キャリアパス

キーワード解説

黒板と虫眼鏡

キャリアパスとは

キャリアパス(Career Path)とは、企業などにおける昇進、昇格のルートのことです。

ある職位に就くまでに必要な経験や職務の展望を示すものです。

どのような仕事をどれくらいの期間担当し、どのようなスキルを身につけて、どのレベルに達すれば、どのポストに就けるのか、昇進の経路や順序、計画を指します。

キャリアパスは人事異動、人事評価、教育訓練、能力開発などの複数の制度と連携して実施されます。

入社後のキャリアパスが明確であれば、配置や昇進、昇格と社員個々人の人生設計を結びつけて選択しやすくなります。

社員の能力を最大限に活かすために、企業には多様な昇進パターンを提供できるようにしておくことが求められます。

昇進・昇格の基準

能力や役割りによって区分したレベルに基づき、処遇されている場合、レベルごとに求められる要件が明確になっていることが重要です。

上位のレベルに進むためには、レベルの要件を満たし、一定の条件をクリアすることが必要となります。

  • 人事評価の基準をクリアしていること
  • 上位レベルの基準を満たしていること
  • 最短のモデル年数 など

ジョブローテーション

ジョブローテーションは、単なる配置転換ではなく、社員の能力開発を目的として、人材育成計画に基づいた人事異動や職務変更を行うことです。

ジョブローテーションは日本企業における人材育成の手法として、広く取り入れられています。

若手社員に活用する場合には、比較的短い期間で多くの業務を経験させ、幹部候補となる人材の育成では、数年単位での実施となることがあります。

グループ企業への出向という形をとることもあります。

ジョブローテーションはゼネラリストの育成に有効ですが、スペシャリストの育成は困難となる可能性があります。

また、ジョブローテーションが社員の希望するキャリアパスや専門分野と異なる場合、異動によってモチベーション・ダウンや離職につながるリスクもあります。

社内公募制度

企業側と社員側のキャリアパスの希望が異なる場合、離職を防ぐ施策として「社内公募制度」や「社内FA制度」などの制度を導入する企業も増えています。

社内公募制度は、異動や退職による欠員や新規事業の要員などを、社内から募集して、選定する制度です。

社内FA制度は、社員が自らのキャリアやスキルに基づき、希望する部門などを登録する制度です。

応募には、上司の同意を必要とするものと、必要としないものがあります。

同意を必要としないものの方が、制度の本来の趣旨に沿うものといえます。

上司の同意を必要としない場合は、人事部門や募集部門に直接応募します。

正社員と多様化する雇用形態
ワークライフバランスの取り組みや柔軟な働き方の実現に向けて、雇用形態にも変化が見られるようになっています。多様化する雇用形態の基礎知識をご紹介します。
20代(入社3年以内)の離職率と退職理由
新卒社員の入社3年以内の離職率は3割を超えています。今、転職を考えている人にとっても、新卒社員の離職実態と退職理由は失敗しない転職のヒントになるはずです。
20代におすすめの転職相談・キャリアカウンセリング
20代の転職準備では、まず自分の考えや希望を整理することが大切です。20代におすすめの無料転職相談・キャリアカウンセリングを厳選してご紹介します。
転職活動のためのキャリア棚卸し方法
転職活動をする前には、キャリアの棚卸しを行うことが大切です。経験が浅い20代・第二新卒こそ、キャリアの棚卸しを行うことで転職の方向性が明確になります。
転職・就職に役立つ用語集
転職・就職活動ではさまざまな専門用語や人事用語が登場します。20代・第二新卒の転職・就職に役立つ用語を集めて解説しています。必要な情報を転職・就職活動にお役立てください。
  • キャリアパスが明確になっていると、自分のキャリア形成に主体性と責任をもつことができる
  • キャリアパスは自己啓発の大きな動機づけになる