20代起業・個人事業におすすめの支援サービス


インターネットの普及により20代で独立する人は少なくありません。会社を辞めるなら転職するのではなく、起業・個人事業をスタートすることも選択肢の1つになっています。

「自分らしく働きたい」
「好きな仕事に専念したい」
「夢を実現したい」など、

独立する目的は人によって様々です。起業・個人事業の始め方と役立つ支援サービスをご紹介します。

起業・個人事業の始め方と支援サービス

起業のポイント

起業・事業を始める前に、まずは必要なポイントを押さえておくことで、リスクを最小限に抑えることができます。

✔自分の強みが活かせるか

これまで培った知識、スキル、人脈、資格、趣味など自分の強みを最も活かせる分野を選ぶことが大切です。

✔自分のやりたいことか

起業は簡単に成功できるものではありません。苦しい時期を乗り越えられる情熱や強い気持ちがもてる分野を選びます。

✔利益が出せるか

収益が見込めるかどうかが事業の継続には必要です。顧客ニーズがあること、競合が少ないこと、小資金でスタートできること、経費が少ないことなども20代の起業では重要になります。

在宅ワークによる起業

最も現実的で手軽に起業をスタートできるのが、在宅ワークです。まず個人事業から始めて、事業規模が拡大した段階で会社にするのもよいでしょう。

在宅ワークの例

  • Webサイト作成、運営
  • プログラミング
  • アプリ開発
  • ライティング
  • データ入力、チェック
  • 翻訳

サイト運営による起業

インターネットの普及により、サイト運営は代表的な起業方法のひとつになっています。

ECサイト


売上アップを目指すなら楽天市場

日本最大級のショッピングモールで、圧倒的な集客力があり、売上が伸ばしやすい楽天市場。ネットショップならではのノウハウを基本からトレンドまでサポートする充実した体制が整っています。

サイト運用


WEBスキルを活かして在宅ワークを始めるなら【チームワーカーズ】

WEBサイト運営代行に特化した案件が基本です。更新作業、ページデザイン、バナーデザイン、コーディング、メルマガ配信、サイト解析、コンサルティングなど、サイト運営に関わる豊富な案件があります。

フリーランスとして独立

フリーランスとして独立するには、さまざまな仕事があります。自分に合う仕事を見つけることがポイントです。

フリーランス・在宅ワーカー


日本最大級のクラウドソーシング クラウドワークス

エンジニア・デザイナー・ライター向け案件が中心です。ホームページ制作、LP・バナー・ロゴ制作、アプリ・ウェブ開発、ライティングなど仕事の種類は246種類。上場企業をはじめとした10万社が依頼しています。フリーランスや在宅ワーカーが数多く活躍中。

フリーエンジニア


独立を考えるITエンジニアの総合的なサポート【Pe-BANK】

フリーランスエンジニア向けサービスの中でも歴史が長く、ユーザーに寄り添った手厚いサポートが特徴です。フロントサイド、ゲーム系案件よりも、業務系案件に強みがあります。

フリーライター


在宅でライティングのお仕事なら【サグーワークス】

場所や時間を選ばず、自分のペースで働きやすいライター。業界最高水準の文字単価で他のサービスよりも高収入が狙えます。

学習塾の開業


塾長1人で50~60名の生徒を受け持てる塾開業支援【すららネット】

サービスの特長

  • フランチャイズに加盟せず、加盟金0円・ロイヤリティ0円の学習塾開業
  • 生徒10名でコストペイできるビジネスモデル
  • 塾長1人で運営可能
  • 開業1年以内に複数校舎の展開も実現可能
  • 開業に必要なサポート研修を実施
  • 全国約650校のネットワーク
  • 生徒募集ノウハウも提供

フランチャイズ加盟による起業

会社を辞めて独立する代表的な手段としてフランチャイズへの加盟があります。加盟者は本部が作ったビジネスモデルを使う対価として加盟金や指導料を支払います。どのフランチャイズに加盟するかが重要です。

  • よい本部を選ぶ
  • 加盟店のオーナーの話を聞く
  • 契約書をきちんと読む
  • 好きな分野で初期投資が少ない本部を選ぶ

フランチャイズの比較


フランチャイズ情報比較サイト

有名企業から、今話題のチェーンまで、フランチャイズ加盟店の募集概要を掲載しています。カテゴリーや人気ランキングなど各種コンテンツが用意されています。

フランチャイズの開業支援


独立開業支援サイト【フランチャイズサポ─ト】

希望の業種・予算・条件・地域からおすすめ企業を紹介。フランチャイズ開業で失敗しないためのノウハウマガジン独立開業塾も掲載しています。

資格を活かした起業

資格を取っての起業は比較的確実な方法ですが、収益を上げるためには営業力が一番の難関といえます。

資格のニーズ

資格にも時代のニーズがあります。ニーズの高い資格を選ぶことが重要です。最近では、コンピューター関連の資格が注目を集めています。

複数の資格

資格を複数組み合わせることで、強みが増すものがあります。自分が既に持っている資格にプラスして相性の良い資格を組み合わせるのもおすすめです。

人脈

資格で起業するのは、営業が一番の難関になります。自分の人脈を最大限に活かして、自分でクライアントを開拓しなくてはなりません。自分の人脈で仕事ができそうな資格を選ぶことが必要になります。

独立・開業に有利なおすすめ資格
将来的に独立・開業を目指したいと考える人にとって、資格を取得することはひとつの有力な選択肢です。資格取得後に、独立・開業で成功につながりやすい資格をご紹介します。

