未経験からでも仕事につながりやすいおすすめ事務系資格


採用市場は全般的に活発ですが、一般の事務職は飽和状態です。デスクワークを希望する女性にとっては、専門性を高めることが再就職成功への近道になります。

未経験からでも仕事につながりやすい女性に人気の資格をご紹介します。

転職に有利なおすすめ事務系資格

医療事務

医療事務は医療業界の事務スタッフで、女性人気No.1資格です。病院の受付案内や電話応対、医療保険の請求(レセプト業務)、カルテの入力管理、備品や薬剤の管理発注などを行います。

医療事務は国家資格ではなく、民間団体が認定する資格が複数あります。なかでも定評があるのは「診療報酬請求能力認定試験」です。

診療報酬請求能力認定試験とは

公益財団法人日本医療保険事務協会が実施する全国一斉統一試験です。医療事務の最高峰資格として医療業界に広く認知されています。

受験資格

制限なし

試験日

年2回(7月、12月)

学科試験(医科・歯科どちらかを選択)

  • 医療保険制度等・公費負担医療制度の概要
  • 保険医療機関等・療養担当規則等の基礎知識
  • 診療報酬等・薬価基準・材料価格基準の基礎知識
  • 医療用語及び医学・薬学の基礎知識
  • 医療関係法規の基礎知識
  • 介護保険制度の概要

実技試験

  • 診療録(カルテ)から手書き方式で診療報酬明細書(レセプト)の作成
  • 試験場への診療報酬点数表、 その他の資料の持ち込みは自由

合格率

医科・歯科計30~40%

問い合わせ

公益財団法人 日本医療保険事務協会

取得の難易度

医療事務に関しては多くの団体が独自の資格試験を行っています。合格率が70%程度の他の医療事務資格と比較して診療報酬請求能力認定試験は難関ですが、定評があり、資格取得後の活用度が高いといえます。

診療報酬請求事務能力認定試験の通信講座おすすめスクール
医療事務で転職やキャリアアップに役立てるなら診療報酬請求事務能力認定試験が有利です。診療報酬請求事務能力認定試験の合格実績が高く、お手頃価格のおすすめ通信講座をご紹介します。

転職・就職情報

大病院の医療事務は派遣や契約社員が多く、業務全体を専門の請負会社にアウトソースするケースも増えています。こうしたアウトソースの会社に就職することもできますし、クリニックなどには正社員の求人があります。

女性が多い職種で、他職種での実務経験、社会人経験を積んだ人材を求めている医療機関が多くあります。手に職をつけて、一般事務にはないやりがいを感じたい女性にとって、手堅いキャリアといえるでしょう。

医療事務の勉強方法

医療事務の勉強をはじめてする人や独学は難しいと考えている人は、資格・通信講座を上手に活用することをおすすめします。多くの合格者を輩出しているスクールや就職サポートを受けられるスクールもありますので、資料を取り寄せて比較してみるとよいでしょう。

医療事務で有利なおすすめ資格
医療事務は代表的なものだけでも10種類以上の民間資格があります。医療事務で有利な資格は?取得したい医療事務のおすすめ資格について、試験内容、勉強法をご紹介します。

調剤薬局事務

調剤薬局事務は保険調剤薬局の事務全般を担当します。処方せんの受付、保険証の確認や調剤録の作成・管理、薬の会計、調剤報酬の請求(レセプト業務)などサポート業務を行います。

調剤薬局事務には複数の民間資格があり、調剤事務管理士、調剤報酬請求事務専門士などが代表的です。調剤事務管理士は試験が年に6回あり、会場受験と在宅受験が選択できるので、初心者でも挑戦しやすい資格といえるでしょう。

調剤事務管理士試験とは

技能認定振興協会が認定する保険調剤薬局の受付や会計、レセプト業務などを担当する事務スタッフのスキルを証明する資格です。

受験資格

制限なし

試験日

年6回(奇数月)

試験内容

  • 学科:保険請求事務、薬の基礎知識
  • 実技:レセプト点検問題、レセプト作成

合格率

60%程度

問い合わせ

技能認定振興協会

転職・就職情報

医薬分業が定着し、調剤薬局の重要性が高まるなか、薬剤師をサポートする事務スタッフが求められています。全国どこでも働くことができ、雇用形態も選べるため、ライフスタイルに合わせた働き方ができます。

調剤薬局事務の勉強方法

調剤薬局事務の資格を取得するには、資格・通信講座で勉強する方法があります。スクールの資料は取り寄せることができますので、複数比較して、自分の状況やかけられる時間、費用に合ったスクールを選ぶことをおすすめします。

調剤薬局事務で有利なおすすめ資格
調剤薬局事務には複数の民間資格があります。調剤薬局事務で有利な資格は?取得しておきたい調剤薬局事務のおすすめ資格について、試験内容、勉強法をご紹介します。

介護事務

介護事務は介護サービスを提供するさまざまな事業所の業務をサポートする事務スタッフです。サービス事業所の受付や会計、レセプト業務などを担当します。

介護事務管理士技能認定試験とは

技能認定振興協会が認定する2000年にスタートした日本初の介護事務者の資格試験です。全国の福祉業界で認知されています。

受験資格

制限なし

試験日

年6回(奇数月)

試験内容

  • 学科:法規、介護請求事務
  • 実技:レセプト点検問題、レセプト作成

合格率

50%程度

問い合わせ

技能認定振興協会

転職・就職情報

高齢化が進み、介護サービスの利用者は年々増加しています。それだけ介護報酬請求業務も増えいきますので、介護事務スタッフのニーズは高まっていくといえるでしょう。

介護事務の勉強方法

介護事務の資格を取得するには、資格・通信講座で勉強する方法があります。スクールの資料は取り寄せることができますので、複数比較して、自分の状況やかけられる時間、費用に合ったスクールを選ぶことをおすすめします。

介護事務で有利なおすすめ資格
介護事務には複数の民間資格があります。介護事務で有利な資格は?取得しておきたい介護事務のおすすめ資格について、試験内容、勉強法をご紹介します。

簿記3級

簿記3級は経理・財務の基礎知識を証明できる資格です。商工会議所が実施する公的試験で、職種・業種を問わず企業から評価されています。

受験資格

制限なし

試験日

6月、11月、2月

試験内容

商業簿記:経理関連書類を読み取り、取引先企業の経営状況を数字から理解できる

合格率

40%程度

問い合わせ

日本商工会議所・各地商工会議所

転職・就職情報

簿記の資格者のニーズは安定しています。経理業務の入門資格といえる簿記3級は企業などの経理事務で役立ちます。

簿記3級の勉強方法

簿記3級の資格を取得するには、独学や資格・通信講座で勉強する方法があります。簿記3級は独学で合格する人も多い資格です。

簿記3級おすすめテキスト

経理・財務部門で有利なおすすめ資格
経理・財務部門における20代の転職や就職、キャリアアップにおいては、資格を取得していることが重要なアピール材料になります。経理・財務部門で有利な資格をご紹介します。

女性の再就職サポート


主に結婚・出産・育児・介護などの理由で離職した女性の再就職をサポートする無料プログラムがあります。何からはじめたらよいか迷っている人にもおすすめです。

女性の再就職支援窓口


【女性しごと応援テラス・東京しごとセンター】

再就職を希望する女性を対象としたプログラムです。職種別の専門知識、就職活動の進め方、パソコン実習、さらに再就職経験者や人事担当者との交流会、職場体験までを組み合わせた10~12日間の充実した内容です。就職活動のサポートや職業紹介も行っています。

選べるコース

  • 事務基本コース
  • 経理基本コース
  • 人事・給与計算コース
  • 医療事務コース

まとめ

体力的な負担が少ない事務職は長く働ける職種として女性に人気です。接客などの立ち仕事からデスクワークにキャリアチェンジを希望する人も多いでしょう。一般的な事務職の求人ニーズは高くありませんので、経験者でも厳しい状況です。転職・キャリアチェンジを目指すには専門性を身につけて、スキルアップしていくことをおすすめします。

再就職女性のスキルアップにおすすめの無料プログラム
結婚や妊娠、出産、育児などの理由で退職した女性にとって、キャリアを阻む再就職の壁。ブランクがあっても多くの就職を実現している再就職サポートプログラム(東京)をご紹介します。
事務未経験からのオフィスワーク転職におすすめの無期雇用派遣
事務職は女性の人気職種です。競争率も高いので、事務未経験からのオフィスワーク転職には、期間に定めのない無期雇用派遣サービスの利用おすすめします。
タイトルとURLをコピーしました