派遣社員として働くメリット・デメリット


正社員としての転職・就職を目指している人は、登録型の人材派遣を選択肢に入れていないかもしれません。

正社員として働きたいのか、希望する仕事に就きたいのかの優先順位で、選択も違ってくるでしょう。

希望する仕事で正社員としての転職が実現できない場合でも、人材派遣をキャリアに組み合わせることで、結果的に希望の仕事で正社員になれる可能性を高めることができる場合があります。

派遣社員として働くメリット・デメリットを踏まえて、20代のキャリアで活かす方法をご紹介します。

登録型派遣の働き方


派遣社員とは、どのような働き方のことをいうのでしょうか?

契約社員との違いは?

派遣社員は、就業先の企業との雇用関係がありません。

契約社員やアルバイトは勤務先に直接雇用されていますが、派遣社員は派遣会社に雇用され、派遣会社から就業する企業に派遣されます。

労働者派遣制度

労働者派遣制度では、派遣元(派遣会社)が派遣先(派遣先企業)と派遣労働者(派遣社員)との間で契約を締結します。

派遣先企業とは派遣契約を結び、派遣社員とは雇用契約を結びます。

派遣社員は派遣会社の社員として雇用されている常用型と派遣先との契約期間中のみ雇用関係にある登録型に分けられます。

派遣社員と派遣先企業は雇用関係ではなく、指揮命令関係となり、派遣社員は契約した期間、派遣先企業で働きます。

派遣社員

登録型の派遣社員として働くには、まず登録する派遣会社を選ぶことが必要になります。

派遣の仕事には、スペシャリストの派遣から経験がなくてもスタートできるものまで、さまざまな仕事があります。

派遣会社には、得意不得意がありますので、自分に合った派遣会社を選ぶことが大切です。

新卒派遣

派遣社員は、一般的に即戦力として企業に派遣されますが、ミスマッチの不安などから新卒者を派遣する「新卒派遣」も定着しつつあります。

新卒だけでなく、既卒者や第二新卒など若年層向けの人材派遣も増えています。

紹介予定派遣

紹介予定派遣は、一定の派遣期間の後に直接雇用されることを予定して行われる労働者派遣です。

派遣社員と派遣先企業にとって、ミスマッチを防ぐメリットがあります。

新卒派遣では、紹介予定派遣の割合が高くなっています。

派遣会社

派遣会社は労働者派遣事業の許可を取得していなければなりません。

紹介予定派遣を行うには、労働者派遣事業と有料職業紹介事業の許可が必要になります。

派遣会社は派遣社員と雇用関係をもち、労働条件や社会保険・労働保険などの責任を負います。

派遣先企業

派遣先企業は、派遣されてくる派遣社員を性別や年齢によって特定することが原則として禁止されています。

また、選別する行為も禁じられています。

派遣先企業と派遣社員は指揮命令関係となりますが、雇用関係はありませんので、契約や業務内容に関しての相談などは派遣会社を通して行うことになります。

派遣会社への登録

派遣会社へ登録すれば、派遣会社が派遣先を探してくれます。

派遣スタッフの募集

登録型派遣では、多くの場合、派遣先や職種を特定せず、多数の登録者を募集しています。

登録者のなかに派遣先企業のニーズに合う人材がいない場合や一時的に需要が多い場合などには、特定層に訴求して募集することもあります。

派遣スタッフの登録

  • 派遣登録の申し込み
  • 派遣会社(コーディネーター)との面談
    ・必要書類の提出
    ・登録シートの記入
    ・スキルチェック
    ・希望条件の確認など

登録型の大手派遣会社

  • テンプスタッフ
  • マイナビスタッフ
  • スタッフサービス
  • パソナ
  • リクルートスタッフィング
  • アデコ
  • マンパワー
はじめての事務職におすすめの派遣会社
事務職は女性に人気の職種です。未経験から事務職として転職したい人も多いでしょう。はじめてでも安心して利用できる派遣会社を厳選してご紹介します。

派遣社員として働くメリット

目的達成の準備期間になる

希望する職種や目指す資格がある人、働きたい業界がある人、勉強したい人など明確な目的のある人にとって、派遣社員という働き方は目的を達成するための準備期間としてメリットになります。

