キャリアに合った人材紹介会社を選ぶには


人材紹介会社(転職エージェント)は、求人企業と仕事を探す人とをマッチングするサービスを行っています。

全国に大小多数の人材紹介会社があり、多くの人が利用しています。

20代・第二新卒にとっても、人材紹介会社はキャリアの可能性を広げてくれるサービスとして存在感を高めています。

同じ20代であっても、キャリアチェンジがしたい人、キャリアアップを目指す人、未経験から正社員になりたい人など、希望はさまざまです。

就活・転職活動でエージェントサービスの利用が一般的になった今、どの人材紹介会社に登録するかが重要になっています。

自分の方向性に合った相性のよい人材紹介会社に登録することが大切なのです。

それぞれのキャリアに合った人材紹介会社の選び方をご紹介します。

人材紹介会社とは

スーツの女性

人材サービス

人材サービスには、さまざまな種類があります。

人材サービス会社には、それらを総合的に行ったり、専門・特化して行う会社があります。

人材サービスの種類

  • 職業紹介・人材紹介
  • 人材派遣
  • 請負(業務代行)
  • コンサルティングサービス
  • 人材情報サービス など

人材紹介会社

人材サービスのうち職業紹介は、求人企業と求職者からの申し込みを受けて、その紹介・あっせんをする事業です。

職業紹介には、ハローワークなどが行う無料職業紹介事業と有料職業紹介事業とがあります。

有料職業紹介事業を行っているのが、人材紹介会社です。

有料といっても、人材紹介では、求人企業から成功報酬として紹介手数料が支払われるので、仕事を探している人は人材紹介会社のサービスを無料で利用できます。

人材紹介サービスの種類

人材紹介サービスのメリット

  • サービスを無料で受けられる
  • 自分で求人を探す必要がない
  • キャリアカウンセリングを受けられる
  • 適性診断やスキルチェックを受けられる
  • 自分だけでは見つけられない非公開求人を紹介してくれる
  • 応募書類の添削や面接対策などのサポートがある
  • 企業との連絡や面接日程などの調整をしてくれる
  • 入社日や条件交渉などを代行してくれる
  • 複数のサービスに登録できるので、チャンスが多い

人材派遣と人材紹介の違い

人材派遣会社は、労働者派遣事業を行っています。

派遣会社と雇用関係にあるスタッフを企業に派遣して、スタッフは派遣社員として派遣先企業の指揮命令を受けて働きます。

内容人材派遣人材紹介
雇用関係派遣会社との雇用契約採用された企業との雇用契約
契約期間原則、制限あり制限なし
採用選考なしあり
労働条件派遣会社の規定採用された企業の規定
給与の支給派遣会社から支給採用された企業から支給

求人サイトと人材紹介の違い

求人サイトは、企業からの求人広告などを掲載して、仕事を探している人に情報を提供しています。

利用する人は、基本的に自分で情報を検索して、直接応募します。

内容求人サイト人材紹介
求人情報自分で検索非公開求人などを紹介
求人の応募直接応募エージェントの推薦を受けて応募
面接対策自分なりに対策アドバイザーがサポート
企業との連絡直接やり取りエージェントが代行
条件交渉直接交渉エージェントが代行

大手の人材紹介会社(総合型転職エージェント)

大手の人材紹介会社(総合型転職エージェント)では、デパートのように多くの業種・職種の求人に対応したエージェントサービスを提供しています。

大手の人材紹介会社は、いろいろな可能性を検討したい人におすすめです。

まずは2社程度、登録してみるのがよいでしょう。

大手のメリット・デメリット

  • 好条件・非公開求人が豊富
  • 幅広い業種・職種の求人から探せる
  • キャリアチェンジからキャリアアップまで対応している
  • 求人紹介以外にもサポート体制が充実している
  • 大手企業や人気企業とのパイプがある
  • 登録者数が多いのでライバルも多い
  • 全くの未経験からのチャンスはあまり多くない

大手の人材紹介サービス(例)

  • マイナビエージェント
  • パソナキャリア
  • dodaエージェントサービス
  • リクルートエージェント

専門・特化型の人材紹介会社

専門・特化型の人材紹介会社は、業種・職種・対象層などある特定の領域に特化して、専門性の高いエージェントサービスを提供しています。

自分が希望する業種や職種がはっきりしている人、該当するサービスの対象となる人は、まずは複数登録してみることをおすすめします。

特化型のメリット・デメリット

  • 特定領域の求人を専門的に取り扱っている
  • サービスの専門性が高い
  • 対象となる分野の動向に精通している
  • 求人紹介のマッチング率が高い
  • 利用者の満足度が高い
  • 対象となる経験やスキルがないと求人紹介は難しい
  • 地域によっては求人紹介が難しい

特化型の人材紹介サービス(例)

人材紹介会社を選ぶポイント

人材紹介会社のサービスにはそれぞれに強みとする分野があります。

サービスの強みを理解して、自分の方向性と合うところを上手に活用することがポイントです。

自分が希望する業界や職種に力を入れていない材紹介会社では、登録しても求人を紹介してもらえない、ということは普通にあります。

大手の人材紹介会社、自分が対象となる特化型の人材紹介会社にまずは2~3社程度登録して、効率よく就活・転職活動を進めることをおすすめします。

利用するサービスの確認

  • 希望する業界・職種の求人を保有している
  • 希望する地域の求人を保有している
  • 紹介実績が高い

人材紹介サービスを利用する流れ(例)

人材紹介サービスを利用するには、Webサイトからの登録・申込みが必要となります。

①Web登録

Webサイトから登録をします。

Web登録すると、人材紹介サービスを無料で利用できるようになります。

②面談・カウンセリング

申込み・登録後にキャリアアドバイザーによるキャリアカウンセリングや求人紹介が行われます。

電話やメールでも対応してもらえます。

③求人情報の提供・企業への推薦

自分に合った求人情報のなかから、応募したい企業を決め、企業には人材紹介会社から推薦されます。

④面接・内定

面接日程の調整など企業との連絡は、人材紹介会社が代行してくれます。

面接の詳細情報や面接対策、追加の求人情報などのサポートもあります。

⑤入社フォロー

入社に必要なサポートをしてくれます。

自分では聞きにくい待遇や条件の交渉は人材紹介会社に代行してもらえます。

まとめ

就活・転職活動で人材紹介会社を利用することはごく一般的なことになってきています。

はじめての転職や経験の浅い20代の人にとっては、ハードルが高く感じられるかもしれませんが、さまざまなサービスが展開されていますので、自分に合った人材紹介会社を見つけられるはずです。

満足度の高い就職・転職を実現するには、まずは自分の希望やキャリアに合ったサービスを見つけることが、重要になっています。

転職の求人情報を探すには
20代・第二新卒の転職先を探すには、いろいろな窓口を積極的に活用することをおすすめします。代表的な求人情報についてメリット・デメリットをご紹介します。
人材サービスの業界研究
人材サービス業界は幅広いビジネスを展開しています。人材サービスの転職・就職で押さえておきたい業界の動向、売上高ランキング、採用市場をご紹介します。

 

□求人の対象は自分のキャリアと合っていますか?
□希望する業界や職種の情報に精通していますか?
□希望するサービスを受けられますか?
□エージェントとの相性は良いですか?