技術・専門知識を活かした起業

コンピュータ関連などで若手の起業は増加しています。スキルとともに経営能力を身につけることが課題になります。

大企業などの支援

技術の開発に専念するためには、経営や営業のパートナー、大企業などの支援を受けるのが得策です。こういった若者の起業を自治体や企業が支援する動きは増えていくと思われます。

会社員時代のつながり

会社員時代の技術を活かして起業しようと考えている場合には、起業前から顧客獲得の目処を立てておくことが大切です。起業後すぐに実績を作ることができます。

フリーエンジニア案件紹介・専門エージェントおすすめ5選
エンジニアがフリーランスになるケースが増えています。エンジニアを求める企業の開発現場とフリーエンジニアをつなげる案件紹介の専門エージェントを厳選してご紹介します。

自分にあった形態を選ぶ

起業の形態には個人事業主、会社(法人)、NPO法人などがあります。手軽さなら個人事業主、信用重視なら法人ですが、事業や営業のスタイルにあった選択をすることが大切です。

法人のメリット

  • 社会的な信用力が高い
  • 出資額を上限とした有限責任
  • 法人税の方が税率が低い
  • 個人の資金や借金ではなく、出資を募ることができる
  • 経営者としてのノウハウが身につく

個人と法人の違い

個人事業 会社法人
資本金 なし 必要(金額の規制はない)
設立手続き なし 銀行へ出資金を払い込み、法務局で登記申請をする
資金調達 個人事業主に融資する公的融資制度あり 金融機関などから融資を受ける、その他、社債発行もあり
責任範囲 無制限 株式会社や合同会社は出資金額の範囲で責任を負う
会計処理 青色申告など 複式簿記の記載など簿記の知識が必要
税金 所得控除を除いた所得を対象として課税される 会社の売上に対する利益額を算出し、課税対象となる金額を出す
交際費 原則的に交際費は損金となる 一定額を超えると費用として認められない
住民税 都道府県民税と市町村民税、所得割、均等割 都道府県民税と市町村民税、法人税割、均等割
事業税 事業主控除後、事業所得金額に対して課税される 課税所得額や資本金の額によって異なる

会社を設立する

会社の設立手続きには法令で定められた手順や書類があります。司法書士や行政書士に代行してもらう方法もありますが、自分ですればその後の経営にも役立ちます。

①発起人の決定

会社設立までの様々な手続きを進めていきます。人数は1名以上で、定款の署名、1株以上の出資が必要です。基本的には代表取締役就任予定者がなるのが普通です。

②基本事項の決定

会社の目的、社名、事業内容、本店所在地、資本金の額、株式発行数、役員構成、決算期などの会社の基本的な事項を決定します。

③定款の作成

会社の活動は定款に基づいて行われます。定款には「絶対的記載事項」と任意に定める「相対的記載事項」「任意的記載事項」があります。絶対記載事項は、目的、商号、本店所在地、設立に際して出資される財産の価額またはその最低額、発起人の氏名と住所です。

④定款の認証

定款を公証人に認証してもらう必要があります。定款の認証には、全発起人の印鑑証明書が必要です。

⑤出資金の払い込み

発起人代表の預金口座へ出資金を払い込みます。入金があった証拠として通帳のコピーが登記申請の際に必要になります。

⑥設立時役員等の選任

発起人は設立時役員等を選任します。設立時取締役、設立時監査役(監査役を設置する場合)、設立時会計参与(会計参与を設置する場合)、設立時会計監査人(会計監査人を設置する場合)のことです。

⑦取締役会の決議(取締役1人の場合は開催の必要なし)

取締役会で決議する事項は、代表取締役の選出、本店所在地の町名・地番の決定です。

⑧法務局で設立登記の申請

本店所在地を管轄する登記所に以下の書類を申請します。

  • 株式会社設立登記申請書
  • 定款
  • 発起人の同意書
  • 設立時取締役、設立時監査役選任及び本店所在場所決議書
  • 設立時代表取締役を選定したことを証する書面
  • 設立時取締役、設立時代表取締役及び設立時監査役の就任承諾書
  • 印鑑証明書
  • 本人確認証明書
  • 払い込みを証する書面
  • 資本金の額の計上に関する設立時代表取締役の証明書
  • 登記すべき事項を入力したCDR
  • 登録免許税

⑨諸官庁への届け出

  • 税務署への届け出
  • 労働基準監督署への届け出
  • 公共職業安定所への届け出
  • 年金事務所への届け出
  • 営業許可などの役所への届け出
  • 銀行等への届け出

開業・会社設立手続き

はじめての独立のための手続きは、なかなか大変です。便利なサポートを利用してスムーズに進めることをおすすめします。

個人事業


個人事業の開業freee

個人事業に必要な開業手続きを一括作成。個人事業の開業書類を5分で無料作成できます。

会社設立


法人の会社設立freee

ガイドに沿って入力すれば会社設立に必要な手続きが完了。面倒な会社設立書類を5分で無料作成できます。

まとめ

自分の夢を形にするのは自分の決断です。不安のない起業などはないかもしれません。20代は経験や資金は少ないですが、失敗してもやり直しができ、思いっきりチャレンジできるのが、メリットです。真剣に仕事と向き合う20代の働き方はその後の人生の大きな財産になるはずです。

サイト運営支援サービス

楽天市場
【チームワーカーズ】

フリーランス支援サービス

クラウドワークス
フリーランスエンジニア【Pe-BANK】
在宅でライティングのお仕事なら【サグーワークス】

フランチャイズ支援サービス

フランチャイズ情報比較サイト
【無料】フランチャイズサポート厳選!オススメFC【資料請求】

学習塾開業支援サービス

個人塾開業支援セミナー【すららネット】

開業・会社設立支援サービス

開業freee会員登録
会社設立freee会員登録

コメント

タイトルとURLをコピーしました