外資系企業の売上高ランキング


外資系企業とは、外国法人または外国人が一定程度以上の出資をする日本にある企業のことをいいます。

外資系企業データ(2020年~2021年の最新決算期)から売上高ランキング上位50社をご紹介します。

外資系企業の売上高

外資系企業

外資系企業となるのはおおむね以下の企業です。

  1. 外国法人又は外国人が株式又は持分の3分の1超を所有している企業
  2. 外国法人又は外国人が株式又は持分の3分の1超を所有している持株会社が出資する企業であって、外国法人又は外国人の直接出資比率及び間接出資比率の合計が3分の1超となる企業
  3. 上記1、2いずれの場合も、外国側筆頭出資者の出資比率が10%以上である企業

母国籍別企業数

  1. アメリカ(607社)
  2. 中国(317社)
  3. ドイツ(301社)
  4. 韓国(165社)
  5. フランス(164社)
  6. オランダ(152社)
  7. スイス(149社)
  8. 台湾(144社)
  9. イギリス(143社)
  10. シンガポール(139社)

業種別企業数

  1. 卸売業(1,096社)
  2. サービス業(441社)
  3. 情報通信業(287社)
  4. 小売業(139社)
  5. 金融・保険業(130社)
  6. 運輸業(83社)
  7. 情報通信機械(70社)
  8. 化学(67社)
  9. 輸送機械、生産用機械(49社)
  10. 電気機械(43社)

都道府県別企業数

  1. 東京都(1,829社)
  2. 神奈川県(297社)
  3. 大阪府(143社)
  4. 愛知県(82社)
  5. 兵庫県(80社)
  6. 埼玉県(59社)
  7. 千葉県(51社)
  8. 福岡県(31社)
  9. 静岡県(21社)
  10. 京都府(17社)

(経済産業省「外資系企業動向調査(2020年)」より)

外資系企業の売上高上位50社(全業種)

順位社名業種売上高
(百万円)
1日産自動車輸送機器7,862,572
2シャープ電気機器2,425,910
3中外製薬医薬品999,759
4日本ペイントホールディングス化学998,276
5日本IBM情報・システム・ソフト783,700
6日本マイクロソフト情報・システム・ソフト783,400
7ファイザー医薬品736,640
8三菱ふそうトラック・バス輸送機器657,357
9NOK輸送機器596,369
10メルセデス・ベンツ日本自動車販売419,074
11日本サムスン総合卸売413,986
12日産車体輸送機器362,869
13アストラゼネカ医薬品348,343
14ジャパンディスプレイ電気機器341,694
15デル・テクノロジーズ電気機器321,777
16日本マクドナルド飲食・外食317,696
17日本マクドナルドホールディングス飲食・外食317,695
18PHCホールディングス電気機器306,071
19ボッシュ輸送機器294,399
20パイオニア電気機器280,868
21ネクソン情報・システム・ソフト274,462
22ジヤトコ輸送機器271,937
23BASFジャパン化学271,700
24MSD医薬品268,691
25カルビー食料品266,745
26ノバルティスファーマ医薬品248,372
27ヤンセンファーマ医薬品240,713
28スリーエムジャパンその他卸売233,481
29日本イーライリリー医薬品230,866
30バイエル薬品医薬品229,295
31インテル電気機器卸売224,769
32グラクソ・スミスクライン医薬品215,760
33マレリ輸送機器214,826
34スターバックスコーヒージャパン飲食・外食209,269
35日本オラクル情報・システム・ソフト208,523
36AIGジャパン・ホールディングス他サービス204,251
37日本HP電気機器195,983
38MonotaRO他小売189,731
39日本ベーリンガーインゲルハイム医薬品176,395
40サノフィ医薬品175,700
41エクソン・ジャパン電気機器卸売173,350
42宝和通称鉄鋼・金属卸売165,632
43カーギルジャパン合同会社食料品卸売162,519
44エームサービス飲食・外食161,297
45SAPジャパン情報・システム・ソフト155,605
46日本キャタピラー合同会社機械卸売153,962
47アデコ人材派遣・業務請負153,123
48サムスンC&Tジャパン総合卸売149,941
49フィリップス・ジャパン電気機器卸売136,229
50ブリストル・マイヤーズスクイブ医薬品135,323

(東洋経済新報社『外資系企業総覧2022』より)

外資系企業への転職活動

外資系企業の求人・採用

外資系企業への転職では、日系企業に比べて収集できる情報が少ないといえます。

自分だけで活動するのではなく、外資系企業の転職に実績のある専門性の高い転職エージェントの利用をおすすめします。

外資系企業やグローバル企業に強みのある転職エージェントでは、世界的な企業をはじめ、ベンチャー企業や中小企業まで、幅広い企業の求人を扱っています。

外資系・海外の転職支援

転職エージェントを利用すれば、自分だけでは知ることができない外資系企業の詳しい情報を収集することができます。

転職支援のメリット

外資系企業の転職では、英文レジュメの書き方から面接対策まで特有のノウハウが必要になります。

  • 外資系企業に強いコンサルタント
  • 英文レジュメのアドバイス
  • 面接対策のサポート
  • 企業との調整・交渉代行 など

まとめ

外資系企業は情報量が少なく、情報不足になりがちです。

外資系企業へ転職するうえで、売上高は業界の市場規模や企業の業績がわかるもっとも重要な情報のひとつです。

業界の競合企業や日系企業との比較にも役立ちます。

参考:経済産業省WEBサイト

外資系企業の従業員数ランキング
外資系企業の従業員数は企業規模の把握や同業種同規模の企業などの比較に役立ちます。外資系企業データから従業員数の上位50社(2021年)をご紹介します。
国際業務で有利なおすすめ資格
ビジネスのグローバル化が進み、国際的な知識、コミュニケーション能力をもつ人材の評価は高まっています。国際業務に有利なおすすめ資格をご紹介します。
ハイクラス転職に有利なスキル・資格
外資系やグローバル企業などのハイクラスな転職を成功させるためには専門性だけでなく、共通して求められるスキルがあります。普段から意識して磨いておくことが必要です。