海外・アジア転職におすすめの人材紹介サービス


日本人が働く企業は海外アジアにたくさんあります。日系企業はもちろん、日系企業と取引がある現地企業や外資系企業が日本人を受け入れています。

グローバル化が進み、海外転職は一部の人だけでなく、キャリアパスの新たな選択肢のひとつになっています。

海外転職のチャレンジには、グローバル求人に強い転職エージェントの人材紹介サービスをおすすめします。

海外転職・海外事業の人材紹介サービス


海外転職には海外駐在、海外事業の転職支援に強いエージェントを積極的に利用することをおすすめします。現地に根づいた鮮度の高い転職情報を収集することができます。

エージェントによって、それぞれ強みが違いますので、まずは登録して自分に合ったエージェントを見つけることが大切です。

リクルートエージェント


グローバル求人も業界トップクラス リクルートエージェント

国内だけでなく、海外向けサポートも積極的に展開しています。グローバル専門キャリアコンサルタントが多数在籍し、納得のいく転職をフルサポートします。

サービスの特長

  • 業界トップクラスの外資系・日系グローバル求人数
  • 特別非公開求人を多数保有
  • 次世代リーダー候補の求人
  • 大手・優良企業の海外案件
  • グローバル専門のキャリアコンサルタント

利用者の声

外資系企業⇒海外現地法人
「現職に留まればこれからも実績は残せたはず。そんな中、リスクのある転職であった事は事実。でも、全く迷いはない。これから始まるグローバルキャリアは今後の自分の新しいスタートといえます。」

JACリクルートメント


海外駐在、海外事業関連の転職に強い JAC Recruitment

ロンドン発祥の日系転職エージェント。英国とアジア9カ国に広がるグローバルネットワークにより、豊富な実績があります。海外ビジネスに詳しいコンサルタントが自分に合った求人を紹介してくれます。

サービスの特長

  • グローバルネットワーク
  • 海外進出企業の駐在案件
  • 英文レジュメの無料添削
  • 英語面接対策
  • 中国語話力のレベルチェック

利用者の声

外資系証券会社⇒投資運用会社
「日本国内案件と寸分変わらぬ年収とハイポジション、日本では経験できないアジア市場での経験、語学をフルに活かせる環境を手に入れることができた点、私の転職は成功だったと思います。」

海外アジア各国の採用市場

海外転職・海外勤務の求人

海外の日系企業で求められるのは基本的に即戦力人材です。大企業であっても現地の事業所規模はそれほど大きくないことが多く、すぐに仕事ができる人材が必要とされています。

駐在員と現地採用

駐在員は日本の本社採用で、現地採用は海外の現地法人で採用されます。駐在員は本社から日本円と現地通貨による給与支給が一般的ですが、現地採用は現地通貨でのみ支払われます。

シンガポールへの海外転職

在住する日本人が増え、日系企業も多くあります。大企業の支社だけでなく、最初からシンガポールに法人を設立する日本人も多く、就業機会はたくさんあります。

シンガポールで日本人向けの求人は、主に日系製造業、金融、商社、IT、サービス業関連です。技術者、メーカーや専門商社での営業、営業事務などの求人が多い傾向です。カスタマーサービス(コールセンター、飲食店、旅行会社等)などサービス業関連の求人も増えています。

シンガポールで求められる人材

  • 求人が多い業種:製造業、金融業、商社、IT業、物流、サービス業
  • 求人が多い職種:技術職、営業職、貿易事務、カスタマーサービス、秘書
  • 必要とされる語学力:TOEIC700点以上が望ましい

20代の求人状況

  • 20代前半:若手を育成するという案件は少なく、ビザの取得は難しい
  • 20代後半:あらゆる職種で求人数が豊富

一般的な給与水準

  • 営業職:3,500~5,000SGドル
  • 技術職:3,000~7,000SGドル
  • 営業・貿易事務:3,000~5,000SGドル

就労許可証

月給、役職によって就労ビザが分類されています。ビザの取得基準は厳しくなっています。2014年の改正では、Q1 Passの基準が4大卒で月給3,300SGドル以上であることが求められるようになりました。

