ハロー効果

キーワード解説

ハロー効果とは

ハロー効果とは、評価を行う際に起こるエラーのひとつです。際立つ特徴や事態に引きずられてしまう心理的効果で、特定の優れた点(劣った点)を見つけると、他の要素までが優れている(劣っている)と評価してしまうことです。

採用面接の場面においても、評価エラーは起こります。例えば、新卒採用の場面では、難関大学出身であれば学力だけでなく、仕事もできるだろうと評価してしまうことなどや、中途採用であれば、大手企業の勤務経験があったり、難関資格を持っているなどの点から全体を実際よりも高く評価してしまうようなことが考えられます。

人は印象や偏見、先入観から正確にものが見えにくくなるさまざまなバイアスを持っていて、ハロー効果を人の判断から完全に除去することは難しいといえます。評価エラーをできるだけ少なくするためには、応募者を評価する項目の明確化や評価者(面接者)の訓練が重要になります。

応募者も、面接者が陥りやすい評価エラーを知っておくことで、採用面接の場面において、あえてマイナスの印象を与えるような言動は避けるようにすることができます。

主な評価エラー

ハロー効果以外にも、評価者が陥りやすい評価エラーがあります。評価者は公平な評価を行うために、自分の評価傾向を理解して、トレーニングしておくことや、経験値を増やして、スキルアップすることが必要になります。

  • 中心化傾向:差をつけず、中心的な評価に偏ってしまうこと
  • 寛大化傾向:評価が甘く、全体的に高く評価してしまうこと
  • 厳格化傾向:評価が厳しく、全体的に低く評価してしまうこと
  • 対比誤差:面接者が自分自身の経験や能力を基準に応募者を評価してしまうこと
  • 自己投影傾向:面接者と同じような意見や価値観をもっていることが評価に影響してしまうこと
  • パスト・アンカリング・エラー:応募者の過去の行動・実績に引きずられて誤った評価をすること
  • サンプリングエラー:応募者の職務行動の一部だけを取り上げて評価をしてしまうこと
面接官の印象や偏見、先入観などのバイアスが採用面接の評価に影響することがあり得るので、あえてマイナスの印象を与えるような言動は避ける
転職面接の流れとよくされる質問
転職の面接試験には基本的な流れと定番の質問があります。「前職の職務内容」「転職理由」「志望動機」「自己PR」、逆質問について、具体例を用いて解説します。
キャリアチェンジの採用面接(よくある質問と答え方)
キャリアチェンジの採用面接でよくされる質問に対する回答には、面接官を納得させる内容が求められます。キャリアチェンジの面接での答え方について、採用担当の視点から解説します。
転職・就職に役立つ用語集
転職・就職活動ではさまざまな専門用語や人事用語が登場します。20代・第二新卒の転職・就職に役立つ用語を集めて解説しています。必要な情報を転職・就職活動にお役立てください。
タイトルとURLをコピーしました