転職・就職に役立つ総合商社・卸の業界研究


総合商社はグローバルなフィールドでさまざまな事業に取り組んでいます。

ビジネス環境の変化に応じて、新しい価値観を創り出す力が求められ、働く人の多様性を推進しています。

転職・就職で押さえておきたい総合商社・卸の業界動向、業績ランキング、採用市場をご紹介します。

総合商社・卸業界の最新動向(2022年)

総合商社と卸

卸売業はメーカーから商品を仕入れ、小売業へ売り渡す中間流通業です。

商社は卸売業者の一種といえますが、総合商社は資源や原料を買い付け、メーカーへ売り渡す役割も担っています。

卸売業は商品を保管する物流センターなどの機能を持ちますが、商社は物流機能を持ちません。

商社

総合商社の事業はトレーディングと事業投資に大別されます。

コア事業はトレーディングでしたが、最近では投資の強化を図り、事業投資が増えてきています。

総合商社に対して、専門的に商品を取り扱う商社を専門商社と呼んでいます。

卸は国内外のメーカーから商品を仕入れたり、国内小売業へ卸売するなど、貿易・物流・販売など幅広い役割を担っています。

総合商社

総合商社は、財閥系商社の三菱商事、三井物産、住友商事と非財閥系商社の伊藤忠商事、丸紅の5社で5大総合商社と呼ばれています。

5社以外に豊田通商、双日、兼松などの大手商社があります。

新型コロナウイルスの影響から世界経済が回復傾向にあり、商社の業績も上向きとなっています。

資源事業が回復するなか、市況の影響を受けにくい非資源分野を強化する動きが目立っています。

食料流通医療不動産インフラなど安定収益が見込める得意分野の戦略を着実に進めています。

伊藤忠商事

非財閥系。

多彩な消費財を扱い、資源市況の悪化の影響は限定的でした。

ファミリーマートを軸とした生活消費分野や電力分野に力を入れています。

  • 従業員数:125,944人
  • 平均年齢:42歳

三菱商事

三菱系。

資源と非資源の両方に強く、商社トップクラスですが、資源事業の落ち込みから利益を大幅に減らしました。

子会社化したローソンなどの非資源事業は堅調です。

  • 従業員数:82,997人
  • 平均年齢:43歳

三井物産

三井系。

資源分野が強く、商社トップクラスです。

資源価格の下落では大きな影響を受けますが、非資源でヘルスケア事業の育成に力を入れています。

  • 従業員数:44,509人
  • 平均年齢:42歳

住友商事

住友系。

情報・通信分野に強みがあり、メディア、ICTで商社トップです。

  • 従業員数:74,920人
  • 平均年齢:43歳

丸紅

芙蓉グループ。

電力・食料分野に強みがあり、海外中心に発電事業は商社トップクラスです。

イオングループと提携したビジネスも展開しています。

  • 従業員数:45,470人
  • 平均年齢:42歳

豊田通商

トヨタ系総合商社。

自動車関連事業が主力ですが、非自動車分野も強化しています。

  • 従業員数:64,402人
  • 平均年齢:42歳

双日

日商岩井とニチメンの統合により発足。

航空分野や東南アジアの事業に注力しています。

  • 従業員数:19,463人
  • 平均年齢:42歳

兼松

老舗商社。

資源投資は行わず、電子、食品、鉄鋼を柱とする堅実経営です。

  • 従業員数:7,296人
  • 平均年齢:39歳

食品医薬品化粧品などの業績が好調です。

人手不足による物流コストの高騰が業界共通の課題となっており、物流効率化の取り組みで収益力アップを図っています。

食品

  1. 三菱食品
  2. 日本アクセス
  3. 国分グループ本社
  4. 加藤産業
  5. 三井食品

医薬品

  1. メディパルホールディングス
  2. アルフレッサホールディングス
  3. スズケン
  4. 東邦ホールディングス
  5. バイタルケーエスケー・ホールディングス

