人事評価制度

キーワード解説

黒板と虫眼鏡

人事評価制度とは

人事評価制度とは、従業員による一定期間の働き(能力・勤務態度・組織への貢献度など)に対して、会社が客観的に評価する手続きのことです。

人事評価制度は、昇給や賞与、昇進、昇格などの基準として、また能力開発、人材育成にも活用されています。

これまでの人事評価制度は、主に査定手段として使われてきましたが、人事評価制度の目的は、従業員が能力を最大限に発揮できる仕組みとして運用することに変わってきています。

人事評価制度の動向

日本の人事制度は終身雇用のもと、「年功序列制」で運用されてきました。年功序列の賃金制度では、本人の能力にかかわらず年齢とともに賃金が上昇するため、社員の高齢化や低成長時代を迎え、年功序列は見直しが進みました。

企業では、人事評価制度を組織の生産性向上のための手段として使うようになり、貢献度の高い従業員には、高い評価を与える人事施策を取り入れるようになっています。

人事評価の主な目的

  1. 従業員の能力や成果を客観的かつ公正に昇給・賞与、昇格・昇進などに反映することで、公平な処遇を実現する
  2. 業務を遂行するうえで必要な能力を明確にして、従業員の能力開発に役立てる
  3. 従業員の能力や成果を把握して、人事異動など適材適所の配置を行い、組織運営の効率化を図る

人事評価の主な方法

人事評価には、代表的な方法として「情意評価」「能力評価」「行動評価」「業績評価」があります。それぞれの評価項目を組み合わせて作成した人事評価基準が使われます。

  • 情意評価:仕事に取り組む姿勢や勤務態度
  • 能力評価:保有する能力、発揮した能力
  • 行動評価:成果を出すために取った行動、コンピテンシー
  • 業績評価:一定期間における仕事の成果、目標達成度

評価結果のフィードバック

従業員から信頼される人事評価制度として機能するためには、評価者が適正な評価をして、その結果を評価対象者にフィードバックすることが重要になります。

評価結果のフィードバックは、評価対象者の成長につなげるために行われます。評価結果が悪かった場合には、その理由と同時に改善の方向性を示して、そのための指導、支援が必要です。

人事評価の公平性や透明性を保ち、評価に対する納得性を高めることが組織や会社への信頼感にもつながります。

人事評価は公正な基準と手続きが必要であり、人事権の濫用にあたる人事評価は認められない
成果主義と年功序列のメリット・デメリット
20代で転職を考える人には、年功序列の会社より成果主義の会社の方が活躍できそうという印象があるのではないでしょうか。それぞれのメリット・デメリットをご紹介します。
転職・就職に役立つ用語集
転職・就職活動ではさまざまな専門用語や人事用語が登場します。20代・第二新卒の転職・就職に役立つ用語を集めて解説しています。必要な情報を転職・就職活動にお役立てください。
タイトルとURLをコピーしました