自動車部品・タイヤの業界研究


自動車は製造業をけん引する日本産業の柱であり、多くの雇用が生み出されています。

自動車部品業界は、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、世界各地の工場が操業停止となり、大きな打撃を受けました。

自動車部品・タイヤメーカーの転職・就職で押さえておきたい業界の動向、売上高ランキング、採用市場をご紹介します。

スポンサーリンク

自動車部品・タイヤ業界の最新動向(2021年)

自動車部品・タイヤ業界

自動車1台に3万点に上る部品が使われるといわれる自動車産業では、多くの部品メーカーが完成車メーカーを支える構造になっています。

自動車部品メーカーは、ブレーキや電線、ゴム部品などを自動車メーカーに供給しています。

自動車部品メーカーの多くは、特定の自動車メーカーの企業グループ「企業系列」に属しています。

電動化

電気自動車(EV)が普及すると、不要となる自動車部品が多く、部品メーカーは技術革新を迫られています。

特にエンジン部品は需要の縮小が確実なため、成長が見込める領域へのシフトが急務となっています。

海外勢

  • ボッシュ(独):世界最大の自動車部品メーカー
  • ZF(独)
  • コンチネンタル(独)
  • マグナ・インターナショナル(カナダ)

トヨタ自動車系

トヨタ自動車グループでは、自動運転の制御技術を開発する新会社を設立しました。次世代技術対応の研究開発を急いでいます。

デンソー

自動車部品国内最大手。電装品全般に強みがあります。

  • 従業員数:170,932人
  • 平均年齢:44歳

アイシン精機

自動車部品国内2位。電動化対策を急いでいます。

  • 従業員数:119,535人
  • 平均年齢:39歳

豊田自動織機

トヨタグループの発祥企業。

  • 従業員数:66,478人
  • 平均年齢:41歳

トヨタ紡織

シート、フィルターなど。

  • 従業員数:44,375人
  • 平均年齢:40歳

ジェイテクト

パワーステアリング、ベアリングなど。

  • 従業員数:49,993人
  • 平均年齢:40歳

豊田合成

ホース、エアバックなど。

  • 従業員数:39,403人
  • 平均年齢:42歳

東海理化

スイッチ、キーロック大手。

  • 従業員数:19,479人
  • 平均年齢:41歳

フタバ産業

マフラー大手。

  • 従業員数:10,560人
  • 平均年齢:38歳

ホンダ系

ホンダは傘下の部品メーカー3社と日立オートモティブシステムズを経営統合します。

ケーヒン

電子燃料噴射装置が主力。

  • 従業員数:22,537人
  • 平均年齢:44歳

テイ・エステック

シート部品大手。

  • 従業員数:15,960人
  • 平均年齢:40歳

ショーワ

足回り部品が主力。

  • 従業員数:12,240人
  • 平均年齢:43歳

エフテック

シャーシ―部品が主力。

  • 従業員数:6,513人
  • 平均年齢:39歳

日信工業

車両ブレーキ大手。

  • 従業員数:13,349人
  • 平均年齢:49歳

ユタカ技研

駆動・排気・制動系部品など。

  • 従業員数:6,307人
  • 平均年齢:43歳

八千代工業

燃料タンク、二輪部品など。

  • 従業員数:7,169人
  • 平均年齢:43歳

スタンレー電気

自動車用ランプ大手。

  • 従業員数:17,121人

日産自動車系

業績が急激に悪化した日産は、国内重視の方針に転換しています。

ジヤトコ

トランスミッション大手。

  • 従業員数:14,600人

ユニプレス

プレス商品大手。

  • 従業員数:9,875人
  • 平均年齢:42歳

独立系

自動車の新車販売の減少による部品メーカーへの影響は、今度大きくなることが予想されます。

矢崎総業

ワイヤーハーネスで世界トップクラスのシェア。

  • 従業員数:18,557人

マレリ

旧カルソニックカンセイ。

  • 従業員数:60,000人

小糸製作所

自動車用ランプで世界首位。

  • 従業員数:24,769人
  • 平均年齢:42歳

日本精工

ベアリング国内最大手。

  • 従業員数:30,747人
  • 平均年齢:41歳

ニッパツ

懸架バネで世界大手。

  • 従業員数:18,419人
  • 平均年齢:40歳

NTN

ベアリング大手。

  • 従業員数:24,199人