派遣社員として働く期間のメリット

  • 時間を確保できる
  • 収入が確保できる
  • 派遣先の就業経験ができる
  • 人脈が築ける

キャリアを積むことができる

希望する業種・職種に正社員として転職するには、実務経験の少なさがネックになるということが少なくありません。

派遣先を自分の進みたい方向に合わせて選び、まずは仕事をして、実績を積むことがメリットになります。

派遣社員がメリットになる働き方

  • 経歴にブランクがなくなる
  • 職歴ができる
  • 実務経験が積める
  • 未経験領域の実績ができる

スキルアップできる

大企業や中途採用では狭き門などの仕事で、通常ではできない経験を積んだり、たくさんの人との出会いなど豊富なチャンスをスキルアップにつなげることができます。

派遣社員がキャリアに有利なこと

  • 大企業での就業経験ができる
  • 最新の技術に触れることができる
  • 豊富な出会いやチャンスがある

ステップアップにつながる

目的意識を明確にして、派遣期間を過ごすことで、ステップアップにつなげることができます。

派遣社員の成功パターン

  • 派遣先で働きぶりを認められ、派遣先や取引先、派遣会社の正社員となる
  • スキルを磨き、次の転職で活かす
  • 築いた人脈で独立・起業する

派遣社員として働くデメリット

正社員との格差が広がる

目的を達成するために派遣社員として働くのであれば、ずるずると続け、本来の目的を忘れてはいけません。

派遣社員として働く期間は3年以内などと目標を決めておきましょう。

20代のキャリアを補完できるメリットはありますが、30代、40代と長くなると、任せられる仕事、責任の範囲、給与の差が正社員と比較してどんどん大きくなっていく可能性があります。

同一労働同一賃金への対応が進んだとしても、業務や責任の範囲が変わらなければ、昇給しない可能性が高いといえます。

派遣社員を長く続けるデメリット

  • 時給が上がらず正社員との年収格差が広がる
  • 派遣契約終了後に待機期間ができるなど雇用が不安定になる
  • 昇格や昇進、賞与などがなく成長や達成の実感がもてない

派遣会社とのつきあい方

派遣社員として働くなら

派遣社員としての働き方が有意義なものとなるか、不満の多いものになるかはつきあう派遣会社によって全く違ってきます。

はじめてであれば、登録する派遣会社選びから派遣会社のコーディネーター、営業担当との関係性がとても重要です。

派遣先が決まるまでの流れ

  1. 派遣登録でコーディネーターとの面談を行う
  2. 営業担当が派遣先企業のリクエストをコーディネーターに伝える
  3. コーディネーターが登録の派遣スタッフから適任と思われる人に仕事を紹介する
  4. 派遣スタッフは内容を聞き、仕事を受けるかどうか判断する
  5. コーディネーターから営業担当が派遣スタッフを引き継ぐ
  6. 派遣スタッフは派遣会社と雇用契約、派遣先企業は派遣会社と労働者派遣契約を結ぶ
  7. 派遣スタッフは派遣会社から派遣されて派遣先企業で就業する

ミスマッチ・クレーム対応

営業担当が派遣先企業にニーズを適切に把握していれば、ミスマッチは起こりにくいといえます。

ミスマッチは派遣先企業にとっても派遣社員にとってもクレームにつながる可能性が高いものです。

クレームに対してスピーディー、的確に対応できる派遣会社であるかどうかが重要です。

派遣中のフォロー

派遣社員は派遣先企業で働いていますが、定期的な訪問など派遣会社のフォローが働き方の満足度に大きく影響します。

質の高いフォローによって、問題が発生しても、早期に解決できるなど、満足度の高い働き方ができます。

まとめ

派遣社員として働くには、派遣会社のコーディネーターや営業担当などとよい関係を築くことが大切です。

大手の派遣会社では登録スタッフが多く、印象に残らなければ仕事が紹介されない可能性もあります。

「登録してそのまま待っていれば仕事の紹介があるはず」と考えるのではなく、「仕事はありませんか?」と自分から聞いてみる積極性もときには必要になります。

正社員としての転職が希望であれば、本登録をただの登録と考えず、面接同様に自分をアピールするつもりで臨むようにしましょう。

積極的な姿勢や前向きな努力が、希望する働き方やキャリアの実現を近づける大事な要素のひとつです。

紹介予定派遣の選び方と働き方
紹介予定派遣は直接雇用を前提に一定期間、派遣社員として働くシステムです。紹介予定派遣の働き方について、登録から就職までをご紹介します。
オフィスワーク転職におすすめの無期雇用派遣
オフィスワークは女性に人気の仕事です。競争率も高いので、未経験からのオフィスワーク転職には、期間に定めのない無期雇用派遣サービスの利用おすすめします。