エンジニアの志望動機の作り方と例文


エンジニアは、どのような志望動機がよいのでしょうか。中途採用を行う求人企業では、求める技術が明確ですので、スキルがマッチすれば、できるだけ採用したいと考えています。それだけに、的外れな志望動機は避けなければなりません。

例えば、ロボット事業から撤退している企業に対して、「学生時代からの夢であるロボット作りに携わりたい」という志望動機では、高いスキルがあったとしても、採用を躊躇する企業は多いでしょう。

第二新卒・20代のエンジニアの志望動機は、入社してから活躍する姿がイメージできることが大切です。

エンジニアの志望動機

志望動機のネタの探し方

応募企業のどこに魅力を感じたり、注目したのかを書きます。製品やサービスの興味、前職との関連性、その企業の事業方針や社風、その職種への関心やこれまでの経験から活かせることなど接点を書き出してみましょう。

どこに魅力を感じるか?

  • その業界について
  • その企業について
  • その職種・業務について

なぜそう思うのか?

  • 業界・製品の知識から
  • 企業の方向性や特徴から
  • 前職との関連性や利用者の視点から

やりたいこと・貢献できることは?

  • 応募企業で役立つ経験・スキル・資格
  • 入社後にやってみたい仕事や実現したいビジョン、キャリアプラン
  • 短期間で即戦力として活躍できる経験・スキル

裏付けとなる強みは?

  • 活用できるこれまでの経験
  • 持っている技術力・スキル・語学力
  • マネジメント力やコミュニケーション力を証明するエピソード

エンジニアの志望動機のポイント

エンジニアの志望動機では、応募企業が求めている経験やスキルを理解して、自分が貢献できることを伝えることが大切です。

活かせる技術力・スキル

前職での経験が、応募企業でも活かせることを伝えます。企業が求めているスキルをどれだけ持っているかがアピールポイントになります。

どんな技術をどのレベルで持っているのか、その技術を使ってどのような仕事をしてきたかを、応募企業ではどう役立てられるかに関連付けて伝えるとよいでしょう。

技術領域が異なるような場合には、応募企業が求めるスキルを理解していることを示したうえで、短期間で戦力となれることをアピールします。

応募企業だからこそ実現できること

応募企業で開発する製品や事業の方向性などに合致したビジョンを示します。

転職理由

転職理由は志望動機の裏返しです。現在の業務に対する不満からの転職であっても、批判やマイナスな表現は避けましょう。

「前職では実現が難しいことに、これまでの経験を活かしてチャレンジして、貢献できる」という前向きな流れで、志望動機と一貫性を持たせます。

エンジニアの志望動機の書き方

志望動機の書き方は自分の状況や適性に合った内容を選択して、熱意が伝わるように工夫します。中途採用で重視されるのは、できる仕事や貢献できることですが、未経験の分野であれば、勉強中の資格やスキルをアピールすることも有効です。

  1. できる仕事・やりたい仕事
  2. ビジョン・貢献できること
  3. 業界・職種の理解
  4. きっかけ・接点
  5. キャリアプラン
  6. 同業他社との比較

前職では実現できないビジョンを伝える

転職は前職では実現できない目標のためであることを伝えます。特に同じ業界や職種への転職は事業の方向性や開発・設計環境、守備範囲などの違いに焦点を当てて説明します。

その会社だからこそ入社したいことを伝える

同業他社の求人もあるなかで、なぜその会社のその仕事に応募したのかを具体的に示します。転職理由と整合性を持たせて、一貫性のある内容にすることで、説得力がアップします。

どのように貢献できるかを伝える

自分がどのように貢献できるかを具体的に書きます。技術領域が違う場合には、活かせる知識やスキルを示して戦力になれることをアピールします。

エンジニアの志望動機の例文

技術系の職種では、それぞれキャリアや専門性により志望動機としてアピールできる内容は異なります。

①同じ業界のエンジニアの場合

同じ業界から同じ職種を希望する場合、業界や企業の動向を踏まえて、興味を持った理由や前職の活かせる経験を伝えます。

「現在のシステム開発は立ち上げ期を過ぎ、運用・保守を担当するようになりました。貴社は公共機関などシステム製品を積極的に開発されているので、これまで身につけてきたJavaに関する知識とスキルを最大限に活かせると思い、応募を決意しました。」

②異業種のエンジニアの場合

異業種の同じ職種を希望する場合、前職の活かせる経験と応募企業でこそ実現できる目標を伝えます。

「部品の開発も大変やりがいはありますが、扱う種類や市場がある程度限定されています。ものづくりをするエンジニアとして、より身近なコンシューマー製品に携わりたいと強く思うようになりました。貴社ではこれまでの開発経験とスキルを活かして、家電の開発に挑戦して、幅広い人へ製品を届けるお役に立ちたいと考えています。」

③未経験のエンジニアの場合

異業種・異職種からの転職の場合、前職での経験がエンジニアの仕事にどのように活かせるか、また未経験をカバーする自己啓発などを伝えます。

「新卒では営業職に就きましたが、大学で学んだ設計経験を活かしたいという思いが強くなりました。貴社ではシステムエンジニアとして、大学時代の知識と営業で培ったコミュニケーション力を活かして、貢献したいと思います。少しでも早く戦力となれるように、大学でもJavaについては学びましたが、独学でも勉強を続けています。」

※履歴書などの書類では「貴社」、面接などの口語は「御社」と使い分けます。

エンジニアの書類作成・面接サポート


転職エージェントの転職支援サービスを利用すると、応募書類の添削や面接対策などのサポートを受けることができます。

業界・職種に精通した転職支援サービスを利用して、選考通過率をアップさせることをおすすめします。

エンジニアの転職支援

エンジニア専門の転職支援はメイテックネクスト
エンジニア専門の転職支援はメイテックネクスト

エンジニアに特化した転職支援サービスです。技術知識や業界情報に精通したコンサルタントがエンジニアの転職をサポートします。企業ごとの内情を踏まえて、書類作成の指導や面接のアドバイスをしてもらえます。

サービスの特長

  • 専門分野別のコンサルタント
  • 書類作成指導・面接対策で選考通過率アップ
  • 業界最大級の非公開求人

まとめ

エンジニアなど技術職の志望動機では、自分の思いが先行してしまう人も多いのですが、採用選考で重視されるのは、応募企業にどう貢献できるかです。

業界や応募企業について研究したうえで、自分の強みがどのように発揮できるのかを伝えることがポイント。そうすることで、応募企業で採用後に活躍できることをイメージしやすくなり、採用したいと感じてもらえるようになります。

製造系エンジニアの職務経歴書の書き方
エンジニアの職務経歴書であっても、最初に目を通すのは人事であることが多いのです。採用担当の視点から、書類選考を通過するエンジニア(技術職)の職務経歴書の書き方を解説します。
ITエンジニアの職務経歴書の書き方
エンジニアの職務経歴書であっても、最初に目を通すのは人事であることが多いのです。採用担当の視点から書類選考を通過するITエンジニアの職務経歴書の書き方を解説します。
タイトルとURLをコピーしました