  • 平均年齢:41歳

NOK

オイルシールで世界シェア5割。

  • 従業員数:40,492人
  • 平均年齢:40歳

KYB

ショックアブソーバー大手。

  • 従業員数:15,439人
  • 平均年齢:40歳

トピー工業

鉄製ホイール最大手。

  • 従業員数:6,181人
  • 平均年齢:41歳

サンデンホールディングス

カーエアコン用コンプレッサー世界大手。経営再建。

曙ブレーキ工業

ブレーキ。経営再建。

タイヤ

タイヤ大手メーカーは先進国市場を中心に高付加価値品へのシフトを加速しています。

比較的安定している業界ですが、新車販売が大幅に減少したことで、打撃を受けています。

ブリヂストン

世界タイヤ市場トップシェア。高付加価値商品が多く、原料開発から小売まで一貫して行っています。

  • 従業員数:143,589人
  • 平均年齢:40歳

住友ゴム工業

「ダンロップ」ブランドが主力。米グッドイヤーとの提携解消で北米事業を強化しています。

  • 従業員数:39,233人
  • 平均年齢:41歳

横浜ゴム

スポーティタイプに定評。

  • 従業員数:27,428人
  • 平均年齢:39歳

TOYO TIRE

旧東洋ゴム工業。ミニバン専用タイヤに強みがあります。

  • 従業員数:11,840人
  • 平均年齢:39歳

自動車部品業界の売上高ランキング

自動車部品製造業

順位企業名売上高(百万円)
1デンソー5,362,772
2アイシン精機4,043,110
3豊田自動織機2,214,946
4ジェイテクト1,520,893
5アイシン・エィ・ダブリュ1,438,726
6トヨタ紡織1,417,376
7日本精工991,365
8豊田合成840,714
9小糸製作所826,257
10NTN733,569
11日本発条681,006
12NOK669,482
13矢崎部品591,308
14住友電装558,855
15東海理化電機製作所507,645
16フタバ産業461,705
17日立オートモティブシステムズ453,978
18スタンレー電気434,124
19KYB412,214
20テイ・エステック412,072

(帝国データバンク『業界動向2020-Ⅰ』より)

自動車部品業界の採用市場

自動車部品業界の求人・転職

自動車業界は好調から一転し、需要が減少していますが、次世代技術の研究開発は継続する方針です。

部品メーカーは需要が縮小する分野から成長領域へ人材のシフトを急いでいます。

生産性向上を目的とする「工場のスマート化」にも力を入れ始めていますので、生産技術開発の技術者や生産のプロセス全体や工場内のシステムを設計するエンジニアが求められています。

輸送用機器製造業の給与

区分20~24歳25~29歳41.1歳(平均)
所定内労働時間157時間155時間156時間
残業25時間28時間23時間
月収260,700円302,000円376,200円
年間賞与等555,700円799,100円1,278,000円
年収3,684,100円4,423,100円5,792,400円

(厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査」より)

自動車部品業界の転職活動

転職エージェントの転職支援サービスを利用すると、業界や職種に精通したキャリアコンサルタントが転職をサポートしてくれます。

  • 非公開・好条件の求人紹介
  • 専任のキャリアコンサルタント
  • 企業ごとの書類作成・面接対策など

職種ごとの転職支援サービス

まとめ

市場規模も働く人も桁違いの自動車業界ですが、経営環境は当面厳しい状況が続くと見込まれます。

自動車部品メーカーも生き残りをかけて、業界再編の動きが加速する可能性があります。

工場・製造現場で有利なおすすめ資格
工場・製造現場では、技術と経験の積み重ねが重視されます。経験の浅い20代・第二新卒や未経験者であれば、資格を取得することでキャリアアップや収入アップの可能性が広がります。
自動車・二輪車の業界研究
自動車業界は大きな変革期にあります。自動車・二輪車メーカーの転職・就職で押さえておきたい業界の動向、売上高ランキング、採用市場をご紹介します。
転職・就職に役立つ業界天気図一覧(2021年)
採用市場と密接に関わる企業の業績。業界の動向は転職活動を進めるうえで、重要な情報のひとつです。2021年度の主要業界天気図を一覧にしました。

 

業界研究・業界地図
タイトルとURLをコピーしました