フリーランス

キーワード解説

黒板と虫眼鏡

フリーランスとは

フリーランスとは、特定の企業や団体、組織に所属することなく、自らの専門知識やスキルを提供して対価を得る人のことです。

フリーランスには、大きく分けて、独立系フリーランスと副業系フリーランスがあります。

独立系フリーランスには、個人事業主、法人経営者、副業系フリーランスには、企業や組織に雇用されながら起業する人、雇用されている企業や組織の他に企業や個人と契約する人などがいます。

経済産業省(中小企業庁)、厚生労働省、公正取引委員会等を中心にフリーランスの働く環境の整備が進められています。

「フリーランスとして安心して働ける環境を整備するガイドライン」のなかで、フリーランスは「実店舗がなく、雇人もいない自営業や一人社長であって、自身の経験や知識、スキルを活用して収入を得る者」を指すと定義されています。

専門的なスキルや才能を活かして、自由度の高い働き方ができるフリーランスという形態を選び、働く人が増えています。

フリーランスでは、企業などの発注者と業務請負(業務の完成を請け負うこと)や業務委託(一定の業務処理を委ねること)などの契約を締結して、仕事を引き受けます。

請負契約であっても、実質的に発注者と受託者との間に使用従属関係が認められるような場合には、労働契約と判断されます。

また、フリーランスは派遣社員(労働者派遣)とも区別されます。

表向きは請負契約であっても、発注者が受託者の労働者に指揮命令、管理監督して、業務を遂行している場合などは、実態は派遣であり、偽装請負の問題が発生します。

フリーランスの例

  • クリエイティブフリーランス
    デザイナー、編集者、コピーライター、フォトグラファーなど
  • ビジネスフリーランス
    エンジニア、ライター、コンサルタントなど
  • 職人フリーランス
    スタイリスト、フードコーディネーター、スポーツトレーナーなど

フリーランスと個人事業主

個人事業主とは、個人で事業を行っている人のことです。自営業者ともいいます。

法人を設立せずに事業を行う形態が個人事業で、事業主一人のみ、家族のみ、あるいは少数の従業員のみの小規模経営が一般的です。

フリーランスは個人事業主のなかのひとつの分類であり、フリーランスと個人事業主に明確な区別はないといえます。

フリーランスと税金

個人事業主と法人では、税金の面で大きな違いがあります。

個人事業主のフリーランスの場合、個人事業主に対して税金がかかります。

法人の場合は、法人に対して税金がかかることに加えて、法人から給与を受け取る個人にも税金がかかります。

税金は、個人事業主も法人も利益に対して、一定の税率をかけた額を支払うことになります。

法人では、経営者の給与は経費に含まれますが、個人事業では、個人事業主の給与は経費には含まれません。

個人事業主の場合、自分の給与を差し引く前の利益に対して、所得税や住民税、事業税などがかかります。

フリーランスのメリット

  • 自分の技能や才覚を活かせる
  • 独立性・自由度の高い働き方ができる
  • 法人を設立するよりも初期コストがかからない
  • 支払った交際費の全額を必要経費にすることができる

フリーランスのデメリット

  • 対外的な信用度が法人と比較して低い
  • リスクや事業責任を自ら負う
  • 利益が出た場合、トータルの税金が高くなる
  • 欠損金の繰越期間が法人の7年に対して3年と短い

参考:フリーランス協会「フリーランス白書2018」

副業から起業に役立つサービスおすすめを厳選
インターネットの普及により20代の副業・起業が増え、キャリアチェンジの選択肢になっています。副業から起業に役立つおすすめサービスを厳選してご紹介します。
ITフリーランス専門エージェントおすすめを厳選
ITフリーランスを求める企業の代行や案件紹介のサポートを行い、開発現場とフリーエンジニアをつなげるITフリーランス専門エージェントを厳選してご紹介します。
転職・就職に役立つ用語集
転職・就職活動ではさまざまな専門用語や人事用語が登場します。20代・第二新卒の転職・就職に役立つ用語を集めて解説しています。必要な情報を転職・就職活動にお役立てください。
  • 就業形態が多様化し、フリーランスで働く人が増えている
  • フリーランスには独立性があり、発注者と使用主従関係はない