書類選考に通らない職務経歴書の失敗


転職活動では書類選考を通過した人だけが面接へ進めるのが一般的です。

職務経歴書の重要度は高く、中途採用の採否は書類選考が7割以上といってもよいくらいです。

職務経歴書などの応募書類を志望動機だけ変更して、一度、NGになったものとほぼ同じ内容のまま使いまわしている人はいませんか?

書類選考が何度も通らないのは、応募書類に何か問題があるかもしれません。

職務経歴書の使いまわしには注意が必要です。

書類選考が通らないのは、職務経歴書に何か問題があると考えて、もう一度、自分の職務経歴書の体裁や書き方、内容をチェックしてみる必要があります。

NGになる応募書類とは?

職務経歴書の役割

職務経歴書とは、主に中途採用で履歴書を補完するための自己PRとして作成する応募書類のことです。

職務経歴書の内容は書類選考に大きく影響しますので、応募する企業ごとに求められていることを把握して、アピールすることが重要です。

未経験の業界や職種であっても、自分のキャリアで活かせることが伝わるように作成します。

「アピールできることがない」、「何が強みかわからない」という人は、職務経歴書を作成する前に、キャリアの棚卸しをしてみることをおすすめします。

職務経歴書の体裁

所定の用紙や決まったフォーマットは特にありません。

履歴書では簡単にしか記載できない職務経験について、求人に関係する部分を中心にアピールします。

履歴書は手書きが無難ですが、職務経歴書は基本的なスキルを示すためにもパソコンで作成することをおすすめします。

転職するときの職務経歴書の書き方
書類選考に通過する職務経歴書と通過できない職務経歴書は何か違うのでしょうか?書類選考を通過する職務経歴書の基本とチェックポイントについて解説します。

職務内容

職務内容は、経験した職務の種類や年数、転職回数などによって、見やすい書き方が変わってきます。

職務経歴書の職務内容は、相手が読みやすいようにまとめることが大切です。

転職活動のためのキャリア棚卸し方法
転職活動をする前には、キャリアの棚卸しを行うことが大切です。経験が浅い20代・第二新卒こそ、キャリアの棚卸しを行うことで転職の方向性が明確になります。

自己PR

職務経歴書は経験した職務内容を羅列するだけでは、ほとんど効果がありません。

強みや意欲が伝わるように工夫しましょう。

第二新卒・20代の自己PRの書き方
採用選考においてどのような自己PRが評価されるのでしょうか。新卒との違いをアピールできる第二新卒・20代の自己PRの書き方を解説します。

選考に必要な情報が不足している

空白が多いとそれだけで、採用選考の対象から外されてしまうことがあります。

工夫していたこと、努力していたこと、得られた経験や成果を付け加えたり、取得していない資格でも勉強中であることを盛り込みます。

経験不足は自己PRで将来性や意欲を伝えることが大切です。

NG理由

  • 空白が多く、内容が少ない
  • ブランク期間の記載がない
  • 自己PRがない、やる気が伝わらない
空白期間のある履歴書・職務経歴書の書き方【フリーター・第二新卒】
職歴の空白期間は3ヵ月程度であれば転職活動を理由にして問題ありませんが、4ヵ月以上であれば、ブランクについて説明できるようにしておきましょう。

