総合小売業界の売上高ランキング(2021)


小売業界はこれまでにないスピードで業界の再編が加速し、業界勢力図が変化しています。

競争が激化する総合小売業界の売上高・純利益・営業利益率ランキング(決算期21/3)をご紹介します。

総合小売業界の業績

各種商品小売の売上高ランキング

順位企業名年商(百万円)
1イオンリテール1,967,223
2イトーヨーカ堂1,080,934
3セブン-イレブン・ジャパン850,291
4ドン・キホーテ704,047
5イズミ634,582
6ユニー617,431
7オーケー508,975
8カインズ485,400
9ヨークベニマル469,057
10コーナン商事397,622
11マルエツ395,457
12平和堂389,765
13ファミリーマート384,410
14コメリ371,227
15トライアルオペレーションズ367,087
16ローソン354,825
17イオン九州348,184
18イオン北海道338,456
19サミット319,409
20生活協同組合コープさっぽろ316,042
21ダイエー310,148
22ベイシア305,927
23フジ300,290
24カスミ288,016
25生活協同組合コープこうべ279,101
26オークワ275,303
27マックスバリュ西日本273,496
28ダイレックス255,714
29ナフコ234,578
30ジャパネットたかた230,000
31イオン東北217,235
32東急ストア216,448
33いなげや213,918
34ビバホーム207,747
35セリア200,682
36イオンビッグ196,671
37サンエー195,398
38長崎屋193,562
39サンリブ187,822
40ヨーク183,703
41三和164,000
42ジュピターショップチャンネル161,052
43アイリスプラザ158,782
44島忠153,539
45イズミヤ144,656
46みやぎ生活協同組合143,071
47ラルズ140,830
48JR東日本クロスステーション135,668
49ユニバース132,651
50ジョイフル本田130,815

各種商品小売の純利益ランキング

順位企業名純利益(千万円)
1セブン-イレブン・ジャパン194,479,000
2ユニー28,908,000
3カインズ23,800,000
4オーケー21,379,000
5コメリ19,464,000
6コーナン商事18,160,000
7イズミ17,461,000
8QVCジャパン16,068,000
9ローソン15,894,000
10セリア14,726,000
11ジュピターショップチャンネル13,942,000
12ドン・キホーテ13,239,000
13ナフコ11,688,000
14ジョイフル本田10,949,000
15ベイシア10,351,000
16サミット10,023,000
17平和堂9,486,000
18ダイレックス8,297,000
19ヨークベニマル7,845,000
20アイリスプラザ7,592,000

各種商品小売の営業利益率ランキング

順位企業名営業利益率
1まさめや28.5
2セブン-イレブン・ジャパン27.4
3ブティックス22.0
4北の達人コーポレーション21.9
5クラシコム15.3
5EXJ15.3
7スクロール14.0
8山田養蜂場10.8
9セリア10.6
10アークランドサカモト10.2
11ECH9.8
12ライズクリエイション9.5
13にっしんれん事業所8.9
14万通商事8.2
15タカヨシ8.0
16協和物産7.9
16スペースワン7.9
18ナフコ7.8
18山陽ハイクリーナー7.8
20ベルーナ7.7

(帝国データバンク『全国企業あれこれランキング2022』より)

小売業界の動向

小売業界は再編統合を繰り返し、勢力図を塗り替えています。

新型コロナウイルスの影響により業界再編が加速する可能性が高まっています。

百貨店の動向

百貨店は訪日外国人観光客の需要で大都市は堅調でしたが、新型コロナで売上は急減しました。

地方・郊外店はより厳しい状況となっています。

百貨店・デパートの業界研究
百貨店業界は売上が減少し厳しい状況が続いています。百貨店・デパートの転職・就職で押さえておきたい業界の動向、収益ランキング、採用市場をご紹介します。

スーパーの動向

スーパーは、異業種との競争が激しさを増しています。

リアル店舗だけでなく、ネット販売も含めた新たな競争が始まっています。

スーパーマーケットの業界研究
スーパー業界は異業種との競争が激化しています。環境変化に対応するスーパーの転職・就職で押さえておきたい業界の動向、収益ランキング、採用市場をご紹介します。

コンビニエンスストアの動向

コンビニエンスストアは、人手不足に伴う人件費の高騰などで悪化した加盟店の収益改善が急務となっています。

規模拡大から既存店強化に方針転換する動きが見られます。

コンビニエンスストアの業界研究
コンビニ業界は人手不足など経営環境は厳しさを増しています。コンビニストアの転職・就職で押さえておきたい業界の動向、売上高ランキング、採用市場をご紹介します。

ホームセンター・ディスカウントストアの動向

ホームセンター・ディスカウントストア業界は、コロナ禍による巣ごもり需要が追い風となり客数を増やしました。

大手による再編・提携の動きが活発です。

ホームセンター・ディスカウントストアの業界研究
ホームセンター・ディスカウントストアは競争が激化しています。転職・就職で押さえておきたい業界の動向、売上高ランキング、採用市場をご紹介します。

専門店の動向

ドラッグストアは高齢化社会と健康志向の高まりで成長を続けています。

調剤事業を強化し、地域のヘルスケアステーションとして医療ニーズの取り込みを進めています。

家電量販店はネット通販の台頭により、実店舗を中心とするビジネスモデルの変化を迫られています。

事業を見直し、新たな収益源を模索する動きも目立っています。

ドラッグストアの業界研究
ドラッグストア業界は市場の拡大を続けています。ドラッグストアの転職・就職で押さえておきたい業界の動向、売上高ランキング、採用市場をご紹介します。
家電量販店の業界研究
家電量販業界は世界的な市場に成長しました。成熟期を迎える家電量販店の転職・就職で押さえておきたい業界の動向、業績ランキング、採用市場をご紹介します。

通信販売の動向

通信販売はネット通販が市場をけん引しています。

ネット通販の成長で業界の垣根を越えた競争が厳しさを増しています。

通信販売・ネット通販の業界研究
通信販売は販売方法として定着しています。ネット通販など成長を続ける通信販売の転職・就職で押さえておきたい業界の動向、売上高ランキング、採用市場をご紹介します。

転職・就職のためのスキルアップ

小売業界では顧客のニーズが多様化し、接客技術を店舗競争力のひとつとして、強化しています。

販売士(リテールマーケティング)の資格は、販売に必要な商品知識や販売技術、仕入や在庫管理、マーケティングなど、高度で専門的な知識を持つ人材としてアピールできます。

スマホで学べるスタディング 販売士講座では、短期間で効率的に学べるカリキュラムを提供しています。

資格取得のメリット

  • 小売業界唯一の公的資格
  • ビジネスパーソンとしてのスキルアップ
  • マネジメントスキルも身につく

利用者の声

市販のテキスト等は一切購入しないで、こちら1本で合格することができました。文字を書くことがあまり好きではないので(笑)スマホを見て、問題に解答していくだけで本当に楽しみにできたことが、高得点での短期合格につながったと思います。(販売士2級合格)

まとめ

小売業界では少子高齢化による市場の縮小で競争が激化し、業界の再編が加速しています。

将来の発展のために実店舗やオンラインショップの販売・流通チャネルを統合するオムニチャネルなどの経営戦略や新しい事業の育成に力を入れています。

流通・小売業界で有利なおすすめ資格
流通・小売業界は少子高齢化やライフスタイルの変化、IT化などにより大きく変化しています。急激に環境が変化している流通・小売業界の転職では資格が役立ちます。