クリエイティブ職の転職エージェントおすすめランキング


クリエイティブ職・クリエイターの求人は増加傾向です。特にWeb系求人やWebデザイナー、Web制作などのニーズが高まっています。

クリエイティブ職・クリエイターの転職は、他の職種とは選考ポイントが違うことに注意しなくてはなりません。求人のニーズはきわめてピンポイントで、他の職種以上にスキルが重視されます。求人企業でも専門性を深く理解していますので、その分、実績のチェックは厳しくなります。

クリエイティブ職・クリエイターの求人では、特定の専門性が要求され、非公開求人が多いことが特徴です。希望の転職を実現するには、職種・業界に精通した転職エージェントの人材紹介サービスを利用することが欠かせなくなっています。

クリエイティブ職の転職エージェント


クリエイティブ職・クリエイターのよりよいキャリアをサポートするおすすめ転職エージェントをランキングでご紹介します。

クリエイター転職エージェントおすすめランキング

マスメディアン

◎広告・Web・マスコミ職種専門の転職・就職支援サービス
◎業界最大規模の求人数
◎グラフィック・Web・映像の求人を多数保有
◎一般企業(宣伝・広報、クリエイティブ部門)の求人を多数保有
◎個別相談会・セミナーを各地で開催
◎専門特化型の実践的なアドバイス
◎専任コンサルタントがサポート
◎メルマガによる業界情報
△経験やスキルによっては求人紹介が難しい

マイナビクリエイター

◎Web職・ゲーム業界に特化した転職支援サービス
◎業界専門の蓄積されたノウハウ
◎Web・ゲーム業界出身のキャリアアドバイザー
◎マッチングの精度が高いコンサルティング
◎20代に強い転職サポート
◎異業種への転職にも強い
◎未経験者OKの個別相談会
○クリエイティブ系スクール修了もOK
△首都圏以外の転職には向かない

レバテックキャリア

◎IT・Webエンジニア、クリエイター専門の転職エージェント
◎ベンチャーから大手企業まで幅広い求人を保有
◎独自の非公開求人を多数保有
◎業界や技術に精通した専任スタッフがサポート
◎キャリアアドバイザーの専門性が高い
◎企業別の対策で高い内定率
◎キャリアアップに強い転職支援
○関東、関西中心のサービス
△未経験からの転職には向かない

シンアド

◎マーケターやクリエイターの転職支援サービス
◎広告・PR・デジタル業界の独占求人を多数保有
◎マーケター求人を多数保有
◎業界出身者のコンサルティング
◎丁寧なキャリアカウンセリング
◎マッチングの精度が高い転職サポート
○ポートフォリオ作成のアドバイスを実施
△首都圏以外の転職には向かない
△他の業界・職種の転職には向かない

転職エージェントを利用する流れ(例)

転職エージェントの人材紹介サービスを利用するにはWebサイトからの登録が必要になります。

①Web登録

Webサイトから登録をします。Web登録すると、無料で人材紹介サービスを利用できるようになります。

②面談・ヒアリング

Web登録後、キャリアアドバイザーと面談をします。これまでの経験やスキル、希望、条件などを伝えます。面談内容を踏まえて、よりよいキャリアデザインや転職プラン、具体的な求人情報を提供してもらえます。クリエイティブ職特有の転職ノウハウを活かした専門的なサポートを受けることができます。

③求人紹介

ヒアリングの内容をもとにして、希望の条件に合った求人や非公開求人を幅広く紹介してもらえます。求人内容については、キャリアアドバイザーからより詳しい説明を聞くことができます。求人情報サイトからだけでは得ることが出来ない企業風土や部署の人員構成等を知ることができます。

④選考・面接

応募したい企業にはエージェントから推薦されます。書類選考を経て、企業との面接に進みます。面接の日程調整などはエージェントが代行してくれます。事前に面接対策などのサポートもあります。

⑤内定・入社フォロー

入社にあたり必要な準備のサポートをしてもらえます。自分からは聞きづらい給与や待遇の内容、条件はエージェントが代行して交渉してくれます。

クリエイティブ職の転職活動

クリエイターの転職

クリエイティブ職・クリエイターの転職は、他の職種とは全く違うノウハウが必要になります。業界・業種によっても求められるスキルが大きく異なります。

クリエイティブ職・クリエイターは高いスキルをもっていても、求人企業が求めるスキルと合わなければ採用されませんので、実績や作品の見せ方が非常に重要になります。

クリエイターの悩み

公開されている求人からはやりたい仕事が見つからない。

一般の人材サービスでは自分の希望やスキルをうまく伝えられなくて…。

クリエイティブ職の選考ポイントがよくわからない。

クリエイター求人の特徴

  • クリエイターは新商品や企業戦略と関わりが深く、非公開求人が多い
  • 特有の領域に特化した専門性に、一般的な人材サービスでは追いつけない
  • 業務内容より担当した製品や作品などの見せられる実績が評価される
  • スキル・実績・センス・オリジナリティが求められる

Web系

  • プロデューサー
  • ディレクター
  • デザイナー
  • プランナー
  • サイト運営

ゲーム

  • プロデューサー
  • ディレクター
  • デザイナー
  • プランナー

広告・出版・印刷

  • グラフィックデザイナー
  • 制作
  • 編集
  • ライター
  • イラストレーター

クリエイターの転職支援

転職エージェントには職種や業界などによって得意不得意があります。クリエイティブ職・クリエイターの転職を成功させるには、自分が希望する領域に強い転職エージェントを利用することが大切です。

はじめての転職や異業種へのチャレンジなどでは、転職エージェントのサポートを積極的に活用することをおすすめします。まずは登録して、情報収集をしてみましょう。

専門転職エージェントのメリット

  • 非公開求人を多数保有している
  • 業界の最新動向を把握している
  • 職種特有の選考を熟知している
  • 専門のコンサルタントやキャリアアドバイザーがいる
  • クリエイティブ職・クリエイターに最適なサポートができる

まとめ

クリエイティブ職・クリエイターの求人は、非公開案件が非常に多く、自分だけでは見つけられない求人がたくさんあります。

またスキルの領域やレベルなどが限定されている求人が多いので、求人企業は実績のある転職エージェントに継続して依頼する率が高い傾向にあります。

クリエイティブ職・クリエイターのキャリアチェンジやキャリアアップ、未経験からの転職を実現するためには、希望の領域で実績のある転職エージェントに登録して、可能性を広げておくことをおすすめします。

クリエイティブ職・クリエイターならではの選考を突破するには、業界事情に精通した転職エージェントのサポートが欠かせなくなっています。

クリエイティブ職の職務経歴書の書き方
クリエイティブ職の書類選考では技術力やセンスが問われます。他の職種以上に実績が重視されるクリエイティブ職の職務経歴書について、採用担当の視点から経験者・未経験者別に解説します。
Web業界で有利なおすすめ資格
常に新しい技術や流行が移り変わるWeb業界の転職には必ずしも資格が必要なわけではありません。それでも、客観的に技術スキルやレベルを証明できる資格は役立ちます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました