英語のおすすめ資格(種類・試験内容)


グローバル化が進み、英語力は転職や就職、昇格・昇進、海外赴任、留学などあらゆるキャリアステージで求められます。英語力を測るテストはさまざまあり、目的によって最適なテストを受験する必要があります。

キャリアの可能性を広げる英語のおすすめ資格をご紹介します。

英語力を測るテスト

TOEIC(R) Listening&Reading Test

TOEIC(R)L&Rテストは、英語で聞く・読む能力を測定する世界共通のテストです。多くの企業で採用や昇進の目安として活用するなど、ビジネスパーソンの英語力を示す最も重要なテストになっています。業種・職種を問わず、英語を必要とする仕事で有利になります。

受験資格

制限なし

試験日

年10回

試験内容

  • リスニングセクション:写真描写問題、応答問題、会話問題、説明文問題
  • リーディングセクション:短文穴埋め問題、長文穴埋め問題、1つの文書、複数の文書

スコア

  • 860以上:Non-Nativeとして十分なコミュニケーションができる
  • 730以上860未満:どんな状況でも適切なコミュニケーションができる素地を備えている
  • 470以上730未満:日常生活のニーズを充足し、限定された範囲内では業務上のコミュニケーションができる
  • 220以上470未満:通常会話で最低限のコミュニケーションができる
  • 220未満:コミュニケーションができるまでに至っていない

問い合わせ

一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会

TOEIC L&Rテストの公式問題集

TOEIC(R) Speaking&Writing Test

TOEIC(R)S&Wテストは英語で話す・書く能力を測定するテストです。ビジネスシーンなどで話す・書く能力を評価する必要性が高まり開発されたテストです。企業などの団体受験が増加しています。

受験資格

制限なし

試験日

年24回(毎月1回午前・午後)

試験内容

テストはパソコンで実施されます。試験会場のパソコン上で音声を吹き込んだり、文章を入力して解答します。

TOEIC Speaking Test

  1. 音声問題
  2. 写真描写問題
  3. 応答問題
  4. 提示された情報に基づく応答問題
  5. 解決策を提案する問題

TOEIC Writing Test

  1. 写真描写問題
  2. Eメール作成問題
  3. 意見を記述する問題

スコア

スコアは0~200点で表示され、10点刻みです。TOEIC Speakingでは8段階、TOEIC Writingでは9段階で評価されます。

さらに、TOEIC Speakingにおいては、「Pronunciation(発音)」、「Intonation(イントネーション)とStress(アクセント)」についてもそれぞれ3段階で評価されます。

問い合わせ

一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会

TOEIC S&Wテストの公式テキスト

実用英語技能検定(英検)

実用英語技能検定は、英語で読む・書く・聞く・話す能力を測定するテストです。日本における標準的な英語試験といえます。英検は企業で重要視されるTOEICのスコアアップにも役立ちます。

受験資格

制限なし

試験日(1次)

1月、6月、10月

各級のレベル

  • 1級:大学上級程度
  • 準1級:大学中級程度
  • 2級:高校卒業程度
  • 準2級:高校中級程度

試験内容

  • 1次試験:筆記、リスニング
  • 2次試験:スピーキング

問い合わせ

公益財団法人 日本英語検定協会 英検サービスセンター

英検1級の過去問題集

国際連合公用語英語検定試験

国連英検は、国連公用語のうち、英語の実力と理解度を判定する外務省後援の試験です。国際企業人、国際公務員、外交官など国際人を目指す人にとって、総合的な国際コミュニケーションスキルを証明できる検定試験です。

受験資格

制限なし

試験日(一次)

5月、10月

各級のレベル

  • 特A級:さまざまな国籍の外国人と文化・経済・政治等の多くの分野の問題について、自由に討論できる英語力がある
  • A級:高度な理解力、論理的な表現力がある
  • B級:外国での日常生活に対処できる英語力がある
  • C級:高校修了程度の英語力がある

試験内容

  • 特A級
    1次:筆記(リーディング、作文)
    2次:面接(ネイティブスピーカーとの対話)
  • A級
    1次:筆記(リーディング、作文)
    2次:面接(ネイティブスピーカーとの対話)
  • B級:筆記(リーディング、作文)とテープテスト(リスニング)
  • C級:筆記(リーディング)とテープテスト(リスニング)

合格者のTOEICスコア平均

  • 特A級:967.78
  • A級:918.74
  • B級:752.55
  • C級:561.19

問い合わせ

公益財団法人 日本国際連合協会 国連英検事務局

国連英検の過去問題集

通訳案内士

通訳案内士は、外国人観光客に日本各地を案内し、日本の文化を伝える通訳ガイドの国家資格です。語学力だけでなく、日本の地理、歴史、一般常識など幅広い知識と教養が必要とされます。特に英語と中国語の受験者が増加しています。

受験資格

制限なし

試験内容

  • 筆記(第1次)試験:①外国語②日本地理③日本歴史④産業、経済、政治および文化に関する一般常識⑤通訳案内の実務
  • 口述(第2次)試験:通訳案内の実務

合格率

  • 英語:15~25%程度

問い合わせ

独立行政法人 国際観光振興機構

通訳案内士試験の問題集

IELTS

IELTSは、留学や海外移住に必要な英語能力を評価する試験です。信頼性・公平性の高い指標として、多くの国の教育機関や政府機関などが採用しています。

試験は目的別に2種類あります。どちらの受験が必要かは、事前に教育機関や政府機関、入国管理局などに確認します。

アカデミック・モジュール

大学や大学院などの留学目的の学生や、医師などプロフェッショナルな機関への登録申請を目的とする人のテストです。

  • リスニング:筆記
  • アカデミック・リーディング:筆記
  • アカデミック・ライティング:筆記
  • スピーキング:インタビュー形式による会話

ジェネラル・トレーニング・モジュール

実践的な日常生活での英語力のテストです。大学など教育機関への入学、または英語圏の国への移住のために必要とされることがあります。

  • リスニング:アカデミックと共通
  • ジェネラル・トレーニング・リーディング:筆記
  • ジェネラル・トレーニング・ライティング:筆記
  • スピーキング:アカデミックと共通

試験日

月2~3回

問い合わせ

公益財団法人 日本英語検定協会 IELTS事務局

TOEFL iBT(R)テスト

TOEFL iBTテストは、英語を母国語としない人が、英語圏の大学・大学院に留学するために必要な英語力を測定する国際標準のテストです。世界の多くの教育機関で英語能力の証明として採用されています。

受験資格

制限なし

試験日

年40回程度

試験内容

  • リーディング
  • リスニング
  • スピーキング
  • ライティング

スコア

4 つのセクション(Reading、Listening、Speaking、Writing)からなるテストのスコア範囲はいずれも0~30ですが、各セクションの評価基準は異なり、個別の測定方法が定められています。

個々の教育機関によって、それぞれ必要とされるスコアが設定されています。

問い合わせ

国際教育交換協議会(CIEE)日本代表部TOEFL事業部

まとめ

英語力は日常生活からビジネスまで求められるシーンは飛躍的に増えています。英語力を客観的に評価する必要性も高まっていますので、自分のキャリアや目的に合った英語資格を取得しておくことが重要になります。

国際業務に有利なおすすめ資格
ビジネスのグローバル化が進み、国際的な知識、コミュニケーション能力をもつ人材の評価は高まっています。国際業務に有利なおすすめ資格をご紹介します。
転職・就職のチャンスを広げるおすすめ資格一覧
20代の転職・就職のチャンスを広げるおすすめ資格の種別・難易度(合格率)・受験資格を一覧でご紹介します。
タイトルとURLをコピーしました