日用品・化粧品

  1. PALTAC
  2. あらた
  3. CBグループマネジメント

繊維

  1. 東レインターナショナル
  2. 帝人フロンティア
  3. 蝶理
  4. 豊島

鉄鋼

  1. 日鉄物産
  2. 伊藤忠丸紅鉄鋼
  3. 阪和興業
  4. メタルワン
  5. JFE商事

機械

  1. 岡谷鋼機
  2. 山善
  3. ユアサ商事
  4. ミスミグループ本社
  5. トラスコ中山

化学

  1. 長瀬産業
  2. 稲畑産業
  3. 三井物産プラスチック
  4. 伊藤忠プラスチック
  5. オー・ジー

電子・半導体

  1. マクニカ・富士エレホールディングス
  2. 加賀電子
  3. レスターホールディングス
  4. 丸文
  5. 菱電商事
転職・就職に役立つ専門商社・卸の業界研究
専門商社では専門的に商品を取り扱っています。転職・就職で押さえておきたい専門商社の業界動向、売上高ランキング、採用市場をご紹介します。

総合商社・卸業界の業績

総合卸の売上高ランキング

順位企業名年商(百万円)
1伊藤忠商事3,575,369
2丸紅3,531,917
3三井物産3,260,501
4豊田通商2,472,924
5双日2,334,428
6住友商事1,622,317
7三菱商事1,437,004
8PALTAC1,033,275
9あらた692,648
10イオントップバリュ529,834
11東レインターナショナル499,349
12日本デリカフーズ 協同組合486,314
13コープデリ生活協同組合連合会482,818
14トライアルカンパニー456,185
15日本生活協同組合連合会451,765
16長瀬産業417,165
17ヤマエ久野396,737
18山善388,959
19シジシージャパン384,657
20マツモトキヨシホールディングス372,268

総合卸の純利益ランキング

順位企業名純利益(千円)
1三菱商事393,351,000
2三井物産139,834,000
3丸紅85,579,000
4豊田通商64,006,000
5双日39,462,000
6PALTAC19,317,000
7長瀬産業14,707,000
8マツモトキヨシホールディングス11,580,000
9三谷商事10,711,000
10帝人フロンティア9,533,000
11東レインターナショナル9,318,000
12あらた7,038,000
13ユアサ商事6,901,000
14日本生活協同組合連合会6,731,000
15稲畑産業6,708,000
16山善6,128,000
17ホンダトレーディング6,020,000
18ドウシシャ5,674,000
19兼松5,586,000
20オーヤマ5,517,000

(帝国データバンク『全国企業あれこれランキング2022』より)

総合商社・卸業界の採用市場

商社の求人・転職

総合商社の就職人気は高く、人気ランキングの常連です。

商社は新卒採用を重視する傾向がありますが、即戦力となる経験者採用も行われています。

求人職種は営業が多いですが、貿易や管理など幅広く、金融、メーカー、コンサルティングなど異業種からの転職組も活躍しています。

商社の語学力

総合商社の転職では語学力が必須です。

語学力が評価されて未経験職種・業界の転職が実現するケースもあります。

  • 海外の取引先とのメール
  • 海外の取引先とのミーティング
  • 国際電話
  • 海外出張
  • 英語での情報収集 など

総合卸業の給与

区分20~24歳25~29歳42.9歳(平均)
所定労働時間161時間159時間161時間
残業13時間22時間9時間
月収274,400円388,100円497,600円
年間賞与等663,100円2,094,700円3,882,700円
年収3,955,900円6,751,900円9,853,900円

(厚生労働省「令和2年賃金構造基本統計調査」より)

キャリアごとの転職支援

転職・就職のためのスキルアップ

通関士・貿易実務の専門知識は国際ビジネスにかかわる人にとって、広く活用できる知識です。

資格を取っておくと、昇給やキャリアアップにもつながりやすいといえます。

通関士と貿易実務検定のダブル合格を目指す人もいます。

TOEICテスト対策もしておきましょう。

TOEICのスコアアップには、毎日の英語学習が欠かせません。

TOEICのスコアアップを目的としたプログラムを活用して、効率的に学習することをおすすめします。

スキルアップの資格取得

まとめ

総合商社は仕事のやりがいだけでなく、就業環境の良さや定着率の高さも就職人気を強固にしています。

この業界の転職には志高く、時代に挑戦していく探求心、創造力、行動力が求められます。

卸売業・商社の売上高ランキング【業種別上位20社】
卸売業・商社はメーカーと小売との間をつないでいます。卸業界(総合・食品・化学製品・鉄鋼・機械・電気機器・繊維)の業種別売上高ランキング上位20社をご紹介します。
転職・就職に役立つ業界天気図一覧(2023年)
採用市場と密接に関わる企業の業績。業界の動向は転職活動を進めるうえで、重要な情報のひとつです。2023年度の主要業界天気図を一覧にしました。

 

業界研究・業界地図