メリハリがなく、読みにくい

情報をすべて記載すればよいわけではなく、伝えるべき情報を整理して、読みやすくまとめるのもビジネススキルです。

A4サイズ1枚、長くても2枚にまとめ、職歴の前に「職務経歴の要約」をつけたり、項目別にして、見出しをつけるなど読みやすさの工夫が必要です。

NG理由

  • 枚数が多く、文字も多い
  • 情報を羅列しているだけ
  • ぎっしり書かれていて、ポイントがわからない

採用基準とギャップがある

採用基準と大きくかけ離れている応募書類は選考対象外とされてしまいます。

応募先の求人情報をしっかりチェックして、条件に合致しない部分や不利な内容についてはカバーする補足説明を必ず盛り込むことが重要です。

NG理由

  • 応募条件を満たしていない
  • 募集内容と希望条件が合っていない
  • 採用対象とまったく合致しない

内容が具体的でない

具体例や事例を加えたり、売上や成績などは数字を入れることで、実際の実力レベルがイメージできる記載になります。

自己啓発については「~の資格に向けて勉強中」などの表現にすることで具体的になります。

NG理由

  • 漠然とした記載内容で、実際にどのような業務をしていたかがわからない
  • 実績や評価に数字がなく、抽象的になっている
  • 「効率的」「積極的」「意欲的」などあいまいな表現でまとめられている

簡単なミスが多い

入社後も続きそうなミスは事務処理能力に問題があると判断されます。

特に慎重さや緻密さが求められる職種では適性に欠けると判断される可能性が高くなります。

ダブルチェックをしたり転職エージェントの転職支援サービスを利用して応募書類の添削を受けるのもよいでしょう。

NG理由

  • 誤字脱字・変換ミスがある
  • フォントが揃っていない
  • 年齢と卒業年度が整合しないなどの間違いがある

社会人としての常識に欠ける

第二新卒であっても社会人経験者にはビジネスマナーが身についていることも選考基準のひとつになります。

書類の内容以前に社会人としての常識に欠けることに対しては、厳しい見方をする求人企業が多いことを理解しておきましょう。

NG理由

  • 敬称の誤り、宛名や部署名の間違い
  • 添え状や封筒が在職企業のロゴ入り
  • 郵便料金の不足など
履歴書の添え状(カバーレター)の書き方【既卒・未経験者】
挨拶状として応募書類に添付する添え状(カバーレター)は書類選考に必要な書類ではありません。形式的な要素が強い書類だからこそ、社会人としての常識が問われます。

選考を通過する書類作成サポート


作成した応募書類は使いまわすのではなく、応募先にふさわしい内容になっているかを見直しましょう。

応募書類の作成

職務経歴書は、これまでの職歴をただ並べるのではなく、応募する業界や職種、経験に合わせてアピールすることが大切です。

業界や職種として求められていることを把握して、貢献できることや強みをアピールしましょう。

職種ごとの職務経歴書

キャリアごとの職務経歴書

20代の転職支援

作成した応募書類に自信が持てなかったり、応募する前に添削してもらいたい、という人も多いのではないでしょうか。

転職エージェントなどの転職支援サービスを利用すると、書類作成のアドバイスや添削などのサポートを受けることができます。

20代に強い転職支援サービスを利用して、書類選考に有利な応募書類を作成しましょう。

転職支援サービスのメリット

  • キャリアの可能性を広げるキャリアカウンセリング
  • 転職市場を熟知したキャリアアドバイザー
  • 職種・業界未経験OKの求人紹介
  • 応募書類の添削から面接対策までのサポート
  • 転職スキルアップのセミナー
  • 高い内定率・就職率 など

キャリアごとの転職支援サービス

まとめ

中途採用では、求める人材は企業によって違うもの。

それでも書類選考で、落ち続けるというのは、書類がNGということです。

職務経歴書には、一定のフォーマットやマナーがあります。

経験やスキルがあっても、職務経歴書からそれを伝えられなければ、書類選考を通過することはできません。

はじめての転職活動で職務経歴書を作成している人は、まずは書類の体裁や書き方に問題がないかチェックしてみましょう。

転職するときの履歴書の書き方
転職活動では、通常、書類選考に通過しなければ面接に進むことができません。書類選考を通過する履歴書の書き方についてご紹介します。
第二新卒・20代の転職志望動機の作り方と例文
職歴や実績が少ない第二新卒・20代の志望動機は重要なチェック項目のひとつになります。第二新卒・20代の志望動機について作り方と例文をご紹介します。