省力化だけでなく、働きやすい環境を実現するための取り組みに注力する企業が増えています。接客・販売職からの離職を減らし、転職を希望する人を増やす効果が期待されます。

流通・小売業界で有利なおすすめ資格
流通・小売業界は、少子高齢化やライフスタイルの変化、急速なIT化などにより大きく変化しています。急激に環境が変化しているからこそ、流通・小売業界の転職では資格が役立ちます。
転職・就職に役立つ業界天気図一覧(2019年)
採用市場と密接に関わる企業の業績。業界の動向は転職活動を進めるうえで、重要な情報のひとつです。2019年度の主要業界天気図を一覧にしました。

 

業界研究・業界地図

コメント

タイトルとURLをコピーしました