転職先を探す方法(メリット・デメリット)


20代・第二新卒の転職先を探すには、いろいろな窓口を積極的に活用することをおすすめします。

自分だけでは見つけられない求人・募集がありますので、キャリアの可能性を広げることができます。

転職先を探す方法には、それぞれメリット・デメリットがあります。

自分のキャリアや転職活動のステージに合わせて、選びましょう。

20代・第二新卒の代表的な転職先の探し方をご紹介します。

転職先の探し方

求人サイト

求人情報誌のインターネット版などです。

様々な求人を掲載するサイトで、紙媒体より新しい情報が掲載されています。

サイト内で自分の希望条件から絞り込みをして、求人の検索を行い、直接応募することができます。

転職エージェントとは違い、自分で求人を探し、応募後の転職活動も自分で行うことが一般的ですが、企業から直接オファーが届くスカウトメール機能を持つ求人サイトも増えています。

  • 最新の求人情報が豊富
  • 検索機能が充実している
  • 直接応募できる
  • 事実上の一次選考となりWebエントリーでNGになることも多い
  • 人気企業へ応募が殺到する
  • 掲載期間が決まっている

転職エージェント(人材紹介会社)

転職エージェントは「有料職業紹介事業者」と呼ばれる民間の人材紹介会社です。

人材紹介会社の多くは登録者に企業を紹介するエージェント型ですが、ヘッドハンティングを行うサーチ型もあります。

転職エージェントでは、既卒者、第二新卒、経験者など様々な状況で求人を探す人に、求人紹介を行います。

専門分野に特化したエージェントと幅広い求人を取り扱う総合型のエージェントがあります。

キャリアアドバイザーが個別に希望条件などをヒアリング(キャリアカウンセリング)して、求人企業と転職希望者をマッチングします。

求人紹介以外にも書類作成や面接対策、セミナーなど、様々な転職支援を行っています。

  • 非公開の求人が豊富にある
  • 大手からベンチャーまで様々な求人情報がある
  • サポート体制が充実している
  • 企業の詳細情報が事前にわかりやすい
  • 応募の手続きから面接の日程調整まで代行してくれる
  • 書類選考の通過率が高い
  • すぐに紹介案件があるとは限らない
  • 自分のペースで活動できるとは限らない
  • 自分に合ったサービスがあるとは限らない
  • 直接応募できない

新聞・業界紙

全国紙は日曜日や月曜日に求人広告が掲載されます。

折り込み広告は地元企業の情報が豊富です。

希望する業界が決まっていれば、業界紙の求人情報が役立ちます。

  • 大手やブランド企業など好条件の求人が多い
  • 折り込み広告には地元企業の求人が多い
  • 掲載される求人情報が少ない
  • 人気企業には応募が殺到する

ハローワーク

全国にあるハローワークの窓口またはハローワークによって運営されるハローワークインターネットサービスで求人を検索することができます。

ハローワークでは誰でも自由に求人情報の閲覧ができます。

直接応募できるものと紹介状が必要なものがあります。

わかものハローワークなど専門型ハローワークもあり、手厚いサポートを受けることができます。

  • 求人数が圧倒的に多い
  • 地元企業の求人が豊富
  • 求人票の情報が限られている
  • 企業の詳しい情報があまりわからない

転職フェア・合同説明会

転職サイトなどが主催して、求人企業の転職フェアや合同説明会などの転職イベントが行われています。

業種や職種別に求人企業を集めて、合同で行う転職フェアや企業説明会、セミナーに参加することで、採用意欲が高い企業や求人のニーズを知ることができます。

  • 多くの企業が一度に集まる
  • 採用担当者に直接会うことができる
  • 企業情報を収集、比較できる
  • 開催日・開催地が限られている
  • 遠方の場合、移動に費用がかかる

企業の公式サイト・SNS

企業の公式サイトに採用情報が掲載されることがあります。

中には自社サイトにしか掲載されない求人もあります。

またSNSを採用活動に利用する企業も多くなっています。

応募したい企業が決まっているのであれば、まずチェックしてみましょう。

  • 最新の情報が掲載される
  • 他の媒体に出ない求人がある
  • 求める人物像など社風がわかる
  • 直接応募できる
  • 希望する求人情報があるとは限らない
  • 応募する企業や業界が決まっていないと、探すのが大変

知人・友人の紹介

社員からの紹介を積極的に採用活動に活用する企業が増えています。

自社の業務内容や組織風土をよく理解している社員の紹介は最も確実な採用方法として期待されています。

特にベンチャー企業などでは採用方法として定着しています。

実際に仕事をしている社員からの紹介なので、内定率が高くなります。

採用が決まると紹介した社員には報奨金などが賃金として支払われます。

  • 実際の仕事内容や会社の様子が詳しくわかる
  • 求人になっていなくても入社できる可能性がある
  • 入社後、合わなくても辞めにくい

20代・第二新卒の転職活動


20代の転職市場は活発です。転職市場には「第二新卒」という新卒で入社してから3年程度までの求職者の市場があります。

新卒だけでなく、既卒や第二新卒の採用にも積極的な企業が増え、求人数も豊富です。

第二新卒は社会人としてのビジネスマナーを身につけていること、柔軟性や成長性があることをメリットとして求人企業はとらえられていますので、キャリアチェンジのチャンスが多くあります。

20代・第二新卒の転職支援

転職支援サービスを利用すると、業界や職種に精通したキャリアアドバイザーの転職サポートを無料で受けることができます。

適性・適職などのアドバイスから優良企業の求人紹介、応募書類の添削、面接対策などのサポートを受けられますので、選考通過率アップの可能性が高くなります。

転職支援サービスの例

  • 非公開・好条件の求人紹介
  • 専任のキャリアアドバイザー
  • 企業ごとの書類作成・面接対策など

20代・第二新卒の転職支援

まとめ

さまざまな求人の媒体がありますが、求職者が利用料を支払うことはありません。

企業側が求人を出す場合には、ハローワークは無料ですが、民間サービスは有料です。

有料の媒体を利用する求人企業は、費用がかかっても、いい人材を集めたいという採用に積極的な企業が多いといえます。

求人サイトと転職エージェントを上手に使う方法
転職活動では、ほとんどの人が求人サイトや転職エージェントなどの転職サービスを利用しています。求人サイトと転職エージェントの上手な使い方をご紹介します。
ハローワークを就職・転職で上手に使う方法
ハローワークでは様々なメニューで若者の就職・転職支援を強化しています。求職活動でハローワークを上手に活用する方法をご紹介します。
第二新卒におすすめの転職フェア・セミナー
転職セミナーや説明会など転職イベントに参加すると、転職活動の方向性がはっきりします。転職するかどうか迷っていたり、転職がはじめての人には特におすすめです。