タイへの海外転職

タイでは政情があまり安定しているとはいえませんが、求人は増加傾向です。日本では就職が難しいとされる大手総合商社や大手メーカーなどへの転職や未経験職種へのキャリアチェンジなどチャンスが多くあります。

製造業や商社の営業の求人が多く、IT系エンジニアの求人ニーズも高まっています。製造業の技術者の求人は高い水準を維持しています。

タイで求められる人材

  • 求人が多い業種:製造業、商社、IT業、サービス業(不動産、旅行、飲食)
  • 求人が多い職種:営業職、生産管理、SE、カスタマーサービス
  • 必要とされる語学力:TOEIC600~700点、タイ語は日常会話レベルが望ましい

20代の求人状況

  • 20代前半:若手を育成するという案件も多数
  • 20代後半:あらゆる職種で求人数が豊富

一般的な給与水準

  • 営業職:50,000~200,000バーツ
  • 技術職:60,000~150,000バーツ
  • 事務職:50,000~70,000バーツ
  • IT関連職:50,000~120,000バーツ

就労許可証

タイで働くには、就労ビザ(Non Immigrant Business Visa)と労働許可証(Work Permit)という2つの取得が必要です。労働許可証は就労ビザ取得後にタイ国内で申請をします。通常は企業が手続きをしてくれます。学歴は不問です。

インドネシアへの海外転職

急激な成長と日系企業の進出により求人は多数あります。中心となるのは、自動車関連、電気関連の製造業です。日系企業を顧客対象とした物流業や商社、サービス業などもあります。

日系製造業では、日本人駐在員と現地従業員との英語によるコミュニケーションが難しく、現地の管理者や秘書、事務員には英語よりもインドネシア語のスキルが重視される傾向があります。日本人駐在員と現地従業員の橋渡しとして、現地採用の日本人が活躍するケースが多く見られます。

インドネシアで求められる人材

  • 求人が多い業種:製造業、物流、商社、IT業、金融業、広告業
  • 求人が多い職種:営業職、カスタマーサービス、秘書、生産管理、品質管理、SE
  • 必要とされる語学力:英語かインドネシア語が日常会話レベル

20代の求人状況

  • 20代前半:若手を育成するという案件も多少はある
  • 20代後半:あらゆる職種で求人数が豊富

一般的な給与水準

  • 営業・事務職:1,700~3,000USドル
  • 技術職:2,000~5,000USドル

就労許可証

短大・大卒以上の学歴、25歳以上が基本条件です。条件を満たしていなくてもビザが発給されるケースもありますが、要件の厳格化が進んでいます。

マレーシアへの海外転職

マレーシアには比較的早い時期から日系企業が進出をし、クアラルンプールには多くの日系企業があります。

中心となるのは製造業で、物流や商社と併せて6割程度になりますが、サービス業、小売業、IT業など非製造業の企業の進出も増えています。職種も幅広く、多様な人材のニーズがあります。

マレーシアで求められる人材

  • 求人が多い業種:製造業、物流、商社、IT業、金融業、サービス業、アウトソーシング
  • 求人が多い職種:営業職、営業事務、生産管理、カスタマーサービス
  • 必要とされる語学力:コミュニケーション~ビジネスレベルの英語力

20代の求人状況

  • 20代前半:若手の求人はコールセンターが中心
  • 20代後半:あらゆる職種で求人数が豊富

一般的な給与水準

  • 営業職:5,000~12,000リンギット
  • 技術・管理職:6,000~12,000リンギット
  • カスタマーサービス:5,000~7,000リンギット

就労許可証

雇用主が外国人雇用枠を持っていれば、基本的には取得に関して問題はありません。

ベトナムへの海外転職

ベトナムには多くの日系企業が進出しています。製造業が中心で、商社、IT業、物流、サービス業も増えています。金融、不動産に関しては外資規制が厳しく、求人も少なくなっています。

ビザの取得が比較的容易なことから、若手人材の募集も多く、ある程度の英語力があり、海外で働きたいという意欲があれば第二新卒にもチャンス多くあります。

ベトナムで求められる人材

  • 求人が多い業種:製造業、IT業、物流業、サービス業
  • 求人が多い職種:営業職、生産管理、SE
  • 必要とされる語学力:日常会話レベルの英語力、ベトナム語ができれば望ましい

