外資系・バイリンガル転職エージェントおすすめを厳選


外資系企業への転職人気は高まっています。キャリア採用だけでなく、新規事業の立ち上げや人材不足を背景に、第二新卒のポテンシャル採用に積極的な外資系企業もあります。

日系企業に比べて、収集できる企業情報が少ない外資系企業。

グローバル人材として希望のキャリアアップを実現するためには、外資系企業の情報や動向に精通した転職エージェントの転職支援サービスを利用して、満足度の高い転職先を見つけることをおすすめします。

スポンサーリンク

外資系・バイリンガルの転職エージェント


外資系・グローバル企業、バイリンガルの求人に強いおすすめ転職エージェントを厳選してご紹介します。

ロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズ
外資系・日系グローバル企業の転職なら ロバート・ウォルターズ

世界の主要都市にオフィスを構える、外資系・日系グローバル企業に特化した転職エージェントです。世界有数のグローバル企業をはじめ、ベンチャー企業や中小企業に至るまで、幅広い企業の求人を取り扱っています。

サービスの特長

  • バイリンガル・スペシャリストの転職
  • 正社員・契約社員・派遣社員のキャリアアップをサポート
  • 幅広い業界・職種の外資系求人
  • 高収入の非公開求人
  • 各分野に精通したスペシャリストチーム

おすすめポイント

  • 英語に自信があれば、チャンスが豊富
  • 満足度93%の信頼できるエージェント
  • 英語転職のコンテンツが充実

リクルートエージェント

リクルートエージェント
外資系・グローバル求人も業界トップクラス リクルートエージェント

外資系・海外向けサポートも積極的に展開しています。グローバル専門キャリアコンサルタントが多数在籍し、納得のいく転職をフルサポートします。

サービスの特長

  • 業界トップクラスの外資系・日系グローバル求人数
  • 特別非公開求人を多数保有
  • 外資系企業の優良案件
  • 次世代リーダー候補の求人
  • グローバル専門のキャリアコンサルタント

おすすめポイント

  • 圧倒的な情報量と転職支援実績
  • 英文レジュメの書き方から面接対策までサポート
  • アジアに積極展開

JACリクルートメント


外資系企業、海外事業関連の転職に強い JAC Recruitment

ロンドン発祥の日系転職エージェント。英国とアジア9カ国に広がるグローバルネットワークにより、豊富な実績があります。海外ビジネスに詳しいコンサルタントがキャリアに合った求人を紹介してくれます。

サービスの特長

  • グローバルネットワーク
  • 外資系企業などグローバル転職支援に高い実績
  • 英文レジュメの無料添削
  • 英語面接対策
  • 中国語話力のレベルチェック

おすすめポイント

  • 外資系企業、ハイクラス転職に強み
  • アジアで最大級のネットワーク
  • 専門性の高いコンサルティング

転職エージェントを利用する流れ(例)

転職エージェントの転職支援サービスを利用するには、Web登録・申込みが必要になります。

①Web登録

Webサイトから登録・申込みをすると、無料で転職支援サービスを利用できるようになります。

②キャリアコンサルティング

各専門分野に精通したキャリアアドバイザーと面談を行います。これまでのキャリアや適性、転職の希望などから、今後のキャリアプランの提案などがあります。

③求人紹介

ヒアリングの内容をもとにして、具体的な求人を紹介されます。一般の転職情報サイトや求人誌には掲載されていない非公開求人情報も提供してもらえます。

④応募・選考

応募したい企業には、エージェントから推薦されます。書類選考を通過すると、企業との面接に進みます。面接対策などのサポートもあります。処遇などの条件交渉はエージェントに代行してもらえます。

⑤入社フォロー

内定後は、入社日の調整や円満退社の手続きなど必要な準備をサポートしてくれます。

外資系企業の採用市場

外資系企業とは

外資系企業とは、外国法人または外国人が一定程度以上の出資をする日本にある企業のことをいいます。

外資系企業となるのはおおむね以下の企業です。

  1. 外国法人又は外国人が株式又は持分の3分の1超を所有している企業
  2. 外国法人又は外国人が株式又は持分の3分の1超を所有している持株会社が出資する企業であって、外国法人又は外国人の直接出資比率及び間接出資比率の合計が3分の1超となる企業
  3. 上記1、2いずれの場合も、外国側筆頭出資者の出資比率が10%以上である企業

