自動車部品の業界研究


自動車は製造業をけん引する日本産業の柱であり、多くの雇用が生み出されています。

自動車メーカーは部品を供給する多くの自動車部品メーカーによって支えられています。

自動車部品産業の転職・就職で押さえておきたい業界の動向、売上高ランキング、採用市場をご紹介します。

自動車部品業界の最新動向(2022年)

自動車部品業界

自動車1台に3万点に上る部品が使われるといわれる自動車産業では、多くの部品メーカーが完成車メーカーを支える構造になっています。

部品メーカーは、ブレーキや電線、ゴム部品などを自動車メーカーに供給しています。

部品メーカーの多くは、特定の自動車メーカーの企業グループ「企業系列」に属しています。

自動車部品は、電動化や自動運転など次世代技術「CASE」への対応が急がれています。

電動化

電気自動車(EV)が普及すると、現在約3万点ある部品の1万点ほどは不要になるといわれています。

部品メーカーは新たな技術革新を迫られています。

特にエンジン部品は需要の縮小が確実なため、成長が見込める領域へのシフトが急務となっています。

世界の自動車部品メーカー(2020年)

  1. ボッシュ(独)
  2. デンソー(日)
  3. ZF(独)
  4. コンチネンタル(独)

トヨタ自動車系

トヨタ自動車グループでは、自動運転の制御技術を開発する新会社を設立しました。

次世代技術対応の研究開発を急いでいます。

デンソー

自動車部品国内最大手。電装品全般に強みがあります。

  • 従業員数:168,391人
  • 平均年齢:44歳

アイシン

自動車部品国内2位。アイシン精機とアイシン・エィ・ダブリュが統合しました。

電動化対策を急いでいます。

  • 従業員数:118,359人
  • 平均年齢:39歳

豊田自動織機

トヨタグループの発祥企業。

  • 従業員数:66,947人
  • 平均年齢:41歳

トヨタ紡織

シート、フィルターなど。

  • 従業員数:44,154人
  • 平均年齢:40歳

ジェイテクト

パワーステアリング、ベアリングなど。

  • 従業員数:48,332人
  • 平均年齢:40歳

豊田合成

ホース、エアバックなど。

  • 従業員数:38,823人
  • 平均年齢:42歳

東海理化

スイッチ、キーロック大手。

  • 従業員数:19,888人
  • 平均年齢:41歳

フタバ産業

マフラー大手。

  • 従業員数:10,865人
  • 平均年齢:38歳

ホンダ系

ホンダは2040年までのガソリン車撤廃を発表しました。

今後は電気自動車とハイブリット車のラインナップに変更していきます。

テイ・エステック

シート部品大手。

  • 従業員数:15,444人
  • 平均年齢:40歳

エフテック

シャーシ―部品が主力。

  • 従業員数:7,606人
  • 平均年齢:40歳

ユタカ技研

駆動・排気・制動系部品など。

  • 従業員数:6,114人
  • 平均年齢:43歳

八千代工業

燃料タンク、二輪部品など。

  • 従業員数:6,819人
  • 平均年齢:43歳

旧ケーヒン・旧ショーワ・旧日信工業

日立オートモティブシステムズと経営統合し、日立製作所傘下となりました。

日産自動車系

日産自動車はカー用品のオートバックスセブンと業務提携し、販路拡大を目指しています。

ジヤトコ

トランスミッション大手。

  • 従業員数:14,200人

ユニプレス

プレス商品大手。

  • 従業員数:8,996人
  • 平均年齢:43歳

独立系

脱炭素化へ向けが動きが活発化し、自動車部品各社の構造改革が進むと見られています。

矢崎総業

ワイヤーハーネスで世界トップクラスのシェア。

  • 従業員数:18,026人(国内)

