Web業界で有利なおすすめ資格


Web業界の転職には必ずしも資格が必要なわけではありません。

常に新しい技術や流行が移り変わり、必要なスキルも変わっていきます。

そのような業界でも、資格を保有していることは、客観的に技術スキルやレベルを証明でき、採用選考では有利になります。

Webクリエイター・Webデザイナー・Webエンジニア

ウェブデザイン技能検定

ウェブデザイン技能検定は、Web業界唯一の国家検定です。

国家検定制度である技能検定制度の一つとして、特定非営利活動法人インターネットスキル認定普及協会が実施しています。

レベルは1級から3級まで設定されていて、試験に合格すると、その級の「技能士」を名乗ることができます。

1級の受検資格

  • 7年以上の実務経験
  • 普通職業訓練修了+5年以上の実務経験
  • 大学卒業+3年以上の実務経験
  • 高度職業訓練修了+1年以上の実務経験
  • 2級の技能検定合格+2年以上の実務経験

※実技試験は1級の技能検定の筆記試験合格者のみ

2級の受検資格

  • 2年以上の実務経験
  • 普通職業訓練修了
  • 大学卒業
  • 高度職業訓練修了
  • 3級の技能検定合格

3級の受検資格

ウェブの作成や運営に関する業務に従事している人および従事しようとしている人

試験日

  • 1級:【学科】12月【実技】2月
  • 2・3級:5月、9月、12月、2月

試験内容

  • 学科:筆記試験
  • 実技:課題選択方式

合格基準

学科、実技ともに、100点満点の70点以上が合格ラインです。

問い合わせ

特定非営利活動法人インターネットスキル認定普及協会

Webデザインのおすすめ入門書

Webクリエイター能力認定試験

Webクリエイター能力認定試験は、Webサイト制作のデザイン能力およびWebページのコーディング能力を認定する試験です。

Web業界必須の知識・スキルを証明できる資格で、Web制作会社やデザイン関係の事務所への転職などで保有スキルの証明に活用できます。

試験にはスタンダードとエキスパートの2つのレベルが設定されていて、サーティファイが随時実施しています。

受験資格

制限なし

試験日

個人受験:随時試験(各試験会場が設定した日程)

スタンダード

セマンテックWebを理解し、HTML5をマークアップすることができ、CSSを用いてHTMLの構造を維持しつつ、Webページのデザインやレイアウトを表現できることが求められます。

エキスパート

レイアウト手法や色彩設計等、ユーザビリティやアクセシビリティを考慮したWebデザインを表現することができ、スクリプトを用いた動きのあるWebページの表示、マルチデバイス対応、新規サイトを構築できることが求められます。

試験内容

  • スタンダード
    ・実技問題(テキストエディター、Webページ作成ソフト使用)
  • エキスパート
    ・知識問題
    ・実技問題(テキストエディター、Webページ作成ソフト使用)

合格率

80%程度

問い合わせ

サーティファイ

Webクリエイター能力認定試験の公式テキスト

Ilustratorクリエイター能力認定試験

Ilustratorクリエイター能力認定試験は、Ilustratorの活用能力を測定・評価する資格検定試験です。

Ilustratorを使用して、DTPファイルおよびWebデザインツールの作成や、問題の指示に従い1つの作品を作り上げる表現力などの、コンテンツ制作に関するスキルを認定します。

試験にはスタンダードとエキスパートの2つのレベルが設定されていて、サーティファイが随時実施しています。

受験資格

制限なし

試験日

個人受験:随時試験(各試験会場が設定した日程)

試験内容

提示されたテーマ・素材から仕様に従ってコンテンツを制作する能力を測定します。

  • スタンダード
    ・作業指示書に基づいた制作ができる
    ・Ilustratorの基本的な操作ができる
  • エキスパート
    ・デザインコンセプトや表現の目的に応じて適切な機能を選択し、表現できる
    ・DTP/Webデザインに関する基本的な知識がある