外資系採用人数上位50社(全業種)

外資系企業のデータから採用人数(2018年12月~2019年11月入社)上位50社をランキングでご紹介します。

順位社名業種採用計(人)中途(人)
1プルデンシャル生命保険生命保険872
2三菱ふそうトラック・バス輸送機器620473
3エームサービス飲食・外食587
4ハーマンインターナショナル電気機器卸売280
5コグニザントジャパンコンサルティング224213
6中外製薬医薬品17575
7西洋フード・コンパスグループ飲食・外食171
8アクサ損害保険損害保険167154
9マンパワーグループ人材派遣・業務請負158115
10GEヘルスケア・ジャパン精密機器155143
11サノフィ医薬品142142
12アバナード情報・システム・ソフト138124
13マニュライフ・ファイナンシャル・アドバイザーズ他金融130130
14ジョンソンコントロールズ建設12072
15チューリッヒ保険会社損害保険10663
16市光工業電気機器10445
17日本エア・リキード合同会社化学10182
18日産車体輸送機器10038
19ジヤトコ輸送機器96
20アフラック生命保険生命保険88
21コンカー情報・システム・ソフト8680
22ジンマー・バイオメット合同会社精密機器卸売8470
23Infosys Limited(日本支店)コンサルティング8050
23ハイシンクジャパン情報・システム・ソフト8067
25日本マクドナルド飲食・外食73
26日本ベクトン・ディッキンソン精密機器7269
27SBJ銀行銀行7048
28JTBビジネストラベルソリューションズ旅行5926
29メットライフ生命保険生命保険55
30住友ナコフォークリフト輸送機器5443
31日本ペイントホールディングス化学49
32カルビー食料品4829
33ガートナージャパン情報・システム・ソフト4747
34プラップジャパンコンサルティング4635
35ジボダンジャパン化学4242
36マッキャンエリクソン広告4131
37アラマークユニフォームサービスジャパン他サービス389
38B-Rサーティワンアイスクリーム食料品3624
39Audmet精密機器卸売3535
39エスアールエムテクノロジーズプライベートリミテッド(日本支社)情報・システム・ソフト3535
39メドライン・ジャパン合同会社精密機器3535
39大協精工ゴム製品35
43キャロウェイゴルフその他卸売3333
44日産フィナンシャルサービス貸金・信販・カード3215
45三井・ケマーズフロロプロダクツ化学3118
46CMC Japan情報・システム・ソフト3030
46イーエムネットジャパン情報・システム・ソフト30
46ラオックス他小売3025
49日本アムウェイ合同会社他小売2926
50東洋シャッター金属製品2815

(東洋経済新報社『外資系企業総覧2020』より)

まとめ

採用人数の実績は、外資系企業へ転職するうえで、業界の転職市場や企業の採用意欲がわかります。

日系企業に比較して情報量の少ない外資系企業への転職では、業界や企業の動向を知ることができる重要な情報のひとつです。

情報不足になりがちな外資系企業への転職では、転職エージェントを利用して、自分では収集できない詳しい情報を集めることをおすすめします。

また、英文レジュメの書き方から面接対策など外資系企業特有のノウハウが必要になりますので、転職エージェントを利用することで、選考通過率をアップさせることも可能になります。

外資系企業の売上高ランキング
外国法人または外国人が一定以上の出資をする外資系企業。外資系企業のデータ(2018年以降の最新)から売上高ランキング上位50社をご紹介します。
外資系企業の従業員数ランキング
外資系企業の従業員数は、企業規模の把握や同業種同規模の企業などとの比較に役立ちます。外資系企業のデータから従業員数の上位50社(2019年)をランキングでご紹介します。
ハイクラス転職に有利なスキル・資格
外資系やグローバル企業などのハイクラスな転職を成功させるためには、専門性だけでなく、共通して求められるスキルがあります。普段から意識して磨いておくことが必要です。
国際業務で有利なおすすめ資格
ビジネスのグローバル化が進み、国際的な知識、コミュニケーション能力をもつ人材の評価は高まっています。国際業務に有利なおすすめ資格をご紹介します。
タイトルとURLをコピーしました