マレリ

旧カルソニックカンセイ。

  • 従業員数:58,000人

小糸製作所

自動車用ランプで世界首位。

  • 従業員数:23,799人
  • 平均年齢:42歳

日本精工

ベアリング国内最大手。

  • 従業員数:30,378人
  • 平均年齢:41歳

ニッパツ

懸架バネで世界大手。

  • 従業員数:18,375人
  • 平均年齢:40歳

NTN

ベアリング大手。

  • 従業員数:23,292人
  • 平均年齢:41歳

NOK

オイルシールで世界シェア5割。

  • 従業員数:37,999人
  • 平均年齢:40歳

KYB

ショックアブソーバー大手。

  • 従業員数:14,718人
  • 平均年齢:40歳

トピー工業

鉄製ホイール最大手。

  • 従業員数:6,153人
  • 平均年齢:41歳

サンデンホールディングス

カーエアコン用コンプレッサー世界大手。

  • 従業員数:6,246人
  • 平均年齢:46歳

曙ブレーキ工業

ブレーキ。経営再建中。

  • 従業員数:6,299人
  • 平均年齢:44歳

日立Astemo

日立オートモティブシステムズとホンダ傘下の部品メーカー3社が経営統合。

カー用品

カー用品店では、主にタイヤ・ホイールの販売と車検・整備の業務を行っています。

コロナ禍での移動手段として自動車の利用頻度が高まり、好調に推移しています。

オートバックスセブン

「オートバックス」本部。フランチャイズ方式で全国展開しています。

  • 従業員数:4,279人
  • 平均年齢:44歳

イエローハット

グループ店と直営店を全国展開しています。

  • 従業員数:3,711人
  • 平均年齢:48歳

タイヤ

タイヤ大手メーカーは先進国市場を中心に高付加価値品へのシフトを加速しています。

比較的安定している業界ですが、原材料高が懸念材料となっています。

ブリヂストン

世界タイヤ市場トップクラスのシェア。高付加価値商品が多く、原料開発から小売まで一貫して行っています。

  • 従業員数:143,589人
  • 平均年齢:40歳

住友ゴム工業

「ダンロップ」ブランドが主力。米グッドイヤーとの提携解消で北米事業を強化しています。

  • 従業員数:39,298人
  • 平均年齢:40歳

横浜ゴム

スポーティタイプに定評があります。

  • 従業員数:27,252人
  • 平均年齢:40歳

TOYO TIRE

旧東洋ゴム工業。ミニバン専用タイヤに強みがあります。

  • 従業員数:11,222人
  • 平均年齢:39歳

自動車部品業界の売上高ランキング

自動車部品製造業

順位企業名売上高(百万円)
1デンソー4,936,725
2アイシン3,525,799
3豊田自動織機2,118,302
4トヨタ紡績1,272,140
5ジェイテクト1,246,286
6日本精工747,559
7豊田合成721,498
8小糸製作所706,376
9NOK596,369
10住友電装587,672
11日本発条572,639
12NTN562,847
13矢崎部品467,716
14フタバ産業466,809
15日立Astemo448,916
16東海理化電機製作所440,061
17スタンレー電気359,710
18テイ・エステック346,149
19アドヴィックス337,557
20KYB328,037

自動車部品小売業

順位企業名売上高(百万円)
1オートバックスセブン220,449
2イエローハット146,994
3フジ・コーポレーション34,240
4G-7・オート・サービス31,883
5アイエー21,646
6ホットマン21,348
7カーポートマルゼン16,700
82りんかんイエローハット15,412
9クインオート14,571
10オートウェイ13,943
11オートアールズ12,784
12北日本オートバックス11,533
13バッファロー9,451
14ナヴィック7,345
15オートウェーブ7,063
16キノシタ6,365
17アップガレージ6,020
18ピューマ6,000
19ユーエイ5,590
参考津田屋10,459

(帝国データバンク『業界動向2022-Ⅰ』より)

自動車部品業界の採用市場

自動車部品業界の求人・転職

自動車業界は次世代技術の研究開発に力を入れています。

部品メーカーも自動車メーカーの流れを受け、需要が縮小する分野から成長領域へ人材のシフトを急いでいます。

生産性向上を目的とする「工場のスマート化」にも力を入れ始めていますので、生産技術開発の技術者や生産のプロセス全体や工場内のシステムを設計するエンジニアが求められています。

輸送用機器製造業の給与

区分20~24歳25~29歳41.9歳(平均)
所定内労働時間162時間164時間163時間
残業12時間14時間11時間
月収233,100円366,800円352,600円
年間賞与等610,500円827,300円1,344,000円
年収3,407,700円5,228,900円5,575,200円

(厚生労働省「令和2年賃金構造基本統計調査」より)

自動車部品業界の転職活動

転職エージェントの転職支援サービスを利用すると、業界や職種に精通したキャリアコンサルタントの転職サポートを無料で受けることができます。

非公開・独自案件の求人紹介だけでなく、専任のキャリアコンサルタントによる企業ごとの書類作成や面接対策などで選考通過率のアップが期待できます。

キャリアごとの転職支援

まとめ

市場規模も働く人も桁違いの自動車業界は、大きな変革期にあります。

自動車部品メーカーも生き残りをかけて、業界再編の動きが加速する可能性があります。

工場・製造現場で有利なおすすめ資格
工場・製造現場では技術と経験の積み重ねが重視されます。経験の浅い人や未経験者であれば、資格を取得することでキャリアアップや収入アップの可能性が広がります。
自動車産業の業界研究
自動車業界は大きな変革期にあります。自動車産業の転職・就職で押さえておきたい業界の動向、売上高ランキング、採用市場をご紹介します。
転職・就職に役立つ業界天気図一覧(2022年)
採用市場と密接に関わる企業の業績。業界の動向は転職活動を進めるうえで、重要な情報のひとつです。2022年度の主要業界天気図を一覧にしました。

 

業界研究・業界地図