キャリアカウンセリング

キーワード解説

キャリアカウンセリングとは

キャリアカウンセリングとは、働く人や就職・転職を希望する人の適性、能力、経験などに応じて、効果的に職業の選択や職業生活設計、職業能力の開発ができるように、専門家が個別にキャリアの相談に応じ、助言や指導を行うことです。

キャリアカウンセリングは、通常、1対1の面接形式で行われます。カウンセリングは、企業や公私の機関で実施されています。

企業内で行われる場合には、人事相談制度など従業員とのコミュニケーション施策のひとつとして、実施されているケースもあります。産業カウンセラーは企業など従業員の諸問題について、対応する専門家の資格です。

地域社会では、ハローワークや民間の人材紹介会社などでもカウンセリングを受けることができます。キャリアコンサルタントは質の高いキャリアカウンセリングを実践できる専門家の国家資格です。

専門のカウンセラーは、カウンセリングに必要な専門知識、どのような考え方の人にも対応できる柔軟性、守秘義務などが求められます。

キャリアカウンセリングを受けることで、自分の適性や能力、関心などに気づき、自己理解を深めるとともに、企業内や社会にある仕事について理解することにより、その中から自身に合った仕事を主体的に選択できるようになることが期待できます。

キャリアカウンセリングを受ける流れ(例)

キャリアカウンセリングを受けることは、自分の考えや方向性を整理することに役立ちます。

①キャリアの棚卸し

自分の強み弱み、大切にしたいこと(価値基準)を明確にして、どんな仕事がしたいのかイメージを具体的にしていきます。

②自己理解

キャリアの形成に関して、適性や自分自身を客観的に再確認します。

振り返りの内容

  • 自分の強みは?
  • これまで身につけてきたことは?
  • 仕事をしていくなかで譲れないことは?
  • この先、何をしたいか?
  • 希望の仕事につくために必要なスキルは?

③仕事の理解

キャリアを分析して、業種・職種、キャリアパスの種類や内容を理解します。

④方向性の決定

希望を整理して、いくつかの選択肢の中から方向性や目標を設定します。条件に合致する求人情報の提供や選考ノウハウについて指導を受けられます。

20代の転職活動におすすめのキャリアコンサルティング
20代の転職活動では、キャリアコンサルティングを受けて、自分の考えや希望を整理することをおすすめします。キャリアコンサルティングがおすすめの転職支援サービスをご紹介します。
フリーターのキャリア相談におすすめの就職支援サービス
20代フリーターの「やりたい仕事がわからない」「どのように活動すればよいかわからない」という悩みには、キャリア相談・キャリアカウンセリングの積極的な活用をおすすめします。
転職・就職に役立つ用語集
転職・就職活動ではさまざまな専門用語や人事用語が登場します。20代・第二新卒の転職・就職に役立つ用語を集めて解説しています。必要な情報を転職・就職活動にお役立てください。
タイトルとURLをコピーしました