キャリアデザイン

キーワード解説

キャリアデザインとは

キャリアデザインとは、職業人生を自ら設計することです。自分の経験やスキル、ライフスタイルなどを考慮して、実現したいキャリアや将来像に近づくプロセスを具体的にして、選択、決定していきます。

終身雇用や年功序列制が主流であった時代は、新卒採用で入社した会社に定年まで勤めることが一般的でした。そこでの社員のキャリアは、基本的に会社側が提示してきました。

しかし、終身雇用や年功序列制度の維持が難しくなり、雇用形態が多様化するなど、就業環境は大きく変化しています。

自分のキャリアは、会社に頼るのではなく、自らデザインし、自分で切り開かなければならない時代になっています。またキャリアは一度デザインすればよいのではなく、何度もデザインし直すことが必要です。

一人ひとりが自分のキャリアについて考えることの重要性が高まっています。

キャリアデザインの方法

キャリアデザインを行う方法として、「やりたいこと」「できること」「やるべきこと」が一致している状態が望ましいとされています。

キャリアデザインにおいては、この「やりたいこと」「できること」「やるべきこと」を将来的に一致させるために、どのような業務経験を積んでいくかということがポイントになります。

キャリアの棚卸し

キャリアデザインでは、自分のこれまでの経験やスキルの棚卸しを行います。担当した業務、身につけたスキル、成功・失敗の経験などを振り返り、自分のキャリアを客観的に把握します。

キャリアの方向性

キャリアの棚卸しをもとに、今後のキャリアの方向性を定めます。将来のキャリアのイメージと現在の自分とのギャップを理解し、どのような経験やスキルがあれば、このギャップをなくすことができるかを考えます。不足している経験やスキルは、これから身につけていくための計画を立てます。

ジョブローテーション

比較的規模の大きい企業においては、社員のキャリアデザインを踏まえて、単なる配置転換ではなく、人材育成を目的とした戦略的な人事異動として、ジョブローテーションが行われることもあります。ジョブローテーションは、企業内でのゼネラリスト育成を目的とする場合に有効な手段とされています。

働き方の多様化

多くの人にとって会社で働くことが仕事をする一般的な方法といえますが、働き方が多様化し、起業やフリーランスなど会社員以外の働き方を選択する人も増えています。

キャリアは自らデザインし、何度もデザインし直すことが必要
20代の転職相談におすすめのキャリアコンサルティング
20代の転職活動では、キャリアコンサルティングを受けて、自分の考えや希望を整理することをおすすめします。キャリアコンサルティングがおすすめの転職支援サービスを厳選してご紹介します。
転職活動に役立つキャリアの棚卸し方法
転職活動をする前には、キャリアの棚卸しを行うことが大切です。経験が浅い20代・第二新卒こそ、キャリアの棚卸しを行うことで転職の方向性が明確になります。
転職・就職に役立つ用語集
転職・就職活動ではさまざまな専門用語や人事用語が登場します。20代・第二新卒の転職・就職に役立つ用語を集めて解説しています。必要な情報を転職・就職活動にお役立てください。
タイトルとURLをコピーしました