ブランク期間のある職務経歴書の書き方


職歴のブランク期間は3ヵ月までであれば、転職活動を理由にして問題ありませんが、4ヵ月以上の空白があると、採用担当は理由を気にするようになります。職務経歴書ではブランクを払拭する強みをアピールしましょう。

ブランク期間を強みにする職務経歴書

ブランク期間前の業務内容が実質的には、最大のアピールポイントになります。携わった業務についてわかりやすく記載し、どのような環境で、どのような仕事をして、どのような結果を出したかを具体的に説明します。応募企業で発揮できる強みを打ち出しましょう。

ブランク期間の理由

空白期間の後に正社員として就業しているなら簡潔な説明でかまいません。ブランク後、最初の転職であれば、採用担当を納得させる理由が必要です。

病気やケガの療養

完全に回復していること、業務に支障がないことまで伝えます。

アルバイトをしていた

やりたいことができる企業を探すために、アルバイトの仕事をしながら真剣に転職活動をしてきたことをアピールします。

転職活動がうまくいかなかった

転職活動だけでなく、必要なスキルを習得したり、資格を取得するために自己啓発してきたことを記載します。

資格取得・公務員の勉強をしていた

応募企業で活用できる資格を取得できた場合は、積極的にアピールします。勉強した知識が応募企業で活かせるのであれば前向きな姿勢をアピール。取得できなかった場合や応募企業と関連しない場合は、きっぱり方向転換して、今後は仕事に集中することを記載します。

海外留学から帰国した

留学の目的や留学中の経験で得たこと、知識、語学力などを活かして応募企業で貢献できることをアピールしましょう。

ブランク期間のNG理由

ブランク期間について、採用を躊躇する理由があります。正直に記載することが原則ですが、表現には工夫も必要です。

転職先が決まらなかった

転職活動期間が長引き、応募社数が多いと、どこの企業も採用しない応募者というイメージを与えてしまいます。厳しい状況であっても、そのまま記載するのではなく、応募企業に関連する自己啓発をして、レベルアップしたことなどを中心に記載しましょう。

前職の人間関係から体調を崩してしまった

前職や職場を原因とした内容を記載するのは危険です。そうした理由で前職を辞めた応募者に対して、応募企業で同じような状況が起こらないと確信できる可能性は低いからです。

前職の方針や上司の批判

転職(退職)理由には、応募者の会社への責任感や就業環境に対する考え方が表れます。前職のせいにするのではなく、前職では実現できない目標実現のための転職であること、転職しないと実現できない目標を明確に示すことが採用担当を納得させるコツです。

ブランク期間の書き方

職務経歴書にブランクがあると、必ず採用担当は確認します。記載してもしなくても確認はされる準備はしておきましょう。

休職中

病気などで休職した場合、自ら率先して休職期間の内容やその理由などについて職務経歴書に記載する必要はありません。虚偽の情報を記載すると詐称になりますので、休職期間が長い場合などは記載するようにしましょう。

会社の倒産

会社の倒産は従業員に責任はありませんので、事実をそのまま記載して問題ありません。倒産した会社の実績も通常通りアピールします。転職活動でマイナス評価になることは基本的にありません。

出産や介護

出産や親の介護などが理由のブランクは、本人の能力とは直接関係ありませんので、事実を記載します。ブランク期間が3年以上の長期になると、職務能力の低下がないことなどをアピールする必要があります。

ブランク期間の後

ブランク期間に資格を取得したり、海外留学した事実だけではアピールになりません。ブランク期間の前と比べてレベルアップしているか、ブランク期間中の経験や知識が仕事にどう活かせるかを伝えることで、採用担当の納得感が高まります。

【例】営業職として2年間勤務し、さらにマーケティングの勉強をしたく、2年間海外大学に留学しました。これまでの実務経験と学んだマーケティング理論は今回の海外拠点立ち上げの求人で活かせると思い、応募しました。

資格・スキル

ブランク中に取得したもの、取得できなかったものも必要に応じて説明します。応募企業の業務に関連するものであれば、取得できていない資格でも、勉強を続けることがアピールになります。

応募書類の作成サポート


就職サイトの就職支援サービスを利用すると、書類作成のアドバイスや添削などのサポートを受けることができます。

20代に精通した就職支援サービスを利用して、選考に有利な応募書類の作成をおすすめします。

既卒・第二新卒の就職支援

MeetsAgent
既卒・第二新卒向けの就職サポート DYM就職

経歴や学歴に不安があっても、正社員になれる就職支援サービスです。書類作成、面接練習、服装指導まで二人三脚のサポートで、はじめての転職でも安心です。

サービスの特長

  • 第二新卒・既卒・フリーターの正社員求人を多数保有
  • 書類選考なしで面接まで進める
  • 就業経験がなくてもOK

利用者の声

20代 女性

「転職サイトで応募をするも書類選考落選の毎日で、良い求人に出会えないまま時が過ぎていきました そんな中DYM就職に出会い、書類作成から面接まで詳しくやりかたを教えてもらい、無事に内定をもらうことが出来ました。 」

まとめ

「転職先が決まらず空白期間ができた」「資格取得を目指して挫折した」というような場合でも、そのまま記載するのではなく、採用担当を納得させる理由を考えましょう。

ブランク期間を自己啓発やスキルアップなど有効に活用してきたことがわかれば、採用担当の懸念や疑問を払拭できます。マイナスの印象を与えず、今後の仕事に向けた前向きな姿勢がポイントです。

ニートOKの就職サイトおすすめランキング
20代ニートには正社員になれるチャンスが多くあります。経歴や学歴に自信がなくても安心して利用できる20代ニートにおすすめの就職サイトをランキングでご紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました