営業職に有利なおすすめ資格


営業職の転職で重視されるのは資格取得よりこれまでの営業実績です。それでも、経験が少ない20代や第二新卒、未経験からの転職では、資格も有効なアピール材料になります。

営業職に役立つおすすめ資格をご紹介します。

営業職のキャリアアップに役立つ資格

日商簿記検定

経営管理に役立つ知識として、企業が応募者に最も求める資格のひとつです。業種や規模を問わず必要な知識として、簿記検定合格者に対するニーズは根強く安定しています。

キャリアでの活用法

  • 利益率を重視する営業職としての転職・就職
  • コスト管理を求められる管理職候補
  • 取引先企業の経営状態を把握する幹部候補

1級

公認会計士、税理士などの国家資格への登竜門。合格すると税理士試験の受験資格が得られます。

「極めて高度な商業簿記・会計学・工業簿記・原価計算を修得し、会計基準や会社法、財務諸表等規則などの企業会計に関する法規を踏まえて、経営管理や経営分析ができる。大学等で専門に学ぶ者に期待するレベル。」(日本商工会議所より)

2級

経営管理に役立つ知識として、最もポピュラーな資格です。企業の財務担当者には必須。

「高度な商業簿記・工業簿記(初歩的な原価計算を含む)を修得し、財務諸表の数字から経営内容を把握できる。高校(商業高校)において修得を期待するレベル。」(日本商工会議所より)

受験資格

制限なし

試験内容

  • 1級:商業簿記・会計学、工業簿記・原価計算
  • 2級:商業簿記、工業簿記

合格率

  • 1級:10%程度
  • 2級:20~30%程度

合格基準

各級とも70%以上の得点率(1級はかつ各科目40%以上)

取得の難易度

簿記の勉強を本格的に始めて、半年~1年程度で2級。さらに2級合格者が半年程度の学習をして1級が受かるレベル。

転職・就職情報

実務に直結するので、日商簿記検定2級は企業、応募者ともに人気が高い資格です。より実践的に武器にしたいのであれば、1級まで取得するとさらに有利。20代のビジネスパーソンであれば、希望のキャリアをサポートする最も確度の高いツールになるといえるでしょう。

日商簿記検定のおすすめテキスト

TOEIC(R)L&Rテスト

グローバル化が進み、ビジネス英語が求められるのは、外資系や世界中に拠点を持つグローバル企業だけではなくなりました。製造業、販売業、サービス業、その他の企業でも幅広く求められるようになっています。

企業が期待するスコア

  • 新入社員:450~650点以上
  • 中途採用:585~795点以上
  • 技術部門:480~720点以上
  • 営業部門:525~775点以上
  • 国際部門:655~865点以上

900~990点

  • ノンネイティブとして十分なコミュニケーションができる
  • 専門外の分野の話題に対しても十分な理解と表現ができる
  • ネイティブスピーカーの域には隔たりがあるとはいえ、語彙・文法・構文を正確に把握し、流暢に駆使する力がある

800~895点

  • どのような状況でも適切なコミュニケーションができる
  • 問題を議論している場面でも理解できる力がある
  • 業務上、大きな支障はない
  • 文法・構文の誤りはあるが、意思疎通を妨げることはない

700~795点

  • 限定された範囲内ではコミュニケーションができる
  • 自分の仕事に関連した日常業務のやり方についての説明を理解できる
  • 会議の案内等の社内文書を読んで理解できる

600~695点

  • ゆっくり話してもらえば、要点を理解し、応答できる
  • 簡単な仕事上のメモを読んで理解できる
  • 複雑な場面における的確な対応や意思疎通には個人差がある

600点未満

  • 簡単な質問を理解し、応答できる
  • 表現力に不足がある
  • 電車やバス、飛行機等の時刻表を見て、理解できる
  • 正確さに個人差がある

受験資格

制限なし

試験内容

  • リスニングセクション:写真描写問題、応答問題、会話問題、説明文問題
  • リーディングセクション:短文穴埋め問題、長文穴埋め問題、1つの文書、複数の文書

転職・就職情報

今の仕事では英語を使う場面がなかったとしても、転職活動では、企業が期待するTOEICスコアを保有していることがアピール材料のひとつになります。受験したことがなければ、まずは自分のスコアを確認してみることが必要です。

TOEICの公式問題集

宅地建物取引士

不動産取引において、物件の法的な説明をして、説明書面と契約書面にサインするのは、宅地建物取引士のみに認められた業務。宅建は不動産業界はもちろん一般ビジネスパーソンにとっても、基本的な法律知識が身につく国家資格として人気です。

キャリアでの活用法

  • 不動産会社
  • 建設会社
  • ハウスメーカー
  • マンション管理会社
  • 銀行・保険会社など

受験資格

制限なし

試験内容

土地や建物に関する権利法など7分野(マークシート方式)

合格率

15~17%程度

転職・就職情報

不動産業界であれば、必携の資格。営業職の求人でも「有資格者優遇」が大半です。不動産業界の就職・転職では、持っていて当然という位置づけだといえます。資格手当が期待できます。

宅建のおすすめテキスト

販売士(リテールマーケティング)

販売士は、多様化する顧客のニーズを的確にとらえ、豊富な商品知識や顧客に配慮した接客技術で、ニーズに合った商品を提供する販売のプロを認定する公的資格です。

キャリアでの活用法

  • 流通・小売業界
  • 百貨店、専門店、スーパーなど小売店の販売員及び売場責任者や店長クラス
  • 製造業、サービス業、卸売業などの販売担当者

各級のレベル

  • 1級:マーケティングの責任者やコンサルタントとして戦略的に企業経営に関わる人材を目指す
  • 2級:販売促進の企画・実行をリードし、店舗・売場を包括的にマネジメントする人材を目指す
  • 3級:接客や売場づくりなど、販売担当として必要な知識・技術を身につけた人材を目指す

受験資格

制限なし

試験内容

  1. 小売業の類型
  2. マーチャンダイジング
  3. ストアオペレーション
  4. マーケティング
  5. 販売・経営管理

合格率

  • 1級:20%程度
  • 2級:50%程度
  • 3級:45~65%

転職・就職情報

販売や接客のみならず、マーケティングや経営管理まで幅広い専門知識が身に付くため幅広い業界で高く評価されています。

販売士検定の過去問題集

中小企業診断士

中小企業の経営課題に対応するための診断・助言の能力を認定する国家資格です。企業の中でキャリアアップしたい人や、よりマネジメント的な仕事にキャリアチェンジしたい人に有効です。

キャリアでの活用法

  • コンサルティング営業
  • マーケティング戦略
  • 金融機関

受験資格

制限なし

試験内容

  • 1次:経済学・経済政策、財務・会計、企業経営理論、運営管理、経営法務、経営情報システム、中小企業経営・中小企業政策(多肢選択)
  • 2次:診断および助言に関する実務の事例(筆記、口述)

合格率

20%程度

転職・就職情報

独立開業者の割合は低く、中小企業を顧客とする企業や金融機関などの営業職として、キャリアアップやキャリアチェンジに人気の資格です。

中小企業診断士の資格(試験内容・勉強法)
中小企業診断士は、キャリアチェンジやキャリアアップとして活用できる資格です。中小企業診断士の資格について、試験内容・勉強法をご紹介します。

営業職に役立つ資格の取得方法


資格を取得するためには、独学や資格・通信講座で勉強する方法があります。それぞれにメリット・デメリットがありますので、自分の状況やかけられる時間、費用に合わせて選択することになります。

短期間で効率的に資格を取得するのであれば、試験に対応したお手頃価格の通信講座を上手に活用することをおすすめします。

おすすめ資格・通信講座

資格スクエア 資格試験のオンライン講座【資格スクエア】
スマホ・PC・タブレットからアクセス可能なオンライン資格講座です。各種資格取得、転職・昇給などキャリアアップを目指せる資格講座が豊富です。

資格スクエア

クレアール 資格★合格クレアール
バリュープライスで資格試験の合格を目指せる映像講義

国家資格、各種検定など資格のWebスクールです。教育訓練給付対象講座もあります。


フォーサイト 資格試験の通信教育・通信講座ならフォーサイト
資格取得のためのスクールです。国家資格を中心に難関対策を専門にしているので、合格率も高水準を実現しています。


LEC東京リーガルマインド LEC学習センター
国家資格の対策講座を全国展開するスクールです。Web通信講座、音声ダウンロード講座、スマートフォン講座など多彩な学習スタイルが用意されています。

LEC社名ロゴ

まとめ

営業の実績は数字で表現しやすく、アピールしやすいといえますが、資格を保有していることでさらに説得力をアップさせることができます。業界・職種未経験者であれば資格が基本的なスキルを証明してくれます。

転職・就職に役立つ資格一覧
20代・第二新卒の転職・就職に有利なおすすめ資格の種別・難易度(合格率)・受験資格を一覧でご紹介します。
営業職に強い転職エージェントおすすめランキング
営業職の転職では、幅広い業種やさまざまな営業スタイルの求人を保有する転職エージェントの利用が有利です。営業職の求人紹介におすすめの転職エージェントをランキングでご紹介します。
タイトルとURLをコピーしました