医療事務の履歴書・職務経歴書の書き方


医療事務の求人に応募する場合、職業柄、応募書類の内容だけでなく、書き方も重視されます。

一般的に提出を求められる書類には、履歴書職務経歴書などがあります。

医療事務の履歴書・職務経歴書の書き方について、ご紹介します。

スポンサーリンク

医療事務の履歴書の書き方

履歴書のフォーム

履歴書にはさまざまな形式の用紙があります。どれでもよいわけではなく、自分の経歴をアピールしやすいものを選ぶようにしましょう。

スタンダードなJIS規格

最も一般的な履歴書でB4、A4、A3など複数のサイズがあります。学歴・職歴欄が広いものは、余白が目立たないよう記述の仕方に注意が必要です。

未経験者向き

コクヨの「一般用・B5判」は、学歴・職歴欄は左側のみで、右側に特技や性格などヒューマンスキルをアピールできる欄や志望動機欄が広くあります。

未経験から転職・就職する人などに向いています。日本法令の「自己紹介書付き」など似たタイプが複数あります。

経験者向き

日本法令の「転職者用・B4(A3)判」は、学歴は最終学歴のみで、退職理由や出社可能日など選考に必要な項目があります。

経験が5年以上など、キャリアが長い人には、転職者に特化したフォーマットが向いています。

履歴書の書き方

履歴書はパソコンで作成することもできますが、医療事務という職業柄、手書きで丁寧に書くことをおすすめします。

日付・氏名・連絡先

日付は提出日、郵送であれば投函する日を記載します。氏名は戸籍に登録されている通りに正確に記入します。

連絡手段として携帯電話やメールを使う企業が増えましたので、記入欄がなくても空欄を利用して記入することをおすすめします。

学歴

中学卒業から記載することが一般的です。高等学校以降の学歴は入学・卒業とも年次を記入します。

年次は間違えやすい項目ですので、しっかり確認して記載します。間違えると経歴詐称とされることもありますので、注意しましょう。

職歴が短い人は、職歴を記入する行が少ない用紙を選び、学歴と職歴の間は一行空けるなど空白が目立たないように工夫します。

職歴

職歴は簡潔に整理することが大切です。詳細な職務内容は職務経歴書に記載します。職歴がなければ、記入する必要はありません。

在学中であれば「現在在学中」、在職中であれば「現在に至る」、離職中であれば「一身上の都合により退社」などと最後の行に記載します。

免許・資格

免許や資格は、正式な名称を書きます。医療事務に関連する資格には、似ているものが多くありますので、正確に記載しましょう。

資格を取得していなくても、勉強している資格があれば「○○試験受験予定」など勉強中であることを記載してもよいでしょう。

医療事務の資格を取る方法(通学・通信・大学・独学)
医療事務の資格を取得するには、通学・資格スクール、通信講座、専門学校・大学等、独学で勉強する方法があります。それぞれ特徴がありますので、自分に合った方法を選ぶことが大切です。

趣味・特技

趣味・特技については、医療事務と関連があるものはもちろん、関連がなくても人柄や健康をアピールすることにつながる場合がありますので、空白にはせず記入しましょう。

志望動機

志望動機は履歴書で最も重要な項目といえます。これまでの経験を応募先でどう活かせるかを具体的に書きます。

医療事務の志望動機には医療事務の職種または応募する医療機関などについて、「なぜ選んだのか」「どこに魅力を感じたのか」「何をやりたいのか(志)」を書きます。

医療事務の職務経歴書の書き方

職務経歴書のフォーマット

職務経歴書には主に「編年体形式」と「キャリア形式」があります。

職歴が短い場合は、ベーシックな編年体形式をおすすめしますが、短期派遣など職歴が多い場合などは、職務内容別にまとめる「キャリア形式」で、わかりやすくまとめるものよいでしょう。

編年体式

経歴を古いものから順に時系列にまとめる書き方です。勤務先である医療機関ごとに職務内容、実績を記載します。

古い方から書くのが一般的ですが、最新のものから書く形式(逆編年体形式)もあります。

キャリア式

時系列ではなく、職務内容ごとに経歴をまとめる書き方です。基本的な構成は、経歴の要約と職歴を職種別、職務別、取扱商品別などキャリア(同じ業務)ごとにまとめて記載する形式です。

職務経歴書の書き方

職務経歴書はこれまでの経験やスキルをアピールするためのものです。経験したことをすべて記載するのではなく、応募先で貢献できること中心に、わかりやすくまとめることが大切です。

レイアウト

A4サイズ1~2枚にまとめます。箇条書きで簡潔に見やすくまとめましょう。

職務内容

職務内容のまとめ方は経歴と応募先のニーズを考えて決めます。応募先に関連がある経験を優先して記載します。

いつ・どこの医療機関(または会社)のどのような所属や職種で、何をしていたか、最もアピールになるものを中心に書くとよいでしょう。

従業員数など具体的な数字、実績も数値で示すことができれば、より伝わりやすくなります。

保有資格・スキル

医療事務だけでなく、応募先に関連する資格やスキルもアピール材料です。【保有資格】【PCスキル】【語学スキル】など見出しをつけて積極的にアピールしましょう。

自己PR

自己PRでは、これまでの経験を活かして、具体的に応募先でどのように貢献できるか、今後の目標など熱意を伝えることで説得力がアップします。

添え状

応募書類を郵送する場合には、添え状をつけます。応募書類ではありませんが、社会人としてのマナーや職種の適性をアピールすることにつながります。

まとめ

医療機関により採用方法は異なりますが、応募書類は必ず提出します。医療事務の応募書類では、これまでの経験から正確性や周囲への気配りなども伝わるように作成することが重要です。

調剤薬局事務おすすめ資格の試験内容と勉強法
調剤薬局事務には複数の民間資格があります。調剤薬局事務で有利な資格は?取得しておきたい調剤薬局事務のおすすめ資格について、試験内容、勉強法をご紹介します。
介護事務おすすめ資格の試験内容と勉強法
介護事務には複数の民間資格があります。介護事務で有利な資格は?取得しておきたい介護事務のおすすめ資格について、試験内容、勉強法をご紹介します。

 

参考:職務経歴書の基本構成


 

職務経歴書

20××年×月×日
氏名○○ ○○

 

【職務内容】

具体的な仕事内容や実績を伝えます。アピールになるアルバイト経験や派遣社員経験は記載して大丈夫です。

  • 勤務先、入社・退社年月、所属、職種
  • 経験した業務の詳細・実績
  • 勤務先での評価、表彰、受賞、昇格、後輩指導など
応募企業に役立つ経験をクローズアップして伝えましょう。具体的に業務をイメージできるように書き方を工夫します。

 

【資格・スキル】

応募企業に役立つ知識や技能を伝えます。

  • 免許・資格・スキルレベル
  • 業務に関連する学歴、自己啓発
勉強中のものもアピールになる資格・スキルは書いておきましょう。

 

【転職理由・自己PR】

入社意欲や求人ニーズに合った適性や強みを伝えます。

  • 転職(退職)理由
  • 自己PR
具体的なエピソードを盛り込んでアピールします。
タイトルとURLをコピーしました