合格率

70%程度

問い合わせ

サーティファイ

Ilustratorのおすすめテキスト

Webデザイナー検定

Webデザイナー検定は、Webサイトのコンセプト、日程、予算などをもとに、コンセプトメイキング・制作・テスト・評価・運用を行うための知識や技術を評価する検定です。

Web制作業界において、プロデューサー、ディレクター、プランナー、プログラマーなどとして活躍するクリエイティブ人材を想定しています。

ベーシックとエキスパートの2つのレベルがあり、画像情報教育振興協会が年2回、検定試験を実施しています。

受験資格

制限なし

試験日

  • 前期:7月
  • 後期:11月

試験内容

コンセプトメイキングなどの準備段階から、Webページデザインなどの実作業、テストや評価、運用まで、Webデザインに必要な多様な知識を測ります。

  • 表現の基礎:ディジタルの基礎、インターネットの基礎
  • 制作準備:コンセプトメイキング、情報の構造
  • Webサイトの制作と運用:インターフェースとナビゲーション、動きと音の効果、Webサイトを実現する技術、Webサイトのテストと運用
  • 知的財産権:知的財産権

合格率

  • ベーシック:60%程度
  • エキスパート:30%程度

問い合わせ

公益財団法人 画像情報教育振興協会

Webデザインのおすすめテキスト

HTML5プロフェッショナル認定試験

HTML5プロフェッショナル認定試験は、HTML5のスキルと知識を認定する試験です。

Web・デザイン・開発に関わる幅広い職種を対象としています。

2つのレベルがあり、それぞれのスキルと知識を持つWebプロフェッショナルであることを証明できます。

受験資格

制限なし

試験日

随時(全国各地の試験センターでの受験かオンライン受験)

試験内容

  • レベル1
    ・Webの基礎知識
    ・CSS
    ・要素
    ・レスポンシブルWebデザイン
    ・APIの基礎知識
  • レベル2
    ・JavaScript
    ・WebブラウザにおけるJavaScript API
    ・グラフィックス・アニメーション
    ・マルチメディア
    ・ストレージ
    ・通信
    ・デバイスアクセス
    ・パフォーマンスとオフライン
    ・セキュリティモデル

問い合わせ

NPO法人 LPI-Japan事務局

HTML5のおすすめテキスト

Webデザインスクール


デジタルハリウッドSTUDIO by LIGは、キャリアチェンジを支援する社会人のためのWebデザインスクールです。

Web制作会社が運営するWebクリエイターを育成するためのスクールです。

Webデザイナー専攻、Webプログラミング専攻、ネット動画クリエイター専攻などのコースが用意されています。

スクールの特長

  • 現役クリエイターによる直接指導
  • 実践的な講義
  • コンサルタントによる充実の転職サポート
  • デジタルハリウッド社と業務提携
  • コワーキングスペース使い放題

まとめ

Web業界の転職は資格より実力が重視されますが、Web系資格をもっていることで、一定の知識やスキルを証明できます。

未経験からでも自信をもって転職活動でアピールできるようになります。

デジタルコンテンツの業界研究
デジタルコンテンツは成長産業として注目を集めています。コンテンツビジネスの転職・就職で役立つ業界の動向、売上高、採用市場をご紹介します。
ゲーム会社の業界研究
ゲーム市場は拡大が続き、採用にも積極的です。ゲーム会社の転職・就職で押さえておきたい業界の動向、売上高ランキング、採用市場をご紹介します。
クリエイティブ職の転職エージェントおすすめランキング
クリエイティブ職の転職では専門転職エージェントの利用が一般的です。クリエイターのよりよいキャリアをサポートする転職エージェントをランキングでご紹介します。
転職・就職のチャンスを広げるおすすめ資格一覧
20代の転職・就職のチャンスを広げるおすすめ資格の種別・難易度(合格率)・受験資格を一覧でご紹介します。