20代の求人状況

  • 20代前半:第二新卒の求人も多数
  • 20代後半:営業・技術職などの求人が豊富

一般的な給与水準

  • 営業・事務職:1,500~2,500USドル
  • 技術職:1,500~3,000USドル

労働許可証

大卒以上の学歴または5年以上の職歴が求められます。

中国への海外転職

中国では日系企業だけでなく外資や現地中国企業においても、現地採用や駐在ポジションで、日本人の就業機会が増えています。

日系企業では即戦力人材が求められる傾向にあります。性別に関係なく経験や能力によってキャリアを形成することができるので、男女ともに大きなチャンスがあります。

中国で求めれれる人材

  • 求人が多い業種:製造業、商社、金融業、物流、サービス業
  • 求人が多い職種:営業職、カスタマーサービス、専門職、技術職、工場管理(生産管理・品質管理含む)
  • 必要とされる語学力:TOEIC600点以上が望ましい。英語より中国語を重視

20代の求人状況

  • 20代前半:若手を育成するという案件も多少はある
  • 20代後半:あらゆる職種で求人数が豊富

一般的な給与水準

  • 営業職:10,000~20,000元
  • カスタマーサービス:10,000~15,000元
  • 技術職:15,000~25,000元

就労許可証

大卒以上の学歴と2年以上の職歴が求められます。金融業では同種の就業経験を問われますが、それ以外の業界では不問が一般的です。

香港への海外転職

香港には製造業、商社、金融業、IT業、物流、サービス業など多くの日系企業があり、現地化も進んでいます。幅広い職種の求人がありますが、多いのは営業や営業サポート、秘書などです。

香港で求められる人材

  • 求人の多い業種:製造業、商社、金融業、IT業、物流、サービス業
  • 求人の多い職種:営業職、営業アシスタント、秘書、カスタマーサービス
  • 必要とされる語学力:ビジネスレベルの英語力。北京語のニーズが向上

20代の求人状況

  • 20代前半:第二新卒の求人は少ない
  • 20代後半:あらゆる職種で求人数が豊富

一般的な給与水準

  • 営業職:17,000~35,000香港ドル
  • 事務職:15,000~20,000香港ドル
  • カスタマーサービス:18,000~30,000香港ドル

就労許可証

大卒以上の学歴と3年以上の職歴が求められます。

海外転職のためのスキルアップ

英語力アップ

海外転職・就職では語学力が問われます。必要となる語学力は職種によって大きく異なりますが、英語は一定のレベルをクリアしていることが求められます。

TOEICテストでは600点以上が目安とされますが、スコアよりも実際にコミュニケーションできることが重視されます。

TOEICテスト対策講座

TOEICテストのスコアアップには、毎日の英語学習が欠かせません。TOEICのスコアアップを目的としたプログラムを活用して、効率的に学習することをおすすめします。

スタディサプリENGLISH TOEICテスト対策
2ヵ月で250点アップした人も!移動中、自宅、外出先と時間を見つけてすぐに取り組むことができ、効率的にTOEIC対策ができます。


アルク・通信講座 アルクのTOEIC(R)テスト対策講座
標準学習期間でTOEIC(R)スコアを100点アップすることを目的とした新形式TOEIC(R)対応のコースです。


まとめ

日本以外のキャリアを積むことで、複数の文化、スキルを身につけたグローバル人材を目指すことができます。チャレンジの一歩が、希少価値の高い経験、技術を手に入れることにつながります。

TOEICの転職目標スコアとテスト対策
TOEICテストのスコアは多くの企業で採用の基準として参考にされるようになっています。転職に必要なTOEICの目標スコアとテスト対策をご紹介します。
外資系・バイリンガル転職エージェントおすすめ3選
外資系企業の転職人気は高まっています。キャリア採用だけでなく、第二新卒のポテンシャル採用を積極的に行う企業もあります。外資系・バイリンガル求人に強い転職エージェントを厳選してご紹介します。
タイトルとURLをコピーしました