ヘッドハンティング

キーワード解説

ヘッドハンティングとは

ヘッドハンティングとは、企業の優秀な人材を他の企業が引き抜くことです。外資系企業で頻繁に行われている手法ですが、日系企業でもサーチ型の人材紹介会社が企業の依頼に応じて、人材市場でスカウトを行うビジネスが広く浸透するようになっています。

サーチ型の人材紹介会社では、自社の求職登録者だけではなく、企業が求める人物像に近い人材を主体的に探し出します。転職を希望していない層もサーチするので、より求人スペックに合った人材の紹介が可能になります。

以前は、経営幹部やエグゼクティブクラスの限られた人材をターゲットとするイメージがありましたが、近年では幅広い年齢層や職種にスカウトのターゲットは広がっているといわれます。

ヘッドハンターとのつきあい方

ヘッドハンターは、人材市場やネットワークから候補者を探して、クライアントに紹介します。ヘッドハンターは短い時間で、候補者を見極めなくてはなりません。

ヘッドハンティングで転職する際には、ヘッドハンターが見極めやすいように、自分の情報を整理して、わかりやすくヘッドハンターへ伝えることが大切です。

ヘッドハンターと上手につきあって、より多くの情報を収集することは、労働市場の調査にもなり、自分の転職時期を決定することにも役立ちます。

ヘッドハンティングの内定辞退

ハイクラス求人を扱うヘッドハンティングには、ハイスペックな人材が集まります。紹介先の企業は複数になるケースが多く、内定辞退は多々あります。

逆に、企業側からヘッドハンティングでの内定を取消すことは、前職を退職しているなどの状況が考えられるため、厳しい対応となっています。

外資系・バイリンガル転職エージェントおすすめ3選
外資系企業の転職人気は高まっています。キャリア採用だけでなく、第二新卒のポテンシャル採用を積極的に行う企業もあります。外資系・バイリンガル求人に強い転職エージェントを厳選してご紹介します。
海外・アジア転職におすすめの人材紹介サービス
海外転職はキャリアパスの新たな選択肢のひとつになっています。海外転職では、海外の採用市場、グローバル求人に強い転職エージェントの人材紹介サービスをおすすめします。
転職・就職に役立つ用語集
転職・就職活動ではさまざまな専門用語や人事用語が登場します。20代・第二新卒の転職・就職に役立つ用語を集めて解説しています。必要な情報を転職・就職活動にお役立てください。
ハイクラス専門のヘッドハンター

CAREER CARVER

タイトルとURLをコピーしました