出向

キーワード解説

黒板と虫眼鏡

出向とは

出向とは、元の会社から子会社や関連会社を含む別の会社へ異動することです。

出向では、出向先の会社において出向先の会社の指揮命令で業務に従事します。

出向元の会社との雇用関係(労働契約)を維持したまま出向先の会社へ異動する在籍出向と、元の会社との雇用関係を解消して出向先の会社と新たな雇用関係を結ぶ転籍(移籍出向)には、大きな違いがあります。

出向は、子会社や関連会社への支援、従業員のキャリア形成や能力開発、雇用調整など、さまざまな目的で行われます。

包括的同意

出向などの人事異動は、基本的に会社の業務命令として行うことができます。

就業規則などに明示があれば、人事権の濫用でない限り、従業員本人の同意がなくても、包括的同意で人事異動が認められます。※転籍を除く

  • 人事異動があることを就業規則などに記載して、従業員に周知していること
  • 人事異動を定期的に実施していること
  • 職種を限定して採用していないこと

業務命令権

通常、会社の就業規則には「業務の都合により、出張、配置転換、出向を命ずることがある」などと記載されています。

一般に、正社員についての出向(在籍)命令は、業務命令権の一つとして認められています。

転籍については、雇用関係を解消するので、従業員の同意が必要となります。

転籍命令を拒否しても、個別の同意が必要であるため、原則として懲戒処分の対象にはなりません。

在籍出向

出向元に籍を残して出向する在籍出向の場合、就業規則や労働協約などで、出向に関する規定があれば従業員ごとの個別的同意は原則不要とされています。

出向期間が終了すると、出向元の会社に戻ることになります。

在籍出向では、身分と給与の支払い義務は出向元の会社にありますが、指揮命令権は出向先の会社にあります。

若手社員には、仕事の幅を広げたり、環境を変えて成長を促すなどの目的で出向させるパターンがあります。

転籍

元の会社を退職して新たな雇用関係を結ぶ転籍(移籍出向)の場合、就業規則などに定めがあったとしても、従業員に対して、個別の同意が必要とされています。

在籍出向からそのまま転籍となる場合も、転籍するときには従業員ごとに個別の同意が必要となります。

転籍では、現在の会社との雇用契約を終了して、転籍先の会社と雇用契約を締結します。

労働時間休日・休暇賃金などの労働条件は、転籍先の会社で決定されることになります。

会社分割が行われて、事業が他の企業に承継された場合、その事業に従事していた従業員は、原則として、事業の承継先の企業で雇用されます。

権利濫用による出向命令の制限

出向の必要性や手続きに問題があれば、出向命令は人事権の濫用にあたるとして無効とされる場合があります。

  • 就業規則などに出向規定がなく、従業員の包括的同意がない場合
  • 出向命令に業務上の必要性、選考の合理性がない場合

法令による出向命令の制限

法令に違反する不利益な取扱いとなる出向命令は認められません。

  • 不当労働行為
  • 国籍・信条・社会的身分による差別
  • 性別を理由とする配置、職種変更などの差別的な取扱い
  • 妊娠・出産・産前産後休業などを理由とする不利益な取扱い
  • 育児介護休業の取得を理由とする不利益な取扱い
  • 労働基準法違反などの申告を理由とする不利益な取扱い
  • 公益通報を理由とする不利益な取扱い
20代・未経験からの転職エージェントおすすめを厳選
未経験やキャリアチェンジ、リベンジ転職の希望も多い20代。新たなチャレンジ、よりよいキャリアをサポートする転職エージェントをランキングでご紹介します。
20代後半・ハイクラス転職エージェントおすすめを厳選
20代後半のハイクラス転職では自分の力だけでは探せない非公開求人を見つけることが重要です。キャリアアップに強いハイクラス転職エージェントをご紹介します。
転職・就職に役立つ用語集
転職・就職活動ではさまざまな専門用語や人事用語が登場します。20代・第二新卒の転職・就職に役立つ用語を集めて解説しています。必要な情報を転職・就職活動にお役立てください。
出向元の会社との雇用関係を維持して在籍したままの出向(在籍出向)と元の会社との雇用関係を解消して退職する転籍(